TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

制約発見[TOC]→制約が抱える矛盾の解消[TRIZ分離原理・SITの2十分条件]で問題解決スピードは劇的にアップ

トヨタ式工数低減法(トヨタ生産方式TPS)より 簡潔かつ緻密に体系立てられている
現代最強の利益向上理論TOC [Theory of constraints;制約条件理論]
 http://monoist.atmarkit.co.jp/fpro/articles/toctp/01/toctp01a.html
 http://www.tocken.com/mm_no_3.htm
 http://ik-consul.jpn.org/toc_lecture

TOCの手順で発見できる”制約(ボトルネック)”部が抱える ジレンマ・矛盾・対立を、
TRIZ[発明問題解決理論]から真髄を抽出した圧縮版[SIT;体系的発明思考法]が解消できる。
 http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/2007Papers/NakaInterLab07/NakaIL-20-Contradictions070817.htm
 http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/Horowitz000307/Horowitz000307.html
 http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/Horowitz000307/Horowitz000307.html

つまり、たいていの問題は
TOC+TRIZ(SIT, ASIT, USIT)で 従来よりスンナリ解決できる。


TOC思考プロセス中が紹介している”対立解消図”(クラウド)ができたところで、
TRIZの”分離原理”を用いて 矛盾解消アイデアを出せばいい。


その際、
SITの”2十分条件”を満たそうと心掛ければ、
      (①新オブジェクトを加えない ②ある所望機能のレベルを悪化させる定性関係をなくす)
効果が大きい”革新的なアイデア”から 順に 編み出すことができる。

※オブジェクトとは 構成要素のこと。
  物質(原子・分子・電子)、素材、部材のこと。 情報もオブジェクト。

以上が、閉世界法と呼ばれる手順。


もう1つの手順は、
Particles法と呼ばれる 以下のもの。
 「問題をシステムとして 体系的に(結果←原因←そのまた原因・・・) 理解し、
                    理想解を最初にイメージし、矛盾を解消する

どちらの手順でやってもいい。

-----------------------------------------------

ちなみに、TOCとTRIZは 共に
”矛盾を解消”することによって 満足度の高い問題解決をする手順」
を示している。

これは 弁証法
 http://www.tocken.com/mm_no_50.htm
 http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/Essence50W010518.html

研究開始から6年。
ようやく 『問題解決』(技術課題解決を含む) のコツが分かってきた。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-06-25 20:24 | 知的財産
<< 目標・方針の”定義”が大事。そ... バランスシート不況(デフレスパ... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧