TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

何のために? なぜ? と 繰り返し問い続けることの重要性

問題解決とは、理想と現実のギャップを埋めること。

 ・自分と他人との間に意見対立がある状態は、理想的ではない。
     → 意見対立解消=問題解決。

 ・ある有益機能Aのレベルを向上させる策が
  別の有益機能Bのレベルを下げてしまう 技術的・物理的矛盾状態は、理想的ではない。
     → 技術的・物理的矛盾解消=技術革新・イノベーション=問題解決。


弁証法とは、
  意見対立問題や 技術的・物理的矛盾問題を 速く解決するための 問題解決思考法。


「何のために? 何のために?・・・」と 繰り返し問う ①”目的展開”と
  「なぜ?なぜ?なぜ? なぜ?・・・」と 繰り返し問う ②”なぜなぜ展開”は、弁証法。


 ・”有益機能Aの目標レベル”と”有益機能Bの目標レベル”を両立できない、という
  矛盾を抱えている 手持ちの”手段”に対し、
    ①「何のために (何の目的で)」 その手段を行う必要があるのか?
    ②「なぜ (どういう理由で)」 その手段がベストなのか? 代替手段より何が優れるのか?
  という2つの質問を
  繰り返し繰り返し、自問自答 あるいは 話し相手と質疑応答し合うと、
  ①”手段”の『目的』と ②”手段”に必要な『機能』 の理解が深まり、”より良い手段”に気づける。
                          ↓
  ”より良い手段”を挙げていくと、そのうち
  ”有益機能Aの目標レベル”と”有益機能Bの目標レベル”を両立できる ”手段”に気づける。
     ・・・ これが アイデア出し、対立・矛盾・ジレンマ解消、高いレベルでの目標両立、
             技術革新・イノベーション(技術開発)、仕事、
             課題解決、問題解決、目的・目標達成、願望成就 のコツ = 弁証法。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-09 12:24 | 知的財産
<< 中位概念(中位目的・中位機能、... 進化の法則、弁証法のコツ、問題... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧