TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

中位概念(中位目的・中位機能、中位手段、中位原因)を考えましょう

働き始めの頃、だいたいの人は
 ・目的→手段
 ・結果←原因
という関係があるな・・・くらいしか考えない。


ちょっと仕事に慣れてくると
 ・上位目的→下位目的→手段
 ・結果←引き金原因(下位原因)←根本原因(上位原因)
と考えるようになり、
 ・「上位概念化(抽象化)が重要」「知見を一般化して 水平展開しよう」 「本質を抽出しよう」
 ・「原因の原因を考えよう」「根本原因を探ろう」「因果関係・論理の飛びに注意しよう」
と言いだすようになる。


さらに熟達してくると、
 ・上位目的→中位目的→下位目的→上位手段→中位手段→下位手段
    (中位目的は上位目的にとっては手段。 中位手段は下位手段にとっては目的。
     つまり、目的と手段は ”入れ子”的な階層構造になっている。
            http://www.zukai.net/006chsiki/zchisi004.html を参照。)
 ・上位課題→解決手段→中位課題→解決手段→下位課題→解決手段
    (各解決手段も上位概念→中位概念→下位概念・・・と階層的に案出すべき。)
 ・上位機能→中位機能→下位機能→実現手段
    (実現手段も上位→中位→下位・・・と階層的に案出すべき。)
 ・結果←原因←原因の原因←原因の原因の原因←・・・←・・・←・・・←根本原因
    (”原因の原因”にとっては、”原因”は結果にあたる。)
と考えるようになり、
 ・「何のために?何のために?と繰り返せ。」「中位目的を多く考え出すことが重要。」
 ・「課題発見なくして、課題解決なし。 課題解決なくして、進歩なし。」 「中位概念化が大事。」
 ・「必要な時/必要な場所で 何らかの有益機能を得るor有害機能を減らすことが”目的”。
   つまり、いつも”目的”を強く意識することが重要 = いつも”機能”を強く意識することが重要。」
 ・「なぜ?なぜ?と繰り返せ。」「根本原因・真因を見つけろ。」「中位原因に注意。」
と言うようになる。

あとは この知識を実践できるかどうか? に懸かっている。
 * 知識があっても、それを実行しなければ成果は出ない。
      → 実行するには根気が必要。
          → 根気よくやるには 情熱が必要。
 * 情熱があっても、知識がなければ どうしようもない。
     (ただし、情熱を持って取り組み続ければ 知識は次第についてくる。
      やはり なんといっても重要なのは情熱。 やる気。)
 * 知識と情熱が両方あっても、体力がなければ実行できない。
     (だから、まず健康が大事。)

『仕事の成果 = 情熱 × 知識 × 体力』
            ↑ 右辺のどの要素が欠けても 成果は挙がらない。
言い換えると、
『仕事の成果 = 心  × 技  × 体 の充実』 ではないでしょうか? どんな業種・職種でも。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-16 11:52 | 知的財産
<< 弁証法とは、”上位目的は何か?... 何のために? なぜ? と 繰り... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧