TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

防衛出願なんていらない。技術開発[調査・課題解決]と特許[出願・対策]は別物ではない。

* 他社に同内容を先に特許出願されて それが権利化されて 実施できなくなると嫌なので
  特許出願で公知化(防衛出願)したいが、ちゃんと権利化できない特許出願はしたくない。
   → 出願検討し、
      「絶対に進歩性がない(から知財部が「実施OK」を出す)」
     と確認できれば、出願する必要はない。

* 他社特許調査したいし、特許出願したいし、技術課題解決もしたい。
  でも、全部やる時間がない。
   → 「出願検討し、進歩性があれば出願。
     邪魔な先行特許があったら無効化を図りつつ、
      どんどん改良アイデアを出して 出願検討をし、
      邪魔な特許がないベストアイデアを採用して、さらにアイデア改良し、
     出願検討し、その時見つかった邪魔な先行特許を潰しにかかる・・・」
    という風に、
    よりよいアイデア出し+各アイデアの進歩性チェックをするだけ。


つまり、
 ①ベストアイデア、同目的を達成できる2ndベストアイデア、3rdベストアイデア・・・
  を出し、常により良いアイデアを出していこうとする。
 ②各アイデアの先行技術調査を行い、進歩性を確認する。
   (進歩性があれば出願し、邪魔な先行出願があれば無効化を図る。
    無効化しきれなければ改良発明をしてクロスライセンスを狙うか/回避する。)
ということさえすればいい。

防衛出願なんていらない。
技術開発と特許は別物ではない。
 
[PR]
by hugoniot | 2011-02-12 22:10 | 仕事
<< 進歩性が認められる条件 各国特許審査基準から見た 体系... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧