TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

等価変換理論

<等価変換理論の手順>
 ① 問題の原因分析をし、「何をしたいか(ε)」を決める。
 ② 既に 同じこと(機能・本質(ε))を実現しているシステム(Ao_1)を探す。
 ③ Ao_1が どのような方式(c)で その機能・本質(ε)を実現しているか、を認識する。
 ④ 改良したいシステム(Bτ)に アイデア(cε)を適用する。
 ⑤ 結果が不充分だったら、
   違うシステム(Ao_2、Ao_3・・・)を探して ②~④を繰り返す。

-----------------------------------------------------------

「したいことさえ決まれば、
 たいてい既に それをした例が世の中にあるので、参考にできる。」というのが
等価変換理論(Equivalent Transformation Thinking)の認識。

「98%のアイデアは、既に 異分野でなされた発明と 原理が同じ」という
TRIZ(発明問題解決の理論)と 同じ認識。


等価変換理論もTRIZも、
「何をしたいか(ε)」まで辿り着ければいいのだが、そこまで至らないとアウト。

だから ”問題分析”が重要。
 
[PR]
by hugoniot | 2011-05-30 19:26 | 知的財産
<< 有価証券の 価格および利率の決まり方 経済の先読みをしたいなら、この本 >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧