TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

なぜフェースが開いてしまうのか?

ダフリとフェースの開きは原因が別。でも同時に起こりやすいね。
力む=タメを効かせすぎるとダフり&振り遅れで右へ出やすい。
力まず軽く振れば改善される。よく気付いたね~v(^o^)


右へ出る原因は他にもあるよ。どれか当てはまるんじゃないかな??
 (1)手首がクラブヘッドの重さやインパクト時に球から受ける衝撃に負けてフェースが開いちゃう
 (2)左肘が曲がってフェースが開いた状態でインパクトしてる
 (3)右肩がガクンと落ちてフェースが開いちゃう
     (アッパースイング気味の時に起きやすい。ダフリやトップも伴う)
 (4)過度にインサイドからダウンスイングしてる
 (5)最初から右を向いて立ってる
 (6)最初からフェースが開いた状態でアドレスしてる

僕が気をつけてるのは以上の6つ。 けっこうしっかり振ってるよ。
(1)に備えたグリップをすれば思い切り振っても右へ出ないはずで、実際その通り。
だからグリップが重要だと言ったの。

僕もまだ右へ球が飛ぶことが多いんだけど、
その原因は「飛ばそうとしすぎなのが原因の(4)と、(5)のせい」。それで10打くらい失ってる。

つい最近までは(2)左肘の曲がりでも10打失ってた。
それに気付いて矯正したらスコアが上がったよ。


>グリップが緩んでたつもりはなかった。

手のひらとグリップの間が滑ったり緩んでもフェースが開くね。
 (対策はキツメのグローブをし、グリップ&グローブを濡らさず、
  両手の親指と人差し指でできるV字をできるだけ細くする)。
でも僕が重要だと言ってるのはグリップが緩まないのは大前提とした上で、
「(1)はスイング中に対応できない。だからグリップで事前対策するしかない。
   (さもなくば相当ゆっくり振るしかない。そしたら飛ばない)」ということ。


>脇が開くと フェースが開くと言う人もいる。

「脇が開くと、フェースが開く」というのはホント。
脇が開くと(2)左肘が曲がるから。
同時に手首の前後曲げ角が緩んで手首を固く保てなくなって(1)も併発する。

まさにこれで僕も先月まで10打失ってた。
 (僕は脇の空きが原因じゃなく、インパクト時にビビって合わせ打とうとするから左肘が曲がってた。
 繰り返しになるけど、左肘が曲がると手首の固さも弱くなるのでダブルでフェースが開いちゃう。)


>結構長いことやってきたけど、未だに良い打ち方がわからない…

めげずに(1)~(6)をチェックしてみて!(^_-)
特に 今回あちこちで詳しく解説したように (1)(2)が重要だよ。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-10-20 11:41 | ゴルフ・野球・テニス
<< 【重要】球が右へ飛ぶミスショッ... 機能とは? >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧