TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

【重要】球が左へ飛ぶミスショットの体系的原因分析

次は 左へ飛ぶミスショットについて考察。
 (右へ飛ぶショットに比べれば単純。 やっぱり難しいのは右だよな~。)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
左へ飛ぶミスショットには 次の3種類があります。
 ①ドフック  (大きく左へ曲がる)
 ②ヒッカケ  (右へ出て そのまま真っ直ぐ突き抜ける)
 ③チーピン


①ドフック
    ・・・原因は「フェースが閉じすぎ」なこと。
     (1)球を左に置きすぎ
     (2)過度にインサイドへ引きすぎインサイドから振り下ろしすぎ
     (3)手首を返しすぎ
     (4)インパクト前から体が起き上がり、実質的に球を左へ置いたようになり手首が返る。
     (5)フォローを低く収めるイメージになっていて、結果的に早く手首が返る。

②ヒッカケ
    ・・・原因は「両肩を結んだ線が左を向いた状態で インパクトしてる」こと。
 1)最初から左を向いている
 2)アドレスは真っ直ぐ向いていたが、スイング軌道のせいでヒッカケ
     (1)そもそも左へ打とうとしている。右へ打とうとする意識がない
     (2)アウトサイドからクラブが下りる ← バックスイングでアウトサイドに上がる
         ← 右脇が空いてる or アドレスで右肩が高い
         ← 背筋が丸まってる or グリップがウィークすぎ
     (2')アウトサイドからクラブが下りる ← ダウンスイング開始時に右肩が前へ出る
         ← 膝・腰からダウンスイングを始動して肩はタメるべきなのに できてない。
         ← そもそも肩を十分捻転できてない。 右肩甲骨を開ききってない。
         ← アドレス時に背筋が曲がっていて 右肩甲骨を開きたくても開けない
     (3)ヘッドアップして左を向いてしまう
     (4)腰が止まってクラブが先行し、ヘッドが返ってしまう。

③チーピン [要改良]
    ・・・原因は「手元と体の間の距離が スイング中に大きく狂う」こと。
        イ)球から離れて立ちすぎるとスイング軌道が狂いやすい。
         ロ)アドレスで胸を張ってないと、脇が開いてスイング軌道が狂いやすい。
 1)ヒールに当たる
  (1)アウトサイドインがきつすぎる時
  (2)インサイドアウトがきつすぎる時
 
[PR]
by hugoniot | 2007-10-21 09:41 | ゴルフ・野球・テニス
<< 【重要】打撃の真髄 (手首を固... 【重要】球が右へ飛ぶミスショッ... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧