TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

開発・製造部門にアイデア出しの方法を教えなきゃ、マジメな知財部員はパンクしちゃう

だんだん仕事が溜まってきた。
なぜ溜まってきたか?
  → 開発・製造部門が次の手順でやれてないから。

------------------------------

1)課題を列挙し、各課題の解決アイデアを網羅的(体系的)に出す。

2)各アイデアの進歩性を評価し、¨広く/強い¨出願案(請求項と実施例/比較例)作りを試みる。

3)各アイデアを¨出願・権利化するか/コッソリ公知化するか/
 改めて公知化するまでもないので放置するか¨に選別する。
  ※こうやって出願・権利化してから
   =クロスライセンスの弾を作ってから、特許対策を始める。

4)使いたい技術に関する他社特許出願の
 ¨無効化(進歩性否定or記載要件違反指摘)¨を試みる。
  ※既に技術回避=代替技術アイデア出し
   →出願・権利化検討は3)までに済んでいるはず。

5)無効化できない場合はクロスライセンス→金銭支払ライセンス交渉へ。

6)無効化+他社特許権利期間満了+ライセンス取得+技術回避で
 国内外全ての他社特許出願に対策できる見通しがついたら実施可。

------------------------------

現状は次のとおり。

×:出てくる出願案は殆ど必ずと言っていいほど¨狭い¨。
  代替アイデアが漏れる。
   … 1)技術情報の体系化をしてないから。

×:出てくる出願案は必ず¨弱い¨。
   … 2)各アイデアと先行技術との構成要件の対比をしてないから。

×:他社特許有無調査→対策をする前に設備化してしまう。
   … 1)アイデアの体系化→2)出願検討・先行技術調査をしないので、
     関連する他社出願を発見する機会を逸してしまうから。


こういう現状だから、自分は次のように行動してる。

¨狭い¨出願案が出てこれば
1)アイデアの体系化で請求項を¨広く¨し、
広くすると、近い先行技術が増えるので
2)請求項案と先行技術との構成要件を比較する。
そして3)出願可否を決める。

対策案件が出てきたら、自ら2)先行技術調査して進歩性を否定しにかかる。

そう、つまりやるべきこと1)2)を自分が全てやっている。
だって誰もできてないから。しょうがない。

自分は1件1件ちゃんと1)2)をやるから時間がかかるのに、
開発・製造部門の人は1)2)が手抜かれたアイデアを量産してくる。
だから、出願案件が溜まってくる。

その上、要対策案件が舞い込んでくる。
*1)アイデア出しが遅くて他社から先に出願されてしまったり、
*出願しようとしてなくて、したがって2)先行技術調査もゼロで、
 危ない他社特許の発見が遅れてしまったりしているから。
   … 後者はノウハウ1)2)の不足以前の問題!


(特許出願検討→)他社特許対策は、特許法で決められた義務。
だから製造する前に/設備を作る前に 先行技術を調査しなきゃダメ。

そして調査の結果、
 *類似の先行技術がなければ出願・権利化を検討。
 *同内容の先行他社特許があれば対策。

ここまでやってから製造設備を作らなきゃダメ。
(他社特許に引っ掛かってたら後で壊すのを承知で作るならいいけど)

どうやれば1)広く2)強い出願をできるか?
というノウハウを掴むは難しいとしても、
せめて「対策だけは絶対しないと」と思ってくれなきゃ困る。
遵法意識の問題だからね。

特許法を守らない人は、他の民法や刑法を守るかどうかも怪しいのでは??
 
[PR]
by hugoniot | 2008-07-19 05:36 | 知的財産
<< 財政再建も温暖化対策も同じ…ま... 食糧を輸入できなくなる、という... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧