TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

名古屋大学の凄い先生

http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/profhome.htm

食や環境について、あっと驚くことを教えてくれてます。

たとえばペットボトルや紙のリサイクルはムダ。
そうなんだよね~。。 物質収支をちゃんと考えなきゃ間違えちゃう。。 ものすごいムダ。

環境学部出身者が もっと大きな声で正しいことを言わなくちゃ! って改めて思いました。
もっともっと がんばろうっと。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-01-31 14:03 | 環境

Let's 碁!

ランニングコスト0円で何時間でも遊べちゃうゲーム 『囲碁』。

19×19=361の升目しかなくて、
ルールが4つしかないのに千変万化
1局、1局すべて違って、2度と同じ棋譜は生まれない。 オリジナル性抜群!

*盤面全体を広く眺めて形勢判断する「大局観」が必要。
*石が切り結ぶ部分戦での、広く深い「網羅的な読み」も必要。


自分が打って、相手が打って、また自分が打つ・・・
ずいぶん後になって、前に打った手が役に立ったり 自分の首を絞めたり。。
因果織りなす盤上の小宇宙。


要は 「対局の初めから終わりまでのトータルで、石の効率を最大化する」ゲーム。

前に打った石を粗末にしちゃいけないけど、こだわりすぎてもいけない。
その場その場で ムダに効率を落とさないように頑張る。 多少不利でも諦めない。
有利でも奢らない、油断しない。 追い上げられてもビビらない。
欲張って過激な手を打つと、酷い目に遭う事がある。 戦わずして負けることもある。
攻撃は防御を兼ねる。 守りをガッチリ固めることが結果的に攻撃に役立つ。

相手が何を考えているか予想して、作戦を立てる。
できるだけ想定内にする。
色々考えるんだけど、結局はエイヤッと勇気を出して決断。
失敗しても後にひきづらない。

ホント打ち手の性格・心理状態がよく表れるよ。 だから ますます面白い!!


つくづく仕事・経営と似てるな~ って思う。
経営者に囲碁を打つ人が多いのは、あながち偶然じゃないと思うな~。
支出少なく(0円で)大いに楽しめる点も、効率を重んじる(ケチな?!)経営者向きなのかも。


ここ5年は仕事やゴルフに熱中して すっかりご無沙汰してたけど、
また囲碁を たくさん打ちたいな~。 いろんな人と打ってみたい!!
 
[PR]
by hugoniot | 2007-01-20 15:38 | 囲碁・将棋

みんなちがって、みんないい。

「私と小鳥と鈴と」 金子みすゞさんの詩

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速(はや)くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下、2006/11/25 東奥日報の記事より引用。

強い人が弱い人を踏みつけ、弱い人はもっと弱い人を探して攻撃する。自制できない。あるいはしようとしない。そうした“弱い人たたき”が、大人社会にも広がってはいないか。

 本紙朝刊連載の「なくせ いじめ自殺」で、精神科医の香山リカさんは、人それぞれと口では言いながら、実際は途中の努力を認めず仕事で結果を出した人しか評価しない大人の一元的な価値観が問題だと指摘した。

 この連載で、NPO法人代表の清水康之さんは、いじめられないかとおびえたり追いつめられて自殺する子どもと、リストラに遭って負け組にいつなるかと不安の中で生きたり、過労自殺に追い込まれる大人の状況が似ていると分析している。

 失敗したり弱音を吐くことが許され、ありのままの自分が受け入れられる。逃げ場がある。
そんな社会こそ必要
という提言は香山さんと共通する。


 だが、現実は競争や効率が優先される。その評価に合わないホームレスは襲われる。いじめに苦しむ子どもの逃げ場になっている学校は多いだろうか。

 「みんなちがって、みんないい」という考えが根付き、安心して生きることができる社会にどうすればできるか。自問して答えを探すべきなのは大人だ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

バカにしたり、見下したらダメ。

競争や効率アップ(仕事)は それはそれで楽しめばいい。
でも仕事以外に 競争や効率をやたら持ち込んだら 良くないなー。

負けず嫌いで闘争心の強い人は
自分に厳しいのはいいんだけど、他人に厳しくなりがち。。 注意しなきゃ。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

~うつ対策の いいホームページ~
http://www.din.or.jp/~honda/index.htm
http://www.brainhealth.jp/in010.html
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2006/sha20061125.html

 
[PR]
by hugoniot | 2007-01-19 11:10 | 心理学(メンタル)


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧