TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2007年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

目的は何か? 他の手段で代替できるのではないか? (ゴルフの迷信を取り払う)

*バックスイングを速く振り上げる必要はない。
   ・・・ どんなスイングをしようとも、クラブヘッドはトップで1度 速度ゼロになる。
      ということは、トップの位置で静止し、そこから振り始めても結果は同じ。
        → バックスイングの機能は、適正なトップ位置を作るため。
          速くバックスイングしようが/ゆっくりバックスイングしようが どっちでも良い。
              ・・・ ゆっくり上げる方が良さそうな気がする。

*スイング中に ずっとボールを見続ける必要はない。
   ・・・ インパクト前に 顔が上を向いてしまうと
      肘を曲げ引き上げてトップしたり、右肩が下がってダフってしまう。
        → インパクト前後で球を見続けることの機能は、トップ&ダフリ防止。
        → 「左掌付け根でクラブを押し続けてダフリを防ぎ、
           球の先の芝を取るように 目標方向へクラブを長く押し出せば」
          トップ&ダフリは 防げる。 たとえ球を見ていなくても。
        → ましてや バックスイング中に球を見続けていなければならない理由はない。
            (右を向いて、球から目を離しても良い。
             バックスイングはしっかり肩を捻転させて、適正トップを作るのが目的。
             球を見続けようとして
             捻転不足になったり、アウトサイドにクラブが上がるなら本末転倒。。)

*左右対称に 振り子のようにスイングする必要はない。
   ・・・ 「インパクト前後で クラブを目標方向へ 低く長く走らせる」ことが目的。
      ”目的達成のためには手段を選ばず。”  これが基本中の基本。
      アドレス時とインパクト時の 体の形は違っているのが当たり前と思うべき。
   ・・・ いつも同じ所を振るには 体の側で振るのが良い。
        → インサイドから振り下ろすのが良い。
             → そのまま右へプッシュするのが怖い。
             → 強烈に腰を左へ切るか、そもそもオープンスタンスで構えればいい。
      (1)スクエアスタンスで 強烈に腰を切って、インサイドから振り下ろすフルショット
      (2)オープンスタンスで まっすぐ引いて、まっすぐ送り出すコントロールショット
             ・・・いずれにしても 体に対してインサイドアウトのスイング軌道。

*ストロンググリップでなくても良い。
   ・・・ インパクト時に球から受ける衝撃に負けてしまわないことが目的。
      衝撃を受け止め、手首で球を潰し、目標方向へ押し込むことが目的。
        → インパクト時にハンドファーストになっていることは必須。
          さもなくば、衝撃に負けて球を押し込めない。
        → グリップはストロンググリップでも、スクエアグリップでも どちらでもいい。

*飛ばすために手首を返さなくてもいい肘を反時計回りに絞らなくてもいい。
   ・・・ 手首をバタバタさせても ほとんど飛距離は伸びない。 押し込むから飛ぶ。
      肘を反時計回りに絞るのは、フェースの開きによるスライスを防ぐため。
         ・・・左を向けばフェースは開いて当たらない。
              → インパクト時に どう真っ直ぐ押し込むかを考えて、
                その通り スイングすればいい。 肘を内側に絞る必要はない。
   ・・・ これは右中間へ大飛球を飛ばす
      落合博満、T.ウッズ、二岡智弘、好調時の中村紀洋、清原和博選手の飛ばし方。
   ・・・ これはレフト方向へ 正確に強い打球を流し打つ
      イチロー選手の 高打率打法。 (イチロー選手のスイングモデルは岡本綾子選手。)
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-30 03:02 | ゴルフ・野球・テニス

【重要】キャリーで270yard飛ばす打法 (飛距離と方向性の両立)

同い年の同僚が 最近 スイング改造に取り組んでいる。
「いかに 飛ばすか?」に こだわっている。

以前はキャリーで220yard、ランを入れても250yardくらいの飛距離だった。
  → 先週、打ちっぱなしでドライバーを練習し、キャリーで270yard かっ飛ばしたらしい。 


左の壁を作りつつ、腰を激しく切り、
手は右脇腹の側を通し、インサイドアウトに思い切り振る。 両肘を伸ばしてインパクトする。
 (インパクト時の腰の備え&腕・手首の形をイメージし、その形になるようにスイングする。
  ダフるといけないので、左掌付け根でクラブを支え、球の先の芝を取る意識を持つ。)

この打ち方を
*スクエア~クローズドスタンスでやれば ドロー。 :少し右へ出て、左に戻ってくる。
   (同僚が打ちっぱなしで かっとばしたように。)
*オープンスタンスでやれば フェード。        :少し左へ出て、右に戻ってくる。
   (昨日、自分が3ハーフ目に 球をなくさず回れたように。)

どちらにせよ、
手は右脇腹の側を通し、インパクト前後で目標方向へ長くクラブを出していく。

そのためには、
×:バックスイングでアウトサイドに手元を上げると うまくいかない。
○;インサイドアウトで打つよりほかない。


××:初級者は アウトサイドインで ヒッカケorフェースを開いてスライス。
×  :中級者は インサイドアウトだけど 左の壁が崩れてプッシュアウトor手首を返してフック。
◎  :上級者は インサイドアウトで、左の壁&手首の前後角度がしっかりしてて ドロー~フェード。

ダフリ・トップがなく、
スタンスを変えるだけで自在にドロー~フェードを打ち分けられるのが上級者。

ダフリ・トップなき ドロー~フェードは、最も飛距離が出る。
飛距離と方向性は 両立できる。 
  (仕事と遊びは両立できる。 勉強と部活も両立できる。
   一見矛盾する事を両立させる思考法が弁証法。 TRIZは弁証法。
   「絶対に両立させたい!」と強く念じ、諦めない事が弁証法。
   メチャクチャ簡単。 念じるだけでいいんだから。 諦めないだけでいいんだから。)


次のラウンドが楽しみ。
また平日にやろうかな。 明日、日程調整しようっと。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-30 01:52 | ゴルフ・野球・テニス

【重要】本当に穴へ入れたいのか??

心から 穴に入れたいと思ったら、メチャクチャ真剣にラインを読む。

*カップのどこから流し込むか イメージする。
*カップまで至るのに どんな転がり軌道を描くのか 球速とともにイメージする。
*繰り返し素振りして イメージ通りの球速が出るようにする。
*構えたら躊躇なく 決めた振り幅でストロークする。 打ち終わるまで顔を上げない。
*カップを通り過ぎる時のラインを見て、返しのパットの参考にする。

気合が入っていれば、ここまで無意識&自動的に実行できる。
 (昨日の2ハーフ目終盤と 3ハーフ目は ずっと これを続けた。)


パットにここまで執着すると、その前の寄せにかける気合も変わってくる。
やっぱり1パット圏内に寄せたいし、上りのラインを残したくなる。
そう強く願うと、けっこう そうなる。

アプローチにここまで執着すると、その前のアイアンにかける気合も変わってくる。
寄せワン可能な グリーンエッジまで なんとしても運びたいと思うから。
そう強く願うと、けっこう そうなる。

アイアンにここまで執着すると、その前のティーショットにかける気合も変わってくる。
グリーンエッジまで運びやすい 傾斜が少なくて ライが良い所へ レイアップしたくなる。
 (バンカーや深いラフ、きつい傾斜の所から打ったら、高確率でグリーンを大きく外す。)
そう強く願うと、けっこう そうなる。

左右に大きく曲げてOBなんて 論外。 2打罰なんて耐えられない。

「グリーン周りで 1打にあんなに執念燃やしてるのに、タダで2打失うなんて・・・」
という気持ちになってくる。

---------------------------------------

というわけで、
『ゴルフは パットをがんばりましょう。 調子が悪ければパットから立て直しましょう。』

なんで 今まで こう思えなかったんだろう??

穴に入れたいと思っていなかったから。 そこまでに気持ちいいショットがあれば満足してた。
・ショットの一打とパットの一打は まるで別物かのように考えていた。
 一打にかける執念が 著しく欠けていた。

それじゃいけない。
穴に入れるスポーツなんだから、「穴へネジ込みたい! 1打でも早く!」と強く願う。
まず そこから始めないと。

 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-29 06:35 | ゴルフ・野球・テニス

【重要】グリーンエッジまで運べば、寄せワンでパーが可能

昨日の3ハーフ目は
3回しかパーオンしてないけど 6回パーを取った。(うち1つバーディー)

1,2ハーフ目は パーオン2回で パー3回。
ただし パーオン3パットのホールがあったので、寄せワン2回だったということ。

パーオン 2パット ・・・ 5回
寄せワンで パー  ・・・ 4回
            ↓
つまり、グリーンに乗らなくても 十分チャンスがあるということ。
グリーンエッジまで運べばチャンスあり。
            ↓
*しっかりインパクトして距離を合わせることが大事。
*左右に大きく外さないことが大事。
            ↓
「胸を張り、スタンスを過度に広げず、左掌付け根でシャフトを押してクラブを支える。」
「両肘を伸ばしてインパクトし、球の先の芝を 長く薄く取る。」

という2点を心掛ければ グリーンエッジまで運ぶことは十分可能。

------------------------------------------------------

なんで 今までここに気づかなかったかなぁ。。

「真っ直ぐ打ちたい。」 「グリーンまで運びたい。」という気持ちがなく、
「思い切り飛ばしたい」 「ひっぱたきたい。」という欲に支配されてたから。

昨日、初心者の先輩が 一生懸命 まっすぐ打とうと気をつけてるのを見て、学んだ。
 (あまりにもミスショットが多いのに 自分で嫌気がさしていたから 考える/学ぶ気になった。
  ここに至るまで なんと7年要した。。
  あまりに仕事の効率が悪いのに 嫌気がさして 効率アップの研究をし出したのが3年前。
  それから仕事&勉強が大好きになって、効率が上がった。
  やっぱり自分自身が 改善する気にならなきゃダメだ。 なんでもそう。
  その気になるまで ほっとくしかない。 ほっとけばいい。 変えようとしたって変わらない。)
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-29 05:56 | ゴルフ・野球・テニス

ゴルフ初心者の特徴

今日は 会社の先輩と一緒に回った。 先輩は本コース初体験。
144 + 68だから 最初にしては けっこう上手だった。

でも、やっぱり初心者ならではの打球だった。
久しぶりに初心者と回ったから 気づきを得られた。

①飛ばない
 1) 腰を使っていない
     ・・・腰を切っても肩を残す。いわゆるタメ。 切り返しの間を作ること。
 2) インパクト時に手首が負けている。手首/手の平で球を押し込めてない。
     ・・・ ハンドファーストに構えていないから。
 3) 球の上っ面を撫でるような飛ばないチョロ(トップ)が多い
     ・・・ 肘を伸ばしてインパクトしてない。
        球の先の芝を取ろうとしてない。 要するに体が浮き上がっている。
 4) 低く右へシャンク気味の球が出る
     ・・・ 左肘が曲がって、合わせるようにインパクトしてしまっている。
        または バックスイング時に手首を大きく動かしてフェースが開いてしまう。
 5) 低く左へチョロする
     ・・・ 球を見ずにメチャ振りしてる。 体が浮き上がっているせいで球の上っ面を打つ。
        要するに 球の先の芝を取るような 体の浮き上がりを抑えたスイングができてない。

②ラフに弱い
 1) 手首が負けている
   (1)ハンドファーストに構えていないから、芝の抵抗に負けてフェースが開く。右へ飛ぶ。
   (2)右足寄りに球を置いていないので、芝と長時間コンタクトして ヘッドスピードが落ちる。

③傾斜に弱い
 1) 左足下がりに弱い
     ・・・ 傾斜に垂直に立たず、鉛直に立って打とうとする。
        すると手前が高くなっているのでダフる。
 2) 左足上がりに弱い
     ・・・ 日頃トップするから。 トップすると上り斜面でちっとも進まない。
         日頃ダフるから。 ダフると斜面にリーディングエッジが突き刺さる。

④バンカーに弱い
 1) 振りが弱すぎる。
 2) リーディングエッジが砂に突き刺さり、砂が爆発(エクスプロージョン)してない。
     ・・・ フェースを大きく開いて、開いた分だけオープンスタンスにして、
         球の3cm手前を、ピンまでの距離の3倍飛ばすつもりで、
         バンスを打ち込んでいけばいいんだけど。。 初心者には分からない。。

⑤グリーン周りのアプローチでトップする
     ・・・ ダフリが怖い、球をすくいあげたい、という気持ちがあるから。 これは難敵。
        ダフらないように左掌付け根でクラブを押し続け、球の先の芝を取るしかない。

⑥砲台グリーンに乗らない
     ・・・ バンカーとほぼ同じ打ち方のロブショットをすればいい。
        ただし球の先の芝を取ろうとすること。 ダフリすぎると困るから。

⑦ファーストパットの距離感が合わない
 1)傾斜がなくても距離が合わない
     ・・・ 半身になって、右手で球を転がし寄せる イメージトレーニングをすればいい。
 2)傾斜が読めない
     ・・・ 必ず傾斜の上側から球を流し込むつもりでラインを読み、打つ必要がある。
        芝目を必ずチェックする。
        富士山のような高い山がある場合は、山側から順目になっている。

⑧1m以内のパットが入らない
 1)届かない
     ・・・ 論外。絶対に届かせる。届かなかったら罰金100万円!というつもりで打つ。
 2)まっすぐ打てない
     ・・・ とにかくインパクト前後で、両手首の形を変えないこと。
        そのために (1)背中を丸めて球の上に覆い被さって 真っ直ぐストロークするか、
                (2)オープンスタンスで 右肘を脇につけて真っ直ぐ押し出すか、
                (3)背筋を伸ばして球の近くに立って、手首を固めてストロークする。


100ラウンドして、200万円以上使って、上に書いたコツをつかんだ。
どれも文字にすると当たり前なんだけど、
実行できるから100を切る。 実行できなきゃ100を切るのは難しい。
できるようになってようやく、先人が言っていたことの意味が分かる。 そんなもんだよね。

だから、MECEなTRIZ/QFD+USITが簡単に理解されないのは やむを得ない。
カリカリしないようにしよう。 ゴルフ場じゃ怒らないんだから、職場でも怒っちゃダメだ。
「相手は ○○初心者だ」と思わなきゃいけない。 ホントにそうなんだから。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-28 21:44 | ゴルフ・野球・テニス

【重要】胸を張ってアドレスしたらハーフ52→40に改善。

今日は 御殿場の富士山二合目あたりにある バンディというゴルフ場へ行ってきた。
約2年ぶり 3回目。 今まで2度は曇ったり霧が出てたけど、今日は天気が良かった。

OUT 52  IN 47
OUT 40

最初のハーフはメチャクチャ、次のハーフでなんとか100を切り、
3ハーフ目で 自己ベスト3に入る40で回った。
  (途中 SWで飛びすぎOBしたのが もったいない!)

1ハーフ目に52も叩いたコースで 3ハーフ目に40で回れた。
その差は何か? 「胸を張ってアドレスした。」

左掌の付け根でクラブを押し、インパクト後に球の先の芝を薄く長く取る」というイメージは
最初から持っていたけど、うまくいかなかった。
それに 「胸を張ってアドレスする」を付け加えたら 良くなった。

胸を張ると 自然に両脇が締まって、むやみやたらな方向にバックスイングできなくなる。
それだけで グラグラが収まった。 上下左右へのクラブのズレが少なくなった。


じゃあ 40で回った時の +4(5ボギー)の原因は??
 *SWティーショットでトップ気味の 飛びすぎOB。 (+2)
 *上りでアイアン選択ミス。思ったよりも飛ばなくて届かず。。 (+1×2)
 *SWティーショットでテンプラしてショート。 (+1)
その他に バーディーを取り損なうミスをしている。
 *フェアウェイ6Iでトップしてショート。 (+1)
 *5Iティーショットでトップしてショート。 (+1弱)
 *左足下がりのPWで大ダフリしてショート。

トップ(+4~5)の原因は 体の浮き上がり。
「球の先の芝を 薄く長く取る」という鉄則を守れなかった。 顔が上がったり肘を引き上げた。。

ダフリ (+1)の原因も 「球の先の芝を薄く長く取る」気持ちが薄かったから。
テンプラも、もしティーアップしてなかったらダフってるので、同じ原因。
  (スタンス広すぎ→スウェー→クラブのブレにも注意!

ということは、
胸を張って、球の先をダウンブローで薄く長く打ち抜こうとすれば アンダーパーで回れる。

次回が楽しみ。 がんばろうっと。
  (調子が悪いほど背中が丸くなる。 なおさら脇が開いて不安定になる。。
   不調な時ほど胸を張る。 これがスランプ脱出のポイント。 奥深い。。
   仕事にも通じそう。 調子が悪い時ほど胸を張れ。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-28 20:40 | ゴルフ・野球・テニス

左肘を伸ばしてインパクトする

昨夜、同僚と一致したこと。
「左肘を曲げたら右へ行く。 引き上げれば左へ行く。」
            ↓
「左に壁を作れば 方向が出る・・・はず。」
            ↓
「左肘を伸ばせないのは ダフって肘を痛めるのが怖いから。」

今日は御殿場でゴルフしてくる。

ダフリを恐れず(ていうか、手首の前後角度を崩さず)、
左肘を伸ばしてインパクトするぞ~!!
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-28 05:03 | ゴルフ・野球・テニス

来週火曜は有休ゴルフ

他部署の先輩と 来週火曜にゴルフする。 有給休暇をとって。

平日は1.5ラウンドで8000円くらい。 休日は1ラウンドで13000円くらい。
ゴルフは 平日やるに限る。 安いし、空いてるし。
 (ていうか、空いてるから 安くする。 需要と供給の関係からそうなる。
  あらゆる価格は 需要と供給で決まってる。)
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-25 00:20 | ゴルフ・野球・テニス

台風・ハリケーンの大型化と気温・海水温の関係

大型ハリケーンがメキシコに上陸した。

どういう時に 台風・ハリケーンは発達するのだろうか?
それは もう分かってる。
「海水温が高い時。 28℃以上だと発達。」  (28℃未満だと衰弱。)


今年はフィリピン沖の海水温が高い。 30℃を超えている。
そのあたりで蒸発(対流活動)が盛んで、台風が発達してる。


さて、「地球温暖化が 台風・ハリケーンを巨大化するか?」という命題に対しては
「海水温が高くなるので、衰えることなく接近する台風・ハリケーンが増える」と予想される。
  (地球温暖化は気温が上がり、海水温も上がる。)

これ以上、何を論争する必要があるのか? ない。
打つべき施策は 次の2つ。
 ①温暖化を止めて、台風・ハリケーンの発達を抑える。
 ②今までより 巨大な台風・ハリケーンが来てもいいように備える。

温暖化する/しないに関わらず、
③台風のメカニズムを分析して、弱めたり 方向をそらすことはできるかもしれない。
それはそれで 研究課題にすればいい。
  (ヨウ化銀を撒いて、任意の場所で雨を降らせる技術がある。
   その技術を活用して ハリケーンを弱めようとする実験が 既に昔なされている。
   下手をすると強めかねないので、よく考えて 実験しないとね。)


ついでにいうと、
「温暖化による 海水の膨張+陸地の氷が溶けることによる海面上昇」に対応するには
打てる施策は 次の2つしかない。
 ①温暖化を止める。
 ②海面上昇してもいいように備える。(標高の高い所に住む。 堤防を高くする。)

こんな具合に、
地球温暖化にまつわる あらゆる問題は、基本的に 対策が①②の2種類しかない。

①原因を断てば(=温暖化を止めれば)、対策②をする手間が省ける。
②対症療法じゃなく、①根本対策の方が 良いのは当たり前。

ガンになってから②手術・化学治療・放射線治療するより、①食生活等に気をつける方がいい。
それと同じこと。


じゃあ、温暖化を止めるにはどうすればいいか?
「化石燃料から 無尽蔵・再生可能エネルギーへ切り替える。 省エネもする。」 これしかない。

リサイクルはダメ。 リサイクルするにはエネルギーを食う。
そのエネルギーを化石燃料から得ている限り、リサイクルするほど温暖化は進む。
化石燃料は 枯渇する。
 → 希少金属など よほど枯渇しそうな資源以外は リサイクルする必要なし。


温暖化抑制&化石燃料資源の枯渇先延ばしに必要なのは
リデュース(減量)とリユース(繰り返し使用)。 つまりモノを買わない、作らない。

逆に言えば、
物質経済を満喫すれば 必ず温暖化進行&化石燃料枯渇へ。


だから、温暖化ストップは 半ば諦める。

物質経済を満喫して、暑くなって、化石燃料がメチャクチャ貴重になって、
もう物質経済を楽しめなくなる時が来る可能性は 高い。
省エネと 原子力開発で 延命&根本解決を図るけど、うまくいくかどうかは分からない。
今後の技術開発&政策次第。

まぁ とりあえずはボチボチと 技術開発を進めていくしかない。
その時に①②を分けて、ちゃんと考えられないと 技術開発スピードが遅くなるので、
これから社内を手始めに 技術開発の仕方を広めていく。

自分がやれることはここまで。
いざとなったら、生活を江戸時代以前へ戻せばいいだけのこと。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-22 06:57 | 環境

温暖化は止まらない。石油は枯れる。しかたない。

どう考えても このままいけば 枯れるまで石油は燃やされる。
石油や石炭を燃やし続ければ 大気中の二酸化炭素は増え続け、温暖化が進む。
ヒマラヤの氷河が溶けて、東アジア~東南アジア~南アジアが水不足になる可能性大。
ここまでは しょうがない、と諦める。

*いざとなったら、工業をやめて 工業用水を農業用水に回せばいい。
*更にいざとなったら、家畜に穀物を食べさせるのを止めて、人間が穀物を食べりゃいい。
*更にいざとなったら、山菜や木の実も食べればいい。

そこまで考えたら、なんとかなる。
どんなに石油が枯れても、気温が上がっても、生きるだけなら なんとかなる。
 (ガソリンが高けりゃ 自転車や公共バスや電車や乗ればいいし、
  気温が高くてガマンできなきゃ 涼しい土地へ引っ越せばいい。)
そう考えて、温暖化ストップに ムキになるのは止めることにした。


それよりも、製造得率アップ等のムダ減らし→労働時間短縮を目指す。
ムダを減らして、効率を上げて、少しでも労働時間を減らす。
身についた知識は開放する。 その先に何が起きるかは・・・分からない。 どうなってもいい。

勉強や仕事、温暖化のことを考えてきて、だいぶ様子が分かってきたけど、
そろそろ飽きてきた。 会社に通って仕事するのに飽きてきた(^^;

平日昼間に会社へ通い続けて 時間をかけて、モノを作って、何になる?
よほど知的好奇心が満たされるか、
よほどヒトの役に立っていると思えることじゃないと やってられない。
飽きた。。 新しい、刺激的な事をしたい。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-08-21 22:45 | 環境


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧