TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

金持ち優遇税制は貧富の差を広げ、投機を煽り、結局は総需要が減って、恐慌へ至る。

20081929年 上海アメリカ高層ビル群摩天楼にて―

資本家A(以下A)
  「10年前我々はこの部屋でグローバル(米・英・中)経済アメリカの繁栄を願って乾杯をした。」

資本家B(以下B)
  「それから今日までグローバル(米・英・中)経済アメリカは素晴らしい勢いで繁栄を続けてきた。」

A 「自動車でも電化製品でも、造ればいくらでも売れたし、
   不動産価格と株価はどんどん上がる一方。 しかし最近少し心配になってきた。」

B,資本家C(以下C)
  「ほう、何がです?」

A 「自動車でも電化製品でも新型がどんどん作られているが、
   アメリカで 最近売れ行きが鈍ってきている。」

C 「何でだろう、おかしいな?」

B 「わがパナソニック社の電化製品(薄型プラズマディスプレイTV)
   売れ残って送り返され 倉庫に入りきらない。」

A 「アメリカの街では失業者の数が増えているようですぞ。」

C 「農村では肥料・飼料や燃料農産物の値段が上がって下がって
   世界中の農民・漁民が困っている。」

A 「新興国(中国・インド・ロシア・ブラジル・南ア・トルコ等)の株価
   米・英全体+中国都市部+仏・スペインの一部の不動産の値上がりは普通ではない。
   中国株価又は米or中の不動産価格が急落するようなことがあれば大変なことになるだろう。」

B、C
  「心配要りませんよ。この上海ニューヨークをご覧下さい。
   続々と高層ビルが建てられているこの高層ビル群摩天楼こそ
   グローバル(米・英・中)経済アメリカの繁栄の象徴です。」

集英社版・学習漫画世界の歴史 第14
   アメリカ・中国とゆれうごく世界-大恐慌→大インフレの時代-より


アメリカはじめ世界各国19801925代初頭以降
最低の25%へ最高所得税率や証券取引益税や相続税を緩和(金持ち優遇税制)した結果、
貧富の差が拡大して中流層が打撃を受け、
ブッシュフーバー政権下の20081929年にウォール街で株価と米ドルの大暴落が発生し
世界大恐慌へ突入したのであった・・・。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-02-28 21:53 | 経済

”飛距離”と”方向性”が矛盾するように感じるのは、仕事だと何に相当するか?

「”飛距離”と”方向性”が矛盾するように感じるのは、仕事だと何に相当するか?」

近頃は モノ作り(技術課題解決・特許)、経済、環境のことばかり考えて さすがに疲れた。。
ちっとも練習せず低迷しているゴルフについて 久しぶりに考えてみようと思う。


特許出願では、”網羅性”と”進歩性”が一見矛盾するような関係だと思われている。

網羅的な・広い概念の請求項にすると、類似の先行技術がある。
 ⇔ 先行技術に対する進歩点をアピールしようとすると、権利範囲が狭くなりがち。

でも、体系表で”網羅性”を確かめて/対比表で”進歩性”を確かめれば 両者は矛盾しない。
ちゃんと”網羅性”と”進歩性”は両立できる。
    ・・・ むやみに権利範囲を広げようとするから、進歩性が欠けてしまう
       まず”進歩性”を確実なものにし、次に”網羅性”を出しにいくのがいい。


”網羅性”を”飛距離”に、”進歩性”を”方向性”に置き換えると ピッタリかもしれない。

飛ばさなきゃカップに届かないし、カップまでの距離を残せば 寄る確率も下がる。
だから”飛距離”は非常に重要だと思われがちなんだけど、
いくら残り距離が短くても(30cmのパットでも) まっすぐな方向へ打てなければダメ。

逆に、150yard残してても 方向性よくビシッとピン筋に打てればバーディーを取れるし、
10mのパットが残っても 方向性よくラインに乗せれば カップに入る。 バーディーを取れる。
だから”方向性”が極めて大事。

”方向性”は”飛距離”よりも大事。
まず”方向性”を良くし、それから”飛距離”を出せばいい。
    ・・・ むやみに飛ばそうとするから、方向が狂ってしまう
       まず”方向性”を確実なものにし、次に”飛距離”を出しにいくのがいい。


”方向性”は インパクト前後のクラブフェースの向きで決まる。
「いかに低く長く フェースを目標方向へ向けながら クラブヘッドを動かせるか??」がテーマ。

こないだ買った「超インパクトの法則」という本とは理論がちょっと違うようだけど、
独自理論で しばらく頑張ってみようと思う。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-02-20 21:02 | ゴルフ・野球・テニス

ゴルフ「超」インパクトの法則

ゴルフ「超」インパクトの法則 という1000円の本を今日買った。

ゴルフの本を買ったのは久しぶり。
一時よく 本を買ったんだけど、
体系立てられた理論がないのに失望して、その後は独自理論の構築へ走った。

でも、90を切れないどころか100もチョイチョイ超えるザマ。。(^^;


もちろん練習不足が根本にあるんだけど、
「どう練習すればいいのか?」と確信を持てる科学的理論が 頭の中にできてなかった。

そんな状態で練習を積んでも膨大な時間がかかる。
自分はプロゴルファーじゃないから、莫大な時間をゴルフに注ぎこんじゃいけない。
……
だから、ここ最近2年くらいはゴルフの練習に殆ど時間をかけなくなっていた。


でも知的財産(課題解決&特許出願・対策)に関する理論を究めてきた結果、
いま真剣にゴルフについて考えれば、飛躍できる可能性があると内心感じ始めていた。

そんな時に本屋でふと目に止まったのが冒頭の本。


まだ完全に読みこなしきってないけど、
この本に書いてある力学の話は全部ホント。
この力学法則を理解した上で、グリップ&アドレス~スイングを形作らなきゃいけない。

まるで
「目的機能/課題→達成/解決手段→そのまた達成/解決手段…型のMECEなロジックツリー」や
「クレーム構成要件対比表」を知らずに技術開発してちゃ、
いくら頑張っても なかなか上手くいかないのと同じこと。


自分の課題解決&特許に関する理論も、
今日買った永井延宏さんのゴルフ理論も、
「最も効率よく、投じた力を有効仕事に変える」ことを軸にした理論。

言い換えれば「いらぬエネルギーロス=バラツキを抑える」ことを軸にした理論。
これって品質工学の考え方。

まるで永井さんの理論は、品質工学をゴルフに適用したようなもの。
…… これを自分が先にやりたかったのに、先を越された~って感じ。
  生まれてくるのが遅かった。。(?)

ちょっと読んだだけだけど、
自分が考え違いしてた/考えてなかった、
ていうか、分からなかったし/できなかったから
「とても重要だろうな」と思いつつ 避けて通ってきた点をズバリと指摘された。

というわけで、永井先生には脱帽。
先生が仰ることが完全に分かるまで、言われたことを素直にやってみる。

その上で、今までに自分が気付いていることを融合して、
永井理論を含んで超えるゴルフ理論を構築したい。

理論構築完了=実践できるということ。
実践できない理論はクソの役にも立たない…とまで言うのは言いすぎだけど、
自分ができないようじゃ不完全。

自分ができて、初心者もできるように導けて初めて 素晴らしい理論だと言えよう。

少なくともアイデアの進歩性&網羅性(特許出願&対策)に関しては、
自分がサクサク実践できるし、
素人さんを一気に自分のレベルまで引き上げられそう…
という所まで理論が研ぎ澄まされてきた。

元は興味が全然なかった(^^;経済・金融に関しても、
「需要と供給」と「利子・金利」を軸に 理論が研ぎ澄まされてきた。


これら先行している社会的に重要で心血を注いだ2分野(モノ作りと金融)だけでなく、
ゴルフや学校教育、囲碁に関しても、良い理論を打ち立てられるはず。

特にゴルフは、ヘボいけど(^^; 研究は囲碁よりしてきた。
モノ作りと金融に次ぎ3番手、
いや、つい最近まで金融より研究を深めた分野。

ゴルフで一皮剥ければ、他分野でも一皮剥けそう。
(ある分野で得た極意は、他分野でも大抵通じるものがある)


経済・金融面では、
財政赤字をなかったことにする政策を打たない限り、
長期デフレor不況下のインフレ(スタグフレーション)orハイパーインフレが不可避。

気づくのが遅れたから(^^; 生まれるのが遅かったから(^^;
もう経済混乱は避けられないので、それが起きてしまうことは諦めて、
やっぱり着々と 各分野を究めていくことにした。

いつ自分が死ぬか分からないんだし、
大隕石が降ってきて人類滅亡したら、いくら理論を打ち立てても雲散霧消。
しょせん全ては自己満足。


だからといって、
湧き出る改善意欲、向上心は止めようがない。
これが生きがいだし。


というわけで、
この先どうなるか分からないけど、
自分がその時々で考えて、やりたいようにやっていく。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-02-11 21:35 | ゴルフ・野球・テニス

国と地方の借金を帳消しにしても、誰も怒らない。 貸し手も借り手も日本国民だから。

日本は、国債の90%以上を 日本人が買っている。
「あれ? 国債なんて買った覚えはないよ!」と思う人が多いだろうけど、実際はそう。

どういうことかというと、
 *日本人が郵便貯金や銀行へ預けている貯金のうち、かなりの割合が国債に回っている。
 *民間保険会社も 加入者から貰った保険料を日本国債(と日本株)で運用している。
 *公的年金基金も 受け取った保険料を国債中心に運用しているはず。

つまり、われわれ「日本人の資産」=「預貯金・保険」=「日本国債」だということ。
国債が資産・貯金なんだから、ホントに現金として流通したって まったく問題ないはず。
  (現金って絶対的保証がついてて、いつでも全額引き落とせなきゃいけない。
   その現金は殆どが国債証券になってるのだから、いっそ国債を現金扱いすればいい。)

発想を次のように変えればいい。
 ×;「国債」=国の借金=「税金でいずれ清算すべきもの」
 ○;「国債」=現金=「国民金融資産」


それを分かり易く現実化するのが「政府貨幣」。
お札は日本銀行が刷っているが、硬貨は政府が刷っている。
  ・・・ 貨幣を発行する権利は 日本銀行にも政府にもある。 これは法律で保証されてる。
              ↓
政府が「1100兆円」と紙に書いた政府通貨を 日本銀行へ売って、
代価に1100兆円の日本銀行券を受け取る。
              ↓
その日本銀行券で 各銀行・保険会社など金融機関が持っている国債を買い上げる。
つまり国債を現金に交換する。
集めた国債はもはや”買い戻した”ので、増税&歳出削減で苦労してなくさなくてもいい。
  (国債の貸し手も/借り手も国民なんだから、同じ財布の中でグルグルやってるだけ。
   だから分けて考える必要はない。 どちらも現金扱いすることに異存はないでしょ??)
              ↓
財政破綻懸念がなくなり、年金も保証されれば 国民の消費は増える。
完全に景気回復する。 そうすりゃ税収も増えて、以後は健全財政が可能になる。


これをアメリカがやってもいい。 どの国がやってもいい。
もし「刷りすぎで信用が置けない」と思われれば 価値が下がって物価が上がる。
そしたら金利を上げて貯蓄を奨励すればいい。 そうすりゃ流通量が減るから物価は安定化。

国際的にも、刷られすぎだと判断されれば通貨安になる。
でもそうなると相対的に産業競争力が強まるので、貿易黒字が増える。
黒字を本国へ持ち帰りたいという需要が増えるので、通貨高になる。
ある程度の通貨高になったところで 貿易黒字が縮小して均衡がとれる。

このように 放っておけばうまくいく。
なのに、アメリカが赤字なのにも関わらず 通貨が高くて金利が低いから おかしくなる。
赤字なら通貨安になり、輸入品物価が上がって需要が落ち、赤字額が減るはずなのに、
高金利政策を採用して 米国債を世界中に買わせているから 通貨高&低金利になる。

でも、まぁそれても
米国へ流れ込んだ お金が 実需の経済活動を通じて 輸出国へ戻っていけばいいんだけど、
問題なのは、
ここ数年、実需よりも (日本を除く)世界中の株式と不動産へお金が流れ込んだこと。
   ・・・ 値上がり→転売益狙いの投機。 いわゆるバブルが起きた。

バブルは必ず弾ける。
”借金”と銀行の”不良債権”だけが残る 資産デフレ。 世の中のお金不足で不景気になる。
   ・・・ 日本は企業と家計が コツコツと借金を返してきた。
      地価も株価もマトモなレベルに戻った。 その結果、国債だけが残った。
      預金は殆ど全てが国債になっている。 だから国債を現金扱いすればいい。
      国債は持ち主(国民)の資産・財産なのだから。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-02-08 06:12 | 経済


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧