TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

”他社を逆転するまで頑張り、他社に逆転されないように頑張る”のが仕事。

仕事って食い扶持を得るためにしてることだから、
お客さんに「この商品・サービスが欲しいから、お金あげようっと」
と思ってもらえないとダメ。

もっと実際的に言うと、他人(他社)に負けちゃダメ。

自分(自社)が提供する商品・サービスは
 1)他社と価格が同じ場合、機能レベルで負けちゃダメ
 2)他社と機能レベルが同じ場合、価格で負けちゃダメ。

つまり、
「より高機能(機能レベルが高いor多機能)を実現するアイデアを出し、
 その機能レベルを より低価格で実現するアイデアを出せればいい。」
 …他社より早く「(速く、多く・漏れなく)アイデアを出せればいい。」

人件費が(円高によってなおさら)高くなった日本国内で製造せず、
人件費が安い海外(中国)で作ったり
輸送費を浮かせる等のために現地生産するという
ユニクロやトヨタグループが採った作戦は、
2)低価格路線を忠実にこなしてきたのだから間違っていない。
 …(金融危機→円高を受けて)赤字になったなら、
  新需要に合わせて また1)2)を行って品揃えしていけばいいだけ。
 …円高を受けて2)既存車生産の国内→海外シフトを加速しなきゃ。

より高付加価値(高機能、高機能レベル)の商品・サービスを生まないと
社員・国民全体の生活レベルを維持・向上できないのは、
貿易黒字→自国通貨高→人件費高→人件費が安い海外へ生産シフト→国内雇用減
という経済的宿命があるから。

アメリカは日本と西ドイツとのモノ作り生産性アップ競争に負けて、
特に1980年代以降は金融業で食っていくことにした。
 …日本より金利を高くして、
  稼いだ貿易黒字を日本がアメリカへ投資したくなるようにした。

これってドル高政策だから、米国製造業にとっては不利。
アメリカは製造業を捨てて金融業に活路を見い出そうとしてきた国。
 …軍事技術だったインターネットを民間開放してITで儲けたけど、
  他にはネタなし。金融で大きくコケた今回はかなり厳しい。

ただ、世界全体で見たら今は不均衡の是正過程。悪いことじゃない。

アメリカは金融業がコケたが、ドル安で製造業の競争力が増す。
日本は円高で製造業の競争力が落ちるが、金融業の競争力は増し得る。
 …うまい具合に、国力に応じた為替レートへと変わっていく過程。
  どの国が有利/不利ということはない。
  どの国も今まで通りのことをしてて楽に稼げる時期が終わっただけ。
  アメリカの金融業も、日韓中の製造業も、資源国も。

製造業にせよ金融業にせよ、観点1)2)で技術革新した企業・国が儲かる。

観点1)2)で他社に追いつき追い越した企業・国が儲かる。

これは平時(好況時)も混乱時(不況時)も何ら変わらない経済原理。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-12-30 08:16 | 仕事

8割聞いて2割話す、胸元に取りやすい球を投げるような会話(球数を増やす)。

昨日と今日の研修で学んだこと。

*8割聞いて2割話す。
*まるで胸元に取りやすい球を投げるような会話(球数を増やす)をする。

特に職場では 1割聞くか聞かないかで9割以上話し、
取れそうもない所へ豪速球を投げ込んでいた。

これじゃあ100年やっても考えを伝えることはできないな。
 …たまにスンナリ伝わるが、まぁ1%いない。


ロジカルコミュニケーションという研修科目が社内にあるらしいので、
さっそく受けてみようと思う。

ロジカルプロブレムソルビング(論理的な問題解決アイデア出し)は
今まで さんざん研究したので、
これからはロジカルコミュニケーション(論理的な情報のやりとり)を
研究&訓練しようと思う。

ロジカルゴルフとロジカル囲碁も研究したい。
 (ロジカル金融投資はもう飽きた(^^;元々は好きじゃなかったからな)

やりたい事が沢山ある。
仕事では、
問題解決理論の普及はそこそこのパワーを割くに留めて、
担当商品で儲けを出すことに全力投球しようかな。

技術開発に復帰する。
そして課題解決→特許出願・対策理論の改良は着々と進めつつ、
今日研修で会った人の”知財失敗事例体系集”作りをサポートしよう。

1人でやりきるんじゃなく、協力しながらやる。
その方が理論の普及は早そうだし、気が楽。そうしようっと。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-12-19 16:52 | 心理学(メンタル)

もう”右翼と左翼”、”保守と革新”とかで対立して遊んでりゃいい時代じゃない。

右翼と保守は近く、自助・機会平等・”小さな政府”志向。

左翼と革新(リベラル)は近く、扶助・結果平等・”大きな政府”志向。

米共和党と英保守党は前者。
米民主党と英労働党は後者。
日本の自民党と民主党はそれぞれ前者・後者が混じってる。

ただ言えることは、
もはや
”保守vs革新”、”自助vs扶助”、”機会平等vs結果平等”、
”小さな政府(自由放任)vs大きな政府(がんじがらめ規制)”
で対立する時代なんかじゃないってこと。
 …”与党vs野党”で対立することすら何の意味があるのか?
  「全体の生活レベルを上げる」という目標は同じなのだから。

A vs B、善vs悪という二元論ではなく、
一見すると矛盾する考えを統合して問題・課題解決するスタイルが
これからはますます必要だろう。
(このスタイル・考え方は”弁証法”と呼ぶらしい。問題解決思考法。)
 … そうじゃないと「あちら立てればこちらが立たず」の
   地球温暖化問題や財政赤字問題は解決できないだろう。
 … 地球温暖化問題は ”現在の生活レベル(経済成長)”と
   ”将来の生活レベル(気候変動→食料危機等)”が矛盾状態。
 … 財政赤字問題は ”現在の生活レベル(歳出)”と
   ”将来の生活レベル(借金金利と物価の上昇)”が矛盾状態。


温暖化問題も財政赤字問題も、先送るほど問題が深刻になる点が同じ。
 … いま楽をすると将来困る、持続不可能なシステム。

こんな人間感情が関わる社会的問題に比べると、モノ作りは比較的簡単。
目の前の物理的矛盾を解決すればいいだけなんだから。
 … 物理的に不可能なものは不可能。可能なものは可能。
   どの課題解決手段案が最安値であるかを明らかにするだけでいい。
 … これが軽々とできたら、技術革新スピードが急激に上がって
   温暖化問題も財政赤字問題も雲散霧消する可能性が大。
    →だから、技術課題解決理論の研究・普及に執心してきた。


ただ、社会的問題にせよ技術的問題にせよ、
問題の根本は弁証的思考(矛盾解消・持続可能なシステム構築)が
多くの人にできないことなので、
地道に弁証的な考え方(問題解決思考法)を広めるしかないんだろうな。

これは釈迦や古代ギリシア以来 数千年来の課題。
コツコツやるしかないし、それでいい。
息長く、世代を越えて続けて、だんだんと生活レベルを上げてけばいい。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-12-03 18:05 | 歴史・宗教・政治


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧