TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もう一度「変える」という判断を繰り返しただけ。

有権者は4年前も「変える」という判断をした。

4年前の総選挙では、
「自民党をぶっ壊す」と言った小泉元首相に50%近い票が集まり、
「いや、自民党内から自民党を壊すことはできない。」と思った40%の人が民主党に投票した。

今回の総選挙では、
自民党が元に戻ったことがハッキリしたので、民主党に票が集中したのは当然。

前回 小泉さんに300議席を与えた人たちが、今回 民主党に300議席与えただけのこと。

--------------------------------------------------------

民主党1党で 衆議院再議決が可能な2/3に届かなくて良かったと思う。

直近の民意を反映する参議院の反対議決を覆したら 二院制はオシマイ。
自民・公明はそれを度々やった。

2/3持っていると 安易に使いたくなってしまうから、持ってない方がいい。
 
[PR]
by hugoniot | 2009-08-31 07:25 | 歴史・宗教・政治

遅くとも 2035~2100年頃には東海~南海で大地震

東南海・南海地震は90~150年程度の周期で起きていて、
直近では 1707年(宝永地震)と1854年(安政地震)と
      1944~46年(昭和南海・東南海地震)が起きている。

静岡付近の東海地域では1854年から もう150年間起きておらず、
それまで 90~150年周期で起きていたから そろそろ来るのでは?とも言われているけど、
そうだとしたら 南海・東南海は60年前に済んでいるので、東海単独で起きることになる。


ただ、有史以来、東海単独のプレート型地震はない。
東海単独で起きなかった場合、次に東海で起きる時は 隣の東南海と同時。
東南海と南海は同時に起きることが多いので、南海~東南海~東海で同時発生する恐れ大。
                                ・・・ 実際、過去はよくこれが起きている。
発生時期は、1944~46年から 90~150年経つ 2035年~2100年頃。


たとえ東海地震が当分起きなくても、
2035~2100年頃には 東海・東南海・南海地震が 同時に起きる可能性が高いので、
それに備えておく必要がある。 さらには富士山のほぼ同時噴火もあり得る。
                               ・・・ 実際にそれが起きたのが宝永。
さらには最悪の場合、
 *南海(和歌山~四国)の西区域の 九州沖~奄美大島~沖縄
 *東海の東区域の 神奈川西部(関東)
も同時になる 最悪ケースが起きる可能性も ゼロとは言えない。
             ・・・ もし起きれば、スマトラ大地震やチリ地震に匹敵する超巨大地震。
そうなれば当然、東名高速道路の一部崩落どころじゃ済まない。


まずは そんな最悪ケースを想定することが第一歩。

ひどいケースを想定するほど 対策にはコストがかかるので
コスト度外視で メチャクチャ対策しまくるわけにはいかないんだけど、
発生確率と対策コストの兼ね合いを考えて、ある程度手を打つことは経済合理的だろう。
  ・・・ リスクアセスメント&マネジメント。

最悪ケースを想定して 備えておけば、
それ以下の災害(例えば東海単独地震・富士山噴火のみ)にも 耐えられる。


最高のハッピーストーリーを思い描いて それを目指すのはいいこと。
  (思い描けないハッピーストーリーは、
   それを目指そうと努力することができないので、実現可能性が極めて低くなってしまう。)
それと同時に、
最悪のストーリーを思い描いて 対策を講じるようにすると より良い。
  (最悪ストーリー、次に悪いストーリー、その次に悪いストーリー・・・を潰していけば、
   比較的良いストーリーが残るようになり、良いストーリーの実現確率が高まるから。)


ただ、最高と最悪を想定するのは
交通安全でも / 労働安全でも / 地震・火災防災でも / 経済・資産運用でも / 仕事でも
よく意識し、訓練しないと、なかなか難しい。

現実離れしてるからだろうな。

でも、どんなに低い発生確率でも、起きる可能性があるものは 本当に起こりうる。
だから、起きた時のダメージ/メリットが極めて大きいなら 平時に取り組む価値がある。
 
[PR]
by hugoniot | 2009-08-11 07:36 | 防災

乗らない、寄らない、入らない

今日ゴルフをした。
18ホールで パーを4つとった。

うち パーオン・2パットの無難なパーが3つ。
もう1つは、40ヤードからベタピンに寄せて1パット。

今日は 4回パーオンした。
うち3回は2パットでパー。 もう1回は3パットしてしまってボギー。

3パットの回数と 寄せワンの回数が相殺して、結局 パーセーブ数=パーオン数だった。


パーオンすれば パーを取れる。
 (3パットのボギーもたまにはあるが、1パットのバーディーもある。)

パーオンしないと = グリーンに乗らないと パーを取れない。
乗らなくても メチャクチャ寄れば、パーを取れる。 でも寄らないからパーを取れない。

寄らなくても パットを1発で沈めれば パーを取れる。
でも 1発で沈められないから パーを取れない。

乗らない、寄らない、入らない。 だからボギー。
90を切れない。
 
[PR]
by hugoniot | 2009-08-04 17:35 | ゴルフ・野球・テニス


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧