TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

品質工学のコツ

世の中のニーズを考えて、
「こんな機能を持つ商品を 〇〇円で提供できれば 売れる。」という商品テーマを選択するのは、
技術者の役割であり 責任でもある。


商品テーマが決まったら、
技術者が 技術開発する(商品原材料と加工方法・装置を決める)ことになるが、

まずは、ニーズ (お客様が欲しい”有益機能”の種類およびレベル)を考え、
それを満たせる基本方式を たくさん発案することが大切である。
 (例. 重力活用/電気力活用/磁気力活用)


そして、お客様が 商品を使う状況を想像して、
いつでも/どこでも 次の2点を満たし、
 ・必要最低限の ”有益機能”を発揮する。
 ・許容限度を超える”有害機能”を発揮しない。 (お客様や環境に被害を与えない)
かつ
その商品を最安値で提供できるように
技術開発(基本方式の選択~選択方式の改良)をすることが大切である。


品質工学では、
技術開発を効率よく行うために
 『品質が欲しければ、品質を測るな。』
    (有害機能レベルを抑えたければ、有害機能レベルを測るな。
     有益機能レベルを高めたければ、有益機能レベルを測るな。)
を合言葉にしている。

これは、
 『いい結果が欲しければ、結果を測るな。』
    (いい結果が欲しければ、ただ 結果を測って 一喜一憂していても 役立たない。)
の言い換えである。

悪い結果が生じるには、必ず 原因がある。
 *有益機能レベルが必要最低限を上回れないのは、
    ・有益機能レベルを増そうとすると 有害機能レベルが許容限度を超えてしまうか、
    ・         〃           別の有益機能レベルが必要最低限を下回るから。
                            (「有益機能レベルを下げてしまう」という
                              有害機能レベルが 許容限度を超えてしまうから。)
 *有害機能レベルが許容限度を超えてしまうのは、
    ・有害機能レベルを減らそうとすると 別の有害機能レベルが許容限度を超えてしまうからか、
    ・         〃            有益機能レベルが必要最低限を下回るから。
                           (「有益機能レベルを下げてしまう」という
                              有害機能レベルが 許容限度を超えてしまうから。)
まとめると、
いい結果が得られない=悪い結果が生じる原因は
 *有害機能レベルを 許容限度内に抑えこむことができないから。
の一言に集約される。

逆に言うと、
どの種類の有害機能レベルも 低く抑えこむことができれば、
 *有益機能レベルを増し、必要最低限を超えさせることは容易。
 *有害機能レベルを     許容限度内に 抑えこむことも容易。
つまり、いい結果が得られる。


有害機能レベルを低くするには、次の3種類の対策が考えられる。
 ① 有害機能を起こす原因を なるべくシステム中からなくすように 策を講じる。
     (隔離する、遮断することを含む。)
 ② 有害機能を起こす原因が システム中にあっても、
   それによって生じる有害機能が なるべく低いレベルになるように 策を講じる。
     (耐性・頑健性を上げる、減衰させる、動きにくくする、感度を鈍らせることを含む。)
 ③ 有害機能を起こす原因が システム中にあっても、
   それによって生じる有害機能を なるべく打ち消すように 策を講じる。
     (相殺する、補償することを含む。)

そのうち ①や③は、概して 多額のお金がかかる。
なので、まず②から考え始めてみてはどうですか?? と勧めるのが品質工学である。
          (有害機能をなるべく低いレベルにする策を 机上で考えてもいいし、
           実験で 有害機能が最も低いレベルになる条件を求めることもできる。
                   → 品質工学の”パラメータ設計”手順を参照。)

------------------------------------------------------------------------

以下、Wikipedia中の 品質工学の解説。

>品質工学は、主に2段階から構成される。
> ①開発設計段階、つまり生産に入る前のオフラインでの品質工学(パラメータ設計→損失関数)
> ②生産段階、つまり生産のオンラインでの品質工学(損失関数)

>パラメータ設計に入る前に重要なことは、
>時代の潮流を考えて、技術テーマを選択するのは技術責任者の役割であり責任である。
>
>技術開発テーマが決まったら、
>技術者が顧客の立場に立って「システム選択」することになるが、
>顧客が欲しい機能を考えて、
>理想機能を満足するシステムをたくさん考案することが大切である。
>
>考案したシステムの良し悪しを判断するのが「機能性評価」である。
>機能性評価は
>システムとは関係なく、
>顧客が使う立場で信号とノイズを考えてSN比で評価することが大切である。
>
>その後で、パラメータ設計(厳密にはロバスト設計という方が適切である)を行うのであるが、
>品質工学では
>「品質が欲しければ、品質を測るな。機能性を評価せよ」と言うことが合言葉になっていて、
>品質問題を解決する場合には、
>品質特性などのスカラー量は使わずに、
>理想機能(y = βM)を特性値と考えてパラメータ設計を行う。
>
>パラメータ設計の手順は以下の通りである。
>1.  テーマの分析
>2.  目的機能の明確化
>3.  理想機能の定義(y = βM)
>4.  計測特性は何か(信号因子とノイズの選択)
>5.  SN比や感度を求める
>6.  制御因子を決める
>7.  直交表に制御因子を割り付けて、信号やノイズとの直積実験を行う
>8.  データ解析を行う
>9.  要因効果図を作成して最適条件と現行条件やベンチマーク条件を求める
>10. 確認実験で最適と現行の利得の再現性をチェックする
>11. 再現性が悪い場合は特性値やノイズや制御因子の見直しを行う
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-30 23:59 | 仕事

問題解決アプローチには2種類ある。(演繹的アプローチと原因分析的アプローチ)


「”目的”を明らかにし、欲しい”機能”(必要な有益機能)を明らかにし、
 その実現手段(方式)を思い描き、具体的な実現手段(構成)を思い描く・・・」
という風に、
目的から 演繹的に問題解決手段を編み出していくアプローチ法がある。

【具体的手法】
 ・ブレークスルー思考法(ワークデザイン)の ”目的(機能)展開”
 ・USITの ”Particles法”
 ・TRIZの ”究極の理想解”
 ・品質工学の ”ロバスト設計”



「困っている現象(有害機能)の原因を見つけ、対策する」
という風に、
困っている現象から 分析的(帰納的)に問題解決手段を編み出していくアプローチ法がある。

【具体的手法】
 ・TOCの ”現状問題構造ツリー”
 ・TPSの ”真因追究 (なぜ?×5)”
 ・”なぜなぜ展開”
 ・QC
 ・USITの ”閉世界法”



※ やたら 多くの手法を覚える必要はない。
  大きく分けて
    ①演繹      = 有益機能の実現
    ②帰納(分析) = 有害機能の抑制
  の2種類のアプローチしかないことを知り、両方とも使いこなせることが重要。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-25 00:04 | 知的財産

目的と手段、課題と解決手段、原因と結果、有益機能と有害機能 の入れ子関係

目的実現・目標達成・問題解決・課題解決(←全て同じ)を志すのであれば、
まず 次の【入れ子関係】があるのを知ることが 何より重要です。

① 【”目的・機能”-”手段”の入れ子関係】
 http://homepage1.nifty.com/matufuji/2shou.htm
 http://homepage1.nifty.com/matufuji/gendai/gendai7.htm
 http://homepage1.nifty.com/matufuji/3shou.htm 前半

上位目的・機能
  → 上位目的の実現手段(中位目的・機能)
     → 中位目的の実現手段(下位目的・機能)
        → 下位目的の実現手段


② 【”課題”-”解決手段”の入れ子関係】

課題A
  → 課題解決手段
     → 新たな課題B
        → 課題解決手段
           → 新たな課題C
               → 課題解決手段


③ 【”原因”-”結果”の入れ子関係】
 http://homepage1.nifty.com/matufuji/3shou.htm 後半

結果
  ← 1次原因 (2次原因による結果)
    ← 2次原因 (3次原因による結果)
       ← 3次原因 (4次原因による結果)
           ← 根本原因


ただ、ここまで 気づいていても、
実際は うまく アイデアを出せないことが多かった。
           ↑ アイデアとは、目的実現・目標達成・問題解決・課題解決手段のこと。


そこで、次のように アイデアを出していくことが
最近 提案されています。

・願望
  → 欲しい機能 [有益機能]
     → 実現方式
        → 具体的な実現手段
           → コストダウン or 有益機能アップ時に直面する課題[有害機能]A
               → 課題解決手段
                   → コストダウン or 有益機能アップ時に直面する課題[有害機能]B
                       → 課題解決手段  ・・・・・・

まず、 欲しい機能(有益機能)を増やす策、それをより安く得る策を考える。
すると、課題が生じる=いらない機能(有害機能)が増してくるので、それを減らす策を考える。
すると、また 欲しい機能(有益機能)をより安く得る余地が生まれるので、その策を考える。
すると、課題が生じる=いらない機能(有害機能)が増してくるので、それを減らす策を考える。
すると、また 欲しい機能(有益機能)をより安く得る余地が生まれるので、その策を考える。
すると、課題が生じる=いらない機能(有害機能)が増してくるので、それを減らす策を考える。
・・・・・・
という風に、
【”有益機能up手段”-”有害機能down手段”の入れ子関係】がある、というイメージです。

世の中は
 『 有益機能 ÷ (有害機能+コスト) 』 を大きくする方向へ進化していくので、
ひたすら
 ”有益機能up” ・ ”有害機能down” ・ ”コストdown” を考えればいい、
という考え方と よく合致します。


すると、そのうち
 『必要な量の有益機能を、必要な時/必要な場所へ/最も低コストで 配置すればいい。
         有害機能を、必要な時/必要な場所で/最も低コストで 抑えこめればいい。』
ということなんだ、と気づきます。


それに気づけば、
ひたすら
 『”有益機能”と”有害機能”が、いつ/どこで/どれくらい発揮されているのか?』
に注目するようになります。

そして、
 『”有益機能”の増大に役立っていない モノ・動作
  ”有害機能”の抑制に役立っていない モノ・動作 が ムダなんだ。』 という
トヨタ生産方式(TPS)の極意をつかむこともできます。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-24 13:36 | 仕事

TOC思考プロセスの素晴らしさ

制約条件理論TOC思考プロセスの
対立解消図は 次の2つの自問自答を自然にできるようにし、

 ①”何のために”
     それをしているのか?
     それをしようとしているのか?
             【手段の ”目的”を問う】
 ②”なぜ”
     それをしなければならないのか?
             【手段の ”制約”を問う】
    その制約は外してもいいのではないか?
           何か策を打つことによって 制約を外すことができないか?


TOC思考プロセスの
現状問題構造ツリーは 次の自問自答を自然にできるようにする。
  ③”なぜ”
     あの時 そうなったのか?
        今 こうなっているのか?
             【結果の 根本”原因”を問う】


以上 3つの問いを繰り返して、
 やっていること / やろうとしていることの
 上位概念(目的・根本原因・制約)をよく考え、
              ↓
それから、
  ④ 下位概念(目的実現手段・問題解決手段)を
    なるべく多く、なるべく漏れなく、出していくのがいい。


①  は ”目的展開”    とも呼ばれる。
①②は ”弁証法”      とも呼ばれる。
③  は ”なぜなぜ展開” とも呼ばれる。   ①②③は目的実現・問題解決のイロハのイ。

①②③がキーポイントだ、と気づいた
TOC思考プロセス開発者のゴールドラット博士は素晴らしい。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-23 23:43 | 知的財産

アイデア出しの手順

① 何が欲しいかを書く。 
    (・・・・・・したい。 感情的表現・五感表現をする。)

② 欲しい 有益機能を書く。
    (・・・・・・を~~したい。 ・・・・・・に~~してもらいたい。 抽象的表現でいい。)

③ 欲しい 有益機能を具体的にしていく。

④ 有益機能レベルを トコトン増そうとする。
  同じ有益機能レベルを トコトン安く得ようとする。 トコトン 高速大量生産しようとする。
    → すると、有害機能が現れてくる。
        (”有益機能レベルを増そう・安く得ようとすると、有害機能が現れる”
                          という矛盾・トレードオフ状態が起きる。)

⑤ 有害機能を起こす原因を特定し、
  以下の各観点で 故障(有害機能・弊害)対策アイデアを列挙する。
    1) 原因をなくす、隔離する、遮断する。
    2) 原因によって生じる有害作用に対する システムの耐性を上げる。
    3) 原因によって生じる有害作用を打ち消す、補償する。

  ※ 各観点で、重力を用いるアイデア / 電気力を用いるアイデア
           磁気力を用いるアイデア / 核力を用いるアイデア を列挙する。
  ※ アイデアが3つ以上出た時は、グルーピング・上位概念化を試みる。
  ※ アイデアの次元を揃える。
       (次元には 時間 / 空間 / 機能 / 科学[力・相など] の4種類ある。)
  ※ いつ、どこで、何に そのアイデアを実行させるかを考える。
  ※ 要は、「ダブり・漏れなき(MECEな)ロジックツリー作り」を 心掛ける。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-20 22:34 | 知的財産

情報整理の切り口

仕事に役立つ 情報整理をしたいなら、
情報分類の切り口は
 ・課題
 ・機能
を最重視しなければならない。

なぜかというと、
情報は ”目的”と繋がっていなければ 役に立たず、
”課題”と”機能”は ”目的”と深い関係があるものだから。


いきなり情報を
 ・空間
 ・時間
 ・企業、ヒト
の切り口で分類しようとすると、
初めはそれなりに分類できるけど 何のために分類しているか? が分からなくなる。


だから、
 「何をしたいのか? 何か欲しいのか?」  (目的)
 「目的が達成できない理由は何か?」   (課題)
 「課題を どうすれば解決できるか?」    (機能)
をまず よく考えて、
考えを出し尽くすことが重要。

それから、
必要な機能を、いつ(時間)、どこで(空間)、誰が(ヒト) 実行するか?を考えていけばいい。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-20 00:05 | 仕事

”目的”だけでなく、”制約”をよく考えることが重要。

「~~したい」という気持ち(目的)があっても、
「・・・・・・なので、~~できない」という気持ち(制約)が より強くあったら ヒトは~~を実行しない。

たとえば、
「海外旅行したい」という気持ち(目的)があっても、
「お金がないので、海外旅行できない」という気持ち(制約)が強くあったら ヒトは海外旅行しない。


でも、その制約は 本当にどうしようもない制約なのだろうか??
・・・・・
何らかの手段によって、その制約を外すことができれば 目的を達成できる。
  (例. もっとお金を稼ぐ、ふだん節約してお金を浮かせる、借金する、
      時間はかかるが メチャクチャ安いツアーで旅行する、
      海外旅行添乗員に転職する、海外企業に転職する・・・ など。)

逆に、”制約”を解消できないと 目的を達成できない。
世の中には そういう場合が多い。


だから、
 「何が”制約”になっているのか?」
 「それは絶対外しようがない”制約”なのか?」
 「何らかの手段を講じることによって、
  その”制約”が 問題なくなるようにできないか?」
と考えることが重要。


※なお、”制約”は だいたい
   「お金が足りない」 「時間が足りない」 「それをやれるヒトが足りない」
  のいずれかに行き着く。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-17 18:49 | 知的財産

あなたの果たすべき役割は? あなたが果たしている機能は何?

こないだ研修で 聞かれたこと。
 「あなたの 職場での役割は何ですか? 20文字以内で答えなさい。」

即答できなかった。
ていうか、今も 20文字以内で即答できない。

でも、この質問に即答できることが大事。


「あなたの 職場での役割は何ですか?」
          ↓
「あなたが 職場で果たすべき役割は何ですか?」
          ↓
「あなたが 社会人・企業人・経済人として 果たすべき機能は何ですか?」
          ↓
「あなたの職場・企業が 果たすべき機能は何ですか?」

という風に、
求められている”機能”を明確にイメージする≒言葉に書き表せることが重要。
  (言葉に書き表せないことは、書けないばかりではなく言えない。 他人に伝えられない。
   他人に伝えられないどころか、自分でもよく分かっておらず うまく実行できない場合あり。)


役割を考える=欲しい機能を考える=目的を考える=あるべき姿を考える、ということ。

役割・欲しい機能・目的・あるべき姿を 繰り返し繰り返し考え、
書き表す(定義する)ことによって、より適切な問題定義ができる。

適切な問題定義さえできれば、問題は解決したも同然。
  (そう 多くの達人が言っている。)

問題解決すること=仕事をすること。
  (他人の技術的問題・心理的問題を解決して、代わりに報酬を貰うのが 仕事というもの。)


役割を果たす
  =ちゃんと機能する
     =目的達成する
        =あるべき姿に近づく
           =働けている・仕事ができている
と言ってよい。

サッカーでも、 機能してない選手が フィールド上に1人・2人・・・と多くいるほど 試合に勝てない。
   野球でも、 機能してない選手が グラウンド上に1人・2人・・・と多くいるほど 試合に勝てない。
   将棋でも、 機能してない  駒が      盤上に1つ・2つ ・・・と多くあるほど 対局に勝てない。
   囲碁でも、 機能してない  石が     盤上に1つ・2つ ・・・と多くあるほど 対局に勝てない。
製造現場でも、機能してないモノ が    工場内に1つ・2つ ・・・と多くあるほど 他社に勝てない。
どの職場でも、 機能してないヒトが    職場内に1人・2人 ・・・と多くいるほど 他社に勝てない。

機能してないと、「ムダ」とか「効率が悪い」「働きが悪い」とか「役立ってない」と 言われてしまう。
有益に機能してないどころか 有害機能を発揮してると、
          「足を引っ張ってる」とか「いない方がいい」とか「邪魔」と 言われてしまう。

様々なゲームや仕事の中の ”機能”について 考えてみると、お仕事の役に立つと思います。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-16 15:51 | 知的財産

弁証法とは、”上位目的は何か?””外せる制約条件(変な上位目的)があるのでは?”と繰り返し考えること

弁証法とは、
 * ”何のために それをしなければならないのか?”
 * ”なぜ それをせざるを得ないのか?”
と 繰り返し繰り返し考えること。


言い換えると、
 * ”採ろうとしている手段の 上位目的は何か?” と
 * ”その手段を採らざるを得なくしている 制約条件は何か?”
と 繰り返し繰り返し考えること。


言い換えると、
 * ”上位目的を満たす 他の手段はないか?”
 * ”採れる手段の選択肢を狭めてしまっている 制約条件(=変な上位目的)を外せないか?”
と 繰り返し繰り返し考えること。


まとめると、
  ”上位目的(課題・問題・あるべき姿)を より適切に定義する”のを
繰り返し繰り返し行うことによって、

より良い手段(問題解決策・課題解決手段・目的実現手段)を編み出すこと。

※何度も何度も 上位目的を考え直すので、その都度 上位目的(課題)の表現が変わる。
  このことを 「課題ズラシ」と呼んだり、「目的展開」と呼んだりする。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-16 14:23 | 知的財産

中位概念(中位目的・中位機能、中位手段、中位原因)を考えましょう

働き始めの頃、だいたいの人は
 ・目的→手段
 ・結果←原因
という関係があるな・・・くらいしか考えない。


ちょっと仕事に慣れてくると
 ・上位目的→下位目的→手段
 ・結果←引き金原因(下位原因)←根本原因(上位原因)
と考えるようになり、
 ・「上位概念化(抽象化)が重要」「知見を一般化して 水平展開しよう」 「本質を抽出しよう」
 ・「原因の原因を考えよう」「根本原因を探ろう」「因果関係・論理の飛びに注意しよう」
と言いだすようになる。


さらに熟達してくると、
 ・上位目的→中位目的→下位目的→上位手段→中位手段→下位手段
    (中位目的は上位目的にとっては手段。 中位手段は下位手段にとっては目的。
     つまり、目的と手段は ”入れ子”的な階層構造になっている。
            http://www.zukai.net/006chsiki/zchisi004.html を参照。)
 ・上位課題→解決手段→中位課題→解決手段→下位課題→解決手段
    (各解決手段も上位概念→中位概念→下位概念・・・と階層的に案出すべき。)
 ・上位機能→中位機能→下位機能→実現手段
    (実現手段も上位→中位→下位・・・と階層的に案出すべき。)
 ・結果←原因←原因の原因←原因の原因の原因←・・・←・・・←・・・←根本原因
    (”原因の原因”にとっては、”原因”は結果にあたる。)
と考えるようになり、
 ・「何のために?何のために?と繰り返せ。」「中位目的を多く考え出すことが重要。」
 ・「課題発見なくして、課題解決なし。 課題解決なくして、進歩なし。」 「中位概念化が大事。」
 ・「必要な時/必要な場所で 何らかの有益機能を得るor有害機能を減らすことが”目的”。
   つまり、いつも”目的”を強く意識することが重要 = いつも”機能”を強く意識することが重要。」
 ・「なぜ?なぜ?と繰り返せ。」「根本原因・真因を見つけろ。」「中位原因に注意。」
と言うようになる。

あとは この知識を実践できるかどうか? に懸かっている。
 * 知識があっても、それを実行しなければ成果は出ない。
      → 実行するには根気が必要。
          → 根気よくやるには 情熱が必要。
 * 情熱があっても、知識がなければ どうしようもない。
     (ただし、情熱を持って取り組み続ければ 知識は次第についてくる。
      やはり なんといっても重要なのは情熱。 やる気。)
 * 知識と情熱が両方あっても、体力がなければ実行できない。
     (だから、まず健康が大事。)

『仕事の成果 = 情熱 × 知識 × 体力』
            ↑ 右辺のどの要素が欠けても 成果は挙がらない。
言い換えると、
『仕事の成果 = 心  × 技  × 体 の充実』 ではないでしょうか? どんな業種・職種でも。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-16 11:52 | 知的財産


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧