TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

進歩性の判断方法

進歩性を判断したい出願を 以後”対象案件”とする。


① 対象案件に ”最も近い先行技術”を選定する。
   ※ 対象案件の構成要件が なるべく多く書かれているものを選ぶ。
     (本質部分=解決したい課題+その解決手段 が書かれていればベスト。
      だが、そうでなくても
       *対象案件の本質部分以外が”最も近い先行技術”に 殆んど書かれていて
       *対象案件の本質部分が ”第2の先行技術”に書かれていれば、
      進歩性を否定できる可能性があるので、
      ”最も近い先行技術”は気軽に選定すればよい。)
   ※ もし 後の手順で進歩性を否定しきれなかった場合、
     新たに別の”最も近い先行技術”で進歩性否定の再チャレンジをしてもよいので、
     ”最も近い先行技術”は 気軽に選定して 手順②以降へ進めばよい。

② ”最も近い先行技術”で埋めきれなかった構成要件を認定する。

③ 埋めきれなかった構成要件を”第2の先行技術”で全て埋められるかどうか確認する。
   ※ ”最も近い先行技術”と”第2の先行技術”の間に
     組み合わせる動機付け[Motivation]があるかどうかを確認すること。
      ・・・ 次のいずれかの条件を満たしていれば よい。
       1) ”最も近い先行技術”と”第2の先行技術”の課題が共通。
       2) ”最も近い先行技術”と”第2の先行技術”の機能が共通。
       3) ”最も近い先行技術”と”第2の先行技術”の作用・効果が共通。
       4) どちらかの先行技術中に、
         他の先行技術と組み合わせると良いことの教示・示唆がある。
                       [Teaching・Suggestion]
   ※ ”最も近い先行技術”と”第2の先行技術”に、以下に挙げるいずれかの
     組み合わせ阻害要因がある場合は、進歩性を否定できない。
      (1) 先行技術中に、対象案件へたどりつくのを積極的に邪魔する記載がある。
       1) いずれかの先行技術が、
         対象案件のことを好ましくない、と述べている。
          (例. 本文中で 好ましくない、と述べている。
             比較例で 結果が劣るので好ましくない、と表現している。)
       2) いずれかの先行技術が
        「対象案件と逆方向のことをすべき」と述べている。[Teach away]
      (2) いずれかの先行技術に、
        他の先行技術と組み合わせるのを積極的に邪魔する記載がある。
       3) いずれかの先行技術が、組み合わせようとしていた
         他の先行技術のことを好ましくない、と述べている。
          (例. 本文中で 好ましくない、と述べている。
             比較例で 結果が劣るので好ましくない、と表現している。)
       4) いずれかの先行技術Aが、他の先行技術と組み合わせることによって
         本来果たそうとしていた目的・機能を 果たせなくなってしまう。

④ それでも埋めきれなかった構成要件を、
  ”最も近い先行技術+第2の先行技術で埋められた構成要件と
   機能的に関連しない構成要件 について書かれた先行技術”[単なる寄せ集め]
  あるいは”周知技術”
  あるいは ”自明な課題・容易に思いつく課題の解決手段”で
  全て埋められるかどうか確認する。
   ※ ”周知技術”とは、教科書・便覧1冊 又は 最低3特許文献以上に書かれている技術。
   ※ ”自明な課題・容易に思いつく課題”とは、原材料削減・軽量化・省スペース等。
     そうした課題を 世の中で知られている手段で解決しても進歩性なし。

⑤ それでも埋めきれなかった構成要件が、
  ”最適材料の選択”か”数値範囲の最適化”か”均等物への置換”かどうか確認する。
   ※ ”均等物”とは、”同一課題の解決手段・同一機能を有する手段”のこと。

⑥ 対象案件が 各先行技術に書かれてない”顕著な効果”を持っていないかどうか確認する。
   ※ ”顕著な効果”とは、予想外の”異質な効果”又は
                  ”同質だが 臨界的な変化のある効果”のこと。

--------------------------------------------------------------------------------
<参考>
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/08100123/005.pdf
  … 「”最も近い先行技術”+”第2の先行技術”に対して
     新しい構成 又は 予想外の効果があれば、進歩性が認められる可能性が高い。」
    と このページの筆者は言っている。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-12-25 21:49 | 知的財産

真に取り組むべき・ブレークスルーすべき技術課題、矛盾・とりあい・トレードオフ関係とは?

*ある目的・性能・品質Aを 達成・実現するために、〇〇を行いたい  /増やしたい。

*別の目的・性能・品質Bを 達成・実現するために、〇〇を行いたくない/減らしたい。

となった瞬間、
もう ”〇〇をいじる(最適化を図る)”ことは 考えるべきでない。

       ↓

△△、■ ■、☆☆・・・など 別の手段を行うことで、AとBの両立を図るべき。

       ↓

具体的に どうすればいいかというと、

 *Bに悪影響を与えない A向上手段を導入する。
   (少なくとも、
    「A向上手段である〇〇を、別時間 or 別空間で実施する。」という手はある。
        ・・・ TRIZでは このことを”分離原理”と呼んでいる。)

 *Aに悪影響を与えない B向上手段を導入する。

-----------------------------------------------------

まずは、矛盾が起きているのに気づくことが大事。

次に、TRIZ分離原理を知っていることが大事。

その次に、”課題解決手段は必ず複数ある”のを知っていることが大事。
       (①有害機能の”原因を除去”、あるいは”遮断・隔離”する。
        ②有害機能の原因からの作用への”耐性を上げる”。感度を下げる。
        ③有害機能の原因からの作用を”打ち消す”。前後で補償する。)
 
[PR]
by hugoniot | 2010-12-11 20:22 | 知的財産

進歩性とは?

<ケース1>

 *ある課題Aの 解決手段a が 既に文献で知られていた。
 *    〃   解決手段b も      〃

 その場合、
 手段a+b には進歩性がない。


<ケース2>

 *ある課題Aの 解決手段a が 既に文献で知られていた。
 *    〃   解決手段b も      〃
 *    〃   解決手段c も      〃

 その場合、
 手段a+b+c には進歩性がある?!


<ケース3>

 *ある課題Aの 解決手段a が 既に文献で知られていた。
 *    〃   解決手段b も      〃
 *    〃   解決手段c も      〃
 *    〃   解決手段d も      〃
 *    〃   解決手段e も      〃
 *    〃   解決手段f も      〃
 *    〃   解決手段g も      〃

 その場合、
 手段a+b+c+d+e+f+g には進歩性がある?!

-----------------------------------------------------------------

『ケース2,3の場合は進歩性がある。』
   ・・・ 3文献以上の組合せでは 進歩性を否定できないから。
        (そういう拒絶がされたのを見たことがないから。)
と思ってる人が 少なからずいる。


ありえない。。

「ある課題Aを解決しようとして 課題Aで文献検索し、
 ヒットした文献に書かれている 課題Aの解決に関するアイデアを
 全て組み合わせてみよう。
   ・・・ それが 現時点で一番 課題Aを高いレベルで解決できる手段だから。」
と考えて
試してみるのは当たり前。
  (※ただし、ある文献イが
     ①「◎◎(文献ロに書かれていること)とは組み合わせるべきではない」
    と言っている場合、
    あるいは
     ②「文献イの一部の構成を ◎◎(文献ロの構成)と置き換えると、
       文献イが本来果たそうとしていた機能が 果たせなくなる場合」は、
    文献イと文献ロを組み合わせようとはしない。
    また、
     ③ 文献が 進歩性判断対象発明のことを否定、または逆方向を勧める場合
    は それで進歩性を否定するのが不適当、と考えられるけど。)

そんな当たり前の 誰でもやろうとすることに対し、
『3文献以上のアイデアを組み合わせることには 進歩性があるので、
 それを出願した人に 20年間の排他権(≒独占実施権)を与えよう。
   ⇒ 他の人は そのアイデアを20年間 実施したらダメ。』
と制限をかけるのは 非常にバカげている。

なぜなら、
”他人の出したアイデアを 単に足し合わせているだけ”の人への優遇だから。
  (※「単に足し合わせたら 新たな課題が生じたので、それを世界で初めて解決した。」か
    「単に足し合わせても 課題Aを充分解決できなかったので、
     さらに(課題Aの解決手段としては知られていなかった)世界初の新工夫を加えた。」
     というのなら、
     立派な進歩であり、特許を与えるにふさわしい偉業だが。)


『ケース2,3の場合は進歩性がある。』と思っている人は、
 ×:全然 特許にならない他社出願への対策に時間を浪費し、
   本来 避けなくてもいい他社出願を避けることによって 自社商品の競争力を落とす。
 ×:全然 特許にならない内容を特許出願し、権利化を図り、時間とお金を浪費する。

注意しましょう。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-12-11 19:51 | 知的財産

”要素”を1つ増減すると、”機能”はいくつ増減する??

基本的には、
 「システムの中で、各構成要素は 何かしらの機能を持っている。」
 「システムに ある構成要素を加えると、新たな機能が加わる。」
と考えるべき。


要素A・要素B・要素Cから成るシステムに 要素Dが加わると、
 *要素D                   単独で生じる機能(作用)
 *要素Aと要素D           の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Bと要素D           の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Cと要素D           の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Aと要素Bと要素D      の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Aと要素Cと要素D      の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Bと要素Cと要素D      の組合せで生じる機能(作用)
 *要素Aと要素Bと要素Cと要素D の組合せで生じる機能(作用)
が現れる可能性がある。

有益機能(有益作用)ばかり現れてくれればいいのだが、
有害機能(有害作用)も現れる可能性がある。 いわゆる弊害・副作用。



逆に、要素A・要素B・要素C・要素Dから成るシステムから 1つの要素を取り除くと、
上の8つの機能が失われる可能性がある。

有害機能(有害作用)ばかり なくなってくれればいいのだが、
有益機能(有益作用)も なくなってしまう可能性がある。 いわゆる弊害・副作用。



だから、
システムを変える(要素を加える、要素を削る、要素を並び換える)時は
機能分析”(副作用の予測)をすることが大事。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-12-02 23:39 | 科学


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧