TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

①手段の”目的”・”機能” と、②物事の”原因” を考えるのが 問題解決のコツ

”目的”     ← 達成手段
             →
   欲しい”機能” ← 実現手段
             →

 ②欲しい 結果    ← 起こす”原因”
    嫌な 結果   ← 起こす”原因”



 ①手段の”目的”・”機能” 又は/および ② 物事の”原因” を考えることが、
 物事をコントロールして所望の結果を得る(=問題解決手段を編み出すコツ』

だと思う。



この『コツ』の表現は、
 ・目的展開
 ・FA(ファンクショナルアプローチ)、VE(バリューエンジニアリング)
 ・上位概念化、抽象化、帰納
 ・なぜなぜ分析 (現象の時間/空間サブプロセス分解、
            すなわち 現象が いつ/どこで どういう順番に起きているかを把握すること)
の要点を
ちゃんと 含んでいると思う。

また、日本におけるTRIZ普及第一人者である 中川徹先生の
「TRIZのエッセンス 50語の表現」の
 ・「問題を”システム”として理解し、」 は 『コツの①』+『コツの②』 部分
 ・「最初に”理想解”をイメージし、」  も 『コツの①』+『コツの②前半』 部分
 ・「”矛盾”を解消する」         は 『コツの②』+『コツの①』 部分
に対応し、
 ・「最小限の”リソース”で、」      は 『コツの①』+『コツの②』を徹底して
                           課題解決手段を挙げ尽くし、
                           その中から 最も安価な手段を選択する、
に対応すると思う。


そして、この『コツ』は
目的-手段系統図(=機能系統図、課題-解決手段系統図、思考展開図)
枝葉の充実のさせ方(=網羅的・MECEな 課題解決手段アイデア出し)の
『コツ』
と言ってよい。

これは 戦略的特許出願・知財活動の『コツ』であり、
昨今 流行りの 「オープン/クローズを使い分ける戦略的技術経営」の『コツ』である。

  
 
[PR]
by hugoniot | 2012-02-17 10:46 | 知的財産

論理(因果関係)が飛ぶと、アイデアが漏れる

『目的-手段系統図』
 http://fk-plaza.jp/Solution/solu_nqc7_3.htm
『機能系統図』
 http://www.cam.hi-ho.ne.jp/vpm_y-sato/essay018.htm
『思考展開図』
 http://green.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/2011Papers/MiharaTRIZSymp2010/J21jP-Mihara-100808.pdf
『課題-解決手段系統図』
 http://cipo.jp/raytec/column/20071011.html 【図14】
 http://sdb-ri.com/data/lecture/2011.04.20.pdf p.41~43
は いずれも”同じもの”を指している。


まずは、
 『最上位目的 (欲しい有益機能の抽象的・感覚的表現)
   →上位目的 (最上位目的の実現手段で、欲しい有益機能の具体的・物理的表現)
   → 中位目的 (上位目的の実現手段で、欲しい有益機能の実現手段コンセプト)
   → 下位目的 (中位目的の実現手段で、欲しい有益機能の具体的実現手段)
   → 下位目的の実現手段 (有益機能の具体的実現手段が直面する有害機能a を低減したい)
   → その実現手段 (有害機能aの解決手段コンセプト;
                 ①有害原因をなくす・減らす、遮断・隔離する
                 ②有害作用に対するシステム耐性↑
                 ③有害作用を打ち消す)
   → その実現手段 (有害機能aの具体的解決手段)
   → その実現手段 (有害機能aの具体的解決手段が直面する有害機能b を低減したい)
   → その実現手段 (有害機能bの解決手段コンセプト; ①原因↓②耐性↑③打ち消し)
   → その実現手段 (有害機能bの具体的解決手段)
   → ・・・・・・』
という具合に、
手持ち情報の範囲内で良いので
情報を 『目的・課題-手段軸で 階層化(ブレークダウン・演繹・シソーラス化)』するのが
問題解決の第1ステップ。
 http://sdb-ri.com/data/lecture/2011.04.20.pdf p.41~43



そして、
「見えている階層間に 未知の階層を発見」できたら
  = 「論理(因果関係)の飛びを発見」できたら

漏れていたアイデアを発見できる = 発明できるので、
 http://green.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/2011Papers/MiharaTRIZSymp2010/J21jP-Mihara-100808.pdf
第1ステップで作った 『目的・課題・機能-手段 系統図』を
 「右側(具体;手段)から左側(抽象;目的[用途]・機能・不具合発生原因)へ遡る」
= 「抽象のハシゴを登る」 のが 問題解決の第2ステップ。

--------------------

「見えている階層間に 未知の階層を発見」できるパターンとして、
いま 自分が認識しているのは 次の4つ。
 ① 手段の ”目的”を考える。
 ② 物事(手段)の ”機能”を考える。
 ③ 現象の ”原因”を考える。
 ④ 物事の ”共通点”を見つける。

これら①~④は
『抽象化・上位概念化・帰納・シソーラス化・グルーピング』 と呼ばれる思考である。
 http://kuwatriz.exblog.jp/17355546/

誰でも 多かれ少なかれ 自然に・無意識には行っている思考だが、
常日頃から意識して この思考を行う方が、問題解決アイデア出しの質・速度が向上する。

--------------------


「抽象のハシゴを登る」 ことさえできれば、
 ・登った先の概念=抜けていたことに気づいた概念
および、おのずと
 ・抜けていたことに気づいた概念の 下位概念
   (具体的手段、その直面する有害機能、その解決手段)
が 新たに見つかる。
      ・・・・・ これが 発明、問題解決、仕事、進歩。
          問題解決の第3ステップである。
            (第1ステップ・第2ステップを踏まずして
             第3ステップに到達することは、極めて困難。 ほぼ無理ではないか?)


以上の第1~第3ステップの感覚を、
有名な経営学者 P.ドラッカー博士は『イノベーションとは、未知なるものの体系化』 と名付けた。
 http://homepage3.nifty.com/kaku-chan/viewpoint/no_002.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/kashiwazaki_management/15535141.html
 http://takeshin1110.blog.fc2.com/blog-entry-27.html


なお、問題解決は 第3ステップで一旦区切りがつくが、そこで終わりではない。
新たな課題(ニーズ; ・別の種類の有益機能も欲しい、既存有益機能のレベルを上げたい、
              ・今まで気にしてなかった有害機能を減らしたい、
              ・コストを下げつつ、
              既存の有益機能レベルを下げず&有害機能レベルを上げたくない)
を設定し、
また第1~第3ステップを繰り返す。

このことを 父が、
『カイゼンに 終わりはない。』 と言っている。

 
[PR]
by hugoniot | 2012-02-05 22:58 | 知的財産


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧