TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

発電、蓄電の仕組み

電気は便利。

いかに電気を
効率的に作って、持ち運び、利用できるかが 温暖化抑止のキーポイント。

なのに 発電の仕組みも、電池の仕組みも無知。。


環境学部にいたって 意味がない。
結局は効率アップしないといけないんだから、電気や化学といった 要素研究をしなきゃダメ。
そこに気づいて、僕は大学院を2年で止めて モノ作り企業に入りました。

今から勉強していきます。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 03:11 | 科学

エントロピーとは?・・・イメージできれば簡単

拡散とは??

↓↓ このことです。

「ス~~ッ」
6畳の密室で お父さんが すかしっ屁(オナラ)をしました。
               ↓
「くさーい!!」
「誰がしたの?  ”ゴメンなさい”くらい 言いなさい!」

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

体から外に、臭い物質(メタンCH4 など)の原子が出される。 [激しく運動している。]
                       ↓
周りの空気(主に 窒素N2、酸素O2)の原子と衝突しながら、だんだん広がっていく。
                       ↓
鼻に届く。 メタン等の臭い物質が、鼻の匂いセンサー部の原子と 電気力で結合する。
                       ↓
鼻から脳へ、電子が送られる。 (「こういう臭い物質が来ましたよ~」というメッセージ)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こうやって、
『周りの原子と激しくぶつかりながら 段々と広がっていく』イメージ
を ぜひ頭に描いてみて下さい!

たとえば、
「満員電車の中を かきわけていくイメージ」を描いても いいですよ。
人間1人1人が 原子1つ1つだと思えば、イキイキとしたイメージを描けるかもしれませんね!

要は 何でもありです。
自分の好きなイメージで覚えちゃえばいいんです。
どうせ見えないんだから (^^)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こうやって 拡散のイメージを持っておくと・・・
「拡散した原子たちが、何の理由もなく 元の場所に戻ってくるわけがない。」
 = 「ほうっておけば、原子たちは どんどん拡散していく。」
 ってことが 分かるでしょう。

これが、大学1年の”熱力学”で習う
『エントロピー増大の法則(熱力学第二法則)』です。


メチャクチャ簡単でしょ?!
エントロピー? 熱力学第二法則? そんな言葉は いっさい忘れちゃってOKです。

そんな言葉を覚えちゃうから、思考停止しちゃうんです。(悲)
年50万円以上払って、バカになる。 ・・・ これが 世界の大学教育です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

バケツを2ヶ所に仕切って、
 *右側Aに90℃のお湯 
 *左側Bに20℃の水   を入れて、仕切りを静かに外しました。
さて、どうなるでしょうか??

当然、時間が経ったら
右側Aも左側Bも同じ温度になりますね。(20℃~90℃の間で。)

↓↓ これを かみくだくと、次のようになります。

仕切りを外す前はAの方が Bの方よりも 激しく原子が動いています。
     (「温度が高い = 原子が激しく 大きい速度で動いている。」 という定義。)
               ↓
仕切りを外すと、速い原子Aが 遅い原子Bにぶつかります。
               ↓
原子Aは遅くなり、原子Bは速くなります。
     (逆は起きませんね。 ビリヤードを想像して下さい。 それと同じです。
        *強く突いた白球は、他の球に当たると減速します。
        *ぶつけられた他の球は、速度を持ちます。
      でも、訳もなく高速の球は突然生まれません。球々の速度は平均化します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

熱も、オナラも 同じこと。
ビリヤードも、満員電車も 同じこと。

『周りの原子と激しくぶつかりながら 段々と広がっていく』

この一言で
「温度」、「拡散(熱移動、物質移動)」、「熱力学第二法則(エントロピー増大則)」
正確に、忘れることなく 覚えることができます。


勉強が得意な人は、
こういう絶妙&正確なイメージ・言葉を 数多く持っている人のことだと思います。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 03:10 | 科学

摩擦力とは?

<摩擦力>

走っている車を思い浮かべてください。 アクセル踏むのを止めてください。
  → そのうち止まりますね。 車体が持ってた運動エネルギーはどこへ行っちゃった??
  → ・・・・・
    熱と音に変わっちゃいました。

さて、『熱』 ・『音』とは何でしょうか??
どちらも原子の運動です。

車体が持っていた 一定方向の運動エネルギーが、
 *車体と道路の原子の ランダムな方向の運動エネルギー(熱)
 *空気を成す窒素や酸素原子の 運動エネルギー(音→最終的には熱)
という風に、ランダム・乱雑な方向の運動エネルギーに変わって 車体は停止。。


逆に周囲の熱や音を吸収して、いきなり車が走り出すことはありませんね。
これが 熱力学第二法則 『エントロピー増大の法則』です。
 (何の理由もなく、乱雑な方向のものが 一定方向に揃うわけがない。
  大学で習う 熱力学第二法則は、こんなに簡単なことを 難しそうに言ってるだけです。)
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 03:00 | 科学

張力とは? (慣性の法則に基づく理解)

<張力>
「張力はどこでも一定。」

僕は ”なぜ一定なんだろう?”って当時思いました。 でも質問しませんでした。
あぁ! あの時 質問していれば!
・・・その後15年 さまよわずに済んだかもしれないのに。。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

あるゴム紐を引っ張って伸ばしているのを想像してください。
 (伸び縮みさせるのではなく、伸ばした状態で固定して動かさない。)
その時に、ゴム内部の原子は どんな力を受けているでしょうか?

まず、
 『ゴム紐は動いてないので、内部のどの原子も 周りから受けている力の合計がゼロ。

↑↑ これは、有名な”ニュートンの運動法則”から言えます。

~ニュートンの運動に関する第一法則(慣性の法則)~
 『物体に力がかからなければ、物体は等速直線運動を続ける。』
    → 要は 『力がかからなきゃ 止まってるものは止まりっぱなし。

                      動いてるものは 方向・速さともそのまま 動き続ける。』

というわけで、
ゴム紐中の原子は どれ1つ取り出しても動いてないので、
「どの原子も 周りから受けてる力の合計はゼロ」 ということになります。
  (※周りから電気力を受けていることに注意! 合計がゼロ。 混同しないで下さい。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ではゴム紐が直径1cmだとしましょう。
その中心、つまりゴム紐の外側から5mm内側にある 1つのゴム構成原子に注目しましょう。
四方八方にある隣の原子から、電気力を受けていますね。
 (※隣の隣にある原子から受ける力は小さすぎるので 無視できるほどです。
  ※重力もかかっていますが、1原子にかかる重力は電気力に比べて微小なので無視。)

さて、いま注目している原子が 隣の原子に与えている電気力の大きさは いくらでしょうか?
 (右隣の原子との関係を考えてみましょう。)
『注目している原子が 右隣の原子に与える電気力は、
注目している原子が 右隣の原子から受ける電気力と 大きさが同じ』です。


*今回 たまたま右隣の原子との関係を考えましたが、
 左隣、上隣、下隣の原子とも 同じ関係が成り立ちます。
 『どの方向にも 同じ大きさの電気力を受けている。』 → 『だから合計するとゼロ。』

*たまたま ある1つの原子に注目しましたが、
 その隣の原子、 そのまた隣の原子に注目しても 完全に同じ理屈が成り立ちます。

*たまたま 直径1cmのゴム紐ということで考えましたが、
 直径1mmでも、直径0.1mmでも、直径1mでも 完全に同じ理屈が成り立ちます。

*たまたま材質をゴムということで考えましたが、
 絹糸でも、綿糸でも、ザイルロープでも、金属ロープでも 完全に同じ理屈が成り立ちます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

よって、次の法則が成り立つといえましょう。
『動かない物体内部で 原子が受ける力はどこでも同じ。周囲からの力を合わせるとゼロ。』

これは・・・
縮めようと、引っ張ってなかろうと、少し引っ張ろうと、思い切り引っ張ろうと 成り立ってます。

ということは・・・
『(紐の)端の引張力が大きいと、中の原子間の引張力も大きい。大きさは どこでも同じ。』
 ↑これが張力の法則です。
   簡単に言えば 『端でも中間でも どこでも張力の大きさは同じ。』

そうでないと、
「端だけ引っ張り力が大きい。真ん中では引っ張り力が小さい」
 →「周りから受ける力の合計がゼロでない原子がある。」
 →「その原子が動いてしまう。」からです。 
    (※引っ張り始めで動いている時はそうですし、ちぎれる時はそうなのですが。)


以上です。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 02:50 | 科学

揚力とは?(飛行機の翼と浮き上がる球は原理が違う)

揚力は、次の様子を想像するのが良いでしょう。
 ①紙飛行機や下敷きを投げる。 スキーのジャンプ。
 ②野球やソフトボールで、ホップする速球を投げる。

---------------------------------------------------------------

まず①の場合(板状物)について考えてみましょう。


揚力は、次の根本原理に基づいています。
『モノは(風・水などの)流れを受けた面と垂直方向に力を受けて、その方向に動く。』


なぜ そうなるか??

”面に当たる流れ=空気の分子” を想像してみましょう。
                ↓
”ビリヤードテーブルの壁面に当たる キューで突いた球” と同じ。
   (※空気分子を思い浮かべ、分子を球に置き換える・・・。
      この置き換えが 科学問題を考える時の最大のコツで、最も難しいところ。)
                ↓
”ビリヤードの壁面に向かって、斜め方向から球をぶつけた” としましょう。
                ↓
ビリヤードの壁面は、どの方向に力を受けるでしょうか??
                ↓
壁面について考えるのは ちょっと難しいので・・・
”壁面との衝突によって、球がどんな力を受けたか?” を代わりに考えてみましょう。
                ↓
球の速度は 衝突前後でどう変わったでしょうか?
                ↓
壁がエネルギーを吸収してしまわない理想的な反発(=完全弾性衝突)を想定します。
球の速度を、壁面に垂直な方向と/平行な方向に分解して考えることにします。
                ↓
(ⅰ)壁面に垂直な方向
 衝突前後で、速度は方向が逆になり、大きさ=速さは変わりません。
     → 「球が壁面から力を受けた」ということになります。

(ⅱ)壁面に水平な方向
 衝突前後で、速度は方向、大きさともに変わりません。
     → 「球は壁面から力を受けてない」ということになります。
                ↓
(ⅰ)(ⅱ)を合わせると・・・
壁面との衝突によって、
「球は壁面から、壁面垂直方向に力を受けた。」ことになります。
                ↓
ということは・・・
作用-反作用の法則 (ニュートンの運動に関する第三法則)により、
「壁面は球から、壁面垂直方向に力を受けた。」ことになります。
                ↓
ということは・・・
『流れ中にあるモノは、流れの分子から 衝突面の垂直方向に力を受ける』 ことになります。

【注】 ×:「流れの方向に力を受ける」            のではありません!!
    ○:「流れが衝突する面と垂直方向に力を受ける」 のです!!


だから、飛行機の翼は 風を受けて上向きの力を受ける。
この上向きの力を ヒトは「揚力」と呼んでいることになります。

「揚力」とは、
「流れ中の 空気(窒素や酸素)や水分子の衝突力」 これは 俗に言う 「応力」です。

そして「応力」は煎じ詰めれば
他のコラムで説明していますが、「電気力」ということになります。


「揚力」とは 流れの「衝突力」なので、当然・・・
 *向かい風の方が 揚力は大きくなります。 (追い風になると失速。。)
 *風を受け止める面積が広いほど、面と垂直な方向に大きな力を受けます。
    ・・・ただし、その方向が重力と反対向き=揚力になるかどうかは 話が別です。
    ・・・もし 面が鉛直に立ってしまったら、風から受ける力は大でも揚力down→失速。

----------------------------------------------------------------

次に、②の場合(球状物)を考えてみましょう。


浮き上がるような・ホップする球って どんな球なのでしょう?
             ↓
一言で言えば、バックスピンがかかっています。

サッカーボールでも、テニスボールでも、卓球の球でも、
野球の球でも、ソフトボールでも、バレーボールでも、ゴルフボールでも・・・何でもそう。


*回転数(バックスピン量)が多いほど、
*流れに対して速く動いているほど、  
大きく浮き上がりますね。 つまり揚力を得ています。

でも、この揚力は・・・
①板状物のように、「流れを受けた面と垂直の方向に 力を受ける」では説明できません。
説明できないってことは、理屈が違います。

回転によって、球が流れから力を受ける。・・・これは”マグナス効果”と呼ばれるものです。
 *バックスピンをかけると 球が浮き上がる。
 *トップスピンをかけると 球が沈み込む。
 *サイドスピンをかけると 球が横に曲がる。

なぜ、マグナス効果が起きるのか??
これは揚力と別の問題なので、他のコラムで考察します。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 02:40 | 科学

マグナス効果とは? (回転かけて、進行方向を曲げる)

『球が曲がるのは なぜ?』
・・・
原因は
『ボールに横回転がかかっているから。』
                   ↓
「横回転さえかかっていれば、必ず球は曲がるのでしょうか?」
・・・
「いいえ。」
                   ↓
~マグナス効果~
①抵抗がある
(例. 水、空気)②流れ中で、モノを③回転させつつ動かすとモノは曲がる。』

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マグナス効果を正確に知っていれば、いろんな現象をスパッと説明できます。

~ 曲がらないケース~
抵抗がない真空下では、モノが回転しながら動いても 曲がらない。 (例. 人工衛星)
②モノを回転させても、周りに流れがなければ 曲がらない。 (例. コマ)
無回転のモノは、抵抗がある流れの中を動いても 曲がらない。 (例. 横回転のない直球)


「①も②も③も満たす時にだけ モノは曲がる。」
逆に言うと、「①か②か③の どれか1つでも欠けたら、モノは曲がらない。」

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

空気がある所でゴルフをしてる限り
①空気抵抗、②流れ が必ずあります。  (※球が飛ぶ=球の周りを空気が流れる。)

よって・・・
『ショット時に ③横回転がかかったら、必ず横に曲がる。』
  ⇒ 『横に曲げたくなければ、横回転させない。』

これを強く、強く 意識することが 何より大事。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「横に曲がる時は、横回転が かかってる。」

これって、当たり前なんですよね~ (爆)
 *野球やボーリングで、ボールをカーブさせたり シュートさせたりするには 回転をかける。
 *卓球やテニスで、スライスボールを打つ時は カットに打つ。(カット=アウトサイドイン軌道)

誰だって、大なり小なり
 *曲がる球を 投げたり/打ったりできる。 (狙ってなかったり、無意識かもしれないけど。。)
 *もっと 球が曲がるように 工夫してる。  (例. 強くひねる。薄い角度で切る・・・) 


マグナス効果を科学的に理解してなくても、(?)
 *松坂大輔投手は メチャクチャ曲がるスライダーとカーブを投げれて、120億円を稼げる。

マグナス効果を完璧に理解しているのに、
 *僕は スライダーもカーブも曲がらず、年収400万円くらいの稼ぎ。(爆)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんなことなら、科学知識は必要ないか?? (苦笑)
                ↓
「そんなことはない! 科学的に考えられる方がいいし、そうすべき」 と 僕は思います。

なぜなら・・・
科学的に考えられれば、改善ポイントが ハッキリ分かるからです。
 *変化球を投げるポイントは ①抵抗を大きくする ②流れを速くする ③回転を速くする。
    (ただし、これが成り立つのは回転系の変化球。 例えばカーブ、スライダー、シュート。
     無回転系の変化球 フォーク、ナックル、パーム、チェンジアップは別です。要注意!)
 *スライスを治すポイントは ③横回転を抑える。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 02:30 | 科学

失速とは?

失速には、次の2種類があるのではないでしょうか?

①重力に対抗する揚力が失われた場合。
②進行方向の摩擦抵抗が大きく、進行方向のスピードが失われた場合。


摩擦抵抗が大きくてスピードが落ちると、揚力も落ちるので ダブルショック。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下では、摩擦抵抗の大きさについて考察します。
    (①揚力downについては、揚力のコラムをご覧下さい。)

これは
 (1)ゴルフボール
 (2)松坂投手の高速スライダー  について考えるのが一番!

------------------------------------------------------------

(1)ゴルフボール

昔のゴルフボールはツルツルだった。
ある時、傷がついたボールを打ったら よく飛んだ!!
   → それから わざと凹凸(ディンプル)を付けるようになった。

球の表面に凹凸を付けると、
球の表面近傍の空気層が 球から剥れ離れる点が、表面凹凸のない場合より後ろへズレる。

そうすると、なぜか摩擦抵抗が小さくなる。
さて なぜでしょう??
・・・・・
分かりません。。 ボチボチ考えていくことにします。

ディンプルの形、大きさ、深さは 今も開発競争されてるホットな分野。
風車の翼、飛行機の翼、新幹線や車の車体形状、競泳水着・・・ 
これらの性能を高めるためにも、「なぜ、どうすると摩擦抵抗が変わるか?」は重大関心事。

------------------------------------------------------------

(2)松坂投手の高速スライダー

松坂投手のスライダーは、他の投手よりも 打者から見て反時計回りに回転しているらしい。
そうすると失速しにくいとのこと。。 

本当か?? 意味が分からない。。
まだまだ 流体力学(境界層剥離→摩擦抵抗upで失速)は奥深い!! 要研究~♪
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 02:27 | 科学

表面張力とは?

表面張力は 電気力です。
  (重力でも、磁気力でも、核力でもないのだから、原因は電気力。)

------------------------------------------------

表面張力を考える時は、
 *ハスの葉の上で 水が丸くなる様子
 *水銀をこぼしたら 丸くなる様子
 *ゆっくりと シャボン玉を膨らませている様子 など
”丸くなる”様子を 思い浮かべましょう。

液体中の分子は、お互いに引っ張り合って ある程度 結びついています。
 (そうでなければ、どこかへ分子が飛んでいってしまう。 それが蒸発。
  蒸発とは、液体が周りの束縛を逃れて 自由に飛び回る気体になるということです。)

たくさんある分子が、お互いに引っ張り合う。
その結果、どんな形になるか? ⇒ 球になりますね。
                         (それ以外の形になるわけがない。)
だから、『液体は、本来丸くなる』と考えましょう。

-------------------------------------------------------

・床に水をブチまけると全然丸くならないのは、
 水が地球から重力を受けて引っ張られ、潰れてしまうのが理由です。

・小さな水滴でさえ、丸くならない場合があるのは
 水と引っ張り合いたがる物質が傍にあって、そちらに引かれるからです。(=濡れる)
    →水と引っ張り合いたがらない油の上に 水を少量垂らすと、丸くなります。

・水よりも水銀が丸くなりやすいのは、
 水銀が水より多くの陽子・電子を持ち(=分子量が大)、分子間の電気引力が大きいから。

------------------------------------------------------

濡れやすいモノ(=自分と引っ張り合いたがっているモノ)には、どんどん濡れる。
そうやって・・・
細い管=狭い空間壁を伝ってドンドン濡れていくのが、毛細管現象です。

メチャクチャ簡単ですね!
演習の計算問題をゴリゴリ解く訓練なんて 本来しなくていいんです。。

どういう現象かを、きっちりイメージできることが大事。

正しいイメージ&理論を知っていれば、ちゃんと基礎から考えられるから、
応用が利いてモノ作りできるし、計算したきゃ計算できる。

-------------------------------------------------------

初めから計算ありきのモノ作りなんて ありません。 理論の基礎がないと×。
欧米が作ったモノをマネ、安い賃金&長時間労働でカバーする時代は もう おしまい!!
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-13 02:22 | 科学

相転移とは?(非線形現象、複雑系)

相転移とは、「突然の状態変化」のこと。
            「非線形現象」と呼んでも良いです。

------------------------------------------------------------------
~いろんな非線形現象~

・三相(例. 氷/水/水蒸気)、三重点、超臨界・・・物理変化

・第四、第五の相 (液晶、プラズマ)

・結晶構造、自己組織化

・層流と乱流

・化学変化

------------------------------------------------------------------

水を20℃から 19℃→18℃→・・・・5℃→4℃・・・1℃→0℃→-1℃・・・と下げる。
4℃と0℃が 相転移点。
 *4℃までは冷やすほど密度が上がる。 それより冷やすと密度が下がる。
 *0℃以上は液体の水。 0℃より低くなると固体の氷。 見た目からして明らかに違う。

水を90℃から 91℃→92℃→98℃→99℃→100℃→101℃・・・と上げていく。
100℃が相転移点。
 *100℃未満は液体の水で存在できる。 100℃以上は気体の水蒸気になる。
      (ただし、大気圧下の場合です。 
         ・高圧下では、101℃の水もある。
         ・低圧下では、99℃でも水ではいられず 水蒸気にならざるを得ない。)

------------------------------------------------------------------

温度によって ”固体⇔(液体)⇔気体” と状態変化するのは超有名。
中学生でも 次の言葉を知っている。
 *融解⇔凝固、沸騰⇔凝結、昇華 という 各相の状態変化を表す言葉
 *融点、沸点、昇華点という 相変化が起きる温度を表す言葉

これは 立派な相転移であり、非線形現象です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

他にも多くの非線形現象がありますが、怖がる必要はありません。

特に、水の4℃における相転移を理解していれば大丈夫。
摩訶不思議ですよ。 この現象は・・・。。

ふつう、
冷やす=原子の運動速度が小さくなると、1原子が動ける=占める空間は小さくなる。
つまり体積が小さくなる。
・・・・
でも、体積が小さくなっても 中にある原子の重さは変わらないので 密度・比重は増す。
要するに ズシリと重くなる。
・・・・
 *ふつう冷やしていくと、ドンドン比重が重くなる。
 *冷やすと 気体→液体→固体へと変化する。
・・・
よって、固体を液体に放り込むと 沈むのが当たり前。
なのに、氷(固体)は水(液体)よりも密度・比重が軽くて浮かぶ。


なぜ??
  → これを考えるようになったら もう最先端の科学者みたいなもの。
     逆に言えば、
     ここくらいまで考える意気込みさえ持っていれば、どんな仕事も怖いものなし。

--------------------------------------------------------------

今は 揚力・失速のあたりが産業的に見て 面白いと思います。
    層流⇔乱流の相転移メカニズムを解明することが キーポイント。

そばのコラムに書いてありますので、興味があれば どうぞ。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-03-12 12:15 | 科学

安全活動について (因果律が大事)

『危険源に』、『接触したら』、ケガをする。

これがリスクアセスメントの考え方。
去年知った時に衝撃を受けました。 そう!その通り!!


巷で
「安全感度を上げることが全て」とか 「危険予知能力を上げる」とか
「安全を全てに優先します」だとか 「決めた事は徹底して守ります」とか言われてるけど、
どれも 覚えなくていい余計な言葉。。


*「危険源」を認識できなきゃアウト。
    ・・・認識してても、「接触」しちゃったらアウト。 
               ↓
危険源に関する勉強が必要。
   (切れ、こすれ、挟まれ、転倒・墜落、爆発・火傷、薬傷、感電、中毒、窒息・・・
      *特に下線を引いたものは専門知識が必要。
      徹底した教育で100点を取らせる。←ここで妥協したらダメ。
      *切れ、こすれ、挟まれ、転倒・墜落は教える必要なし。
       理屈をこねるほどバカになる。

        「鋭いモノに触れば切れる」 「ザラザラしたのに触ればこすれる」
        「動いてるモノに触れば挟まれる」 「足場が悪けりゃコケたり落ちる。」
       ただ、それだけのこと。)

危険源をなくすことが必要。
   ・・・モノがなければいい。 → いつもスッキリさせる。(整理整頓)
                        モノをできるだけ買わない。いらなくなったら捨てる。

※この「整理整頓」 、「買い物の判断」 &「捨てる判断」が難しい。
     ・・・ ある”目的”があって、
        「買い物」し、効率よく使えるように「整理整頓し」、いらなくなったら「捨てる」。
                   ↓
        『”目的意識”が薄い人は 上手にできない』
          (簡単な整理整頓は誰でもできるけどね。 「使ったモノを元に戻す。」
           でも買い物したモノを収める入れ物を作って、効率よく配置するのは難しい。
           歩数を測って最適化するのがトヨタ。 突き詰めると利益2兆円いっちゃう。)

『”目的意識”が薄い人は上手にできない』 って言っちゃうと抽象的で伝わりませんね。
もっと具体的に言うと、
『サラサラと「目的→手段→その手段・・・」という関係を書けない人は上手にできない。』
         (結果←原因←そのまた原因・・・)


これは、とても とても根深い 問題なんです。
 ・目的と手段がしっかりつながっている(人生の目的がハッキリしている)人が少ない。
 ・原因と結果がしっかりつながっている(科学が凄く得意な)人が少ない。
     ⇒ ・危険源に関する理解が浅い。
        ・効率よい「整理整頓」、「買い物」&「捨てる」判断が不十分で危険源が多い。
     ⇒ 災害の起きる確率(リスク)が ある一定以上残る。
     ⇒ やっぱりケガが起きる。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

過労働・過労死や、仕事の悩みによるウツ・自殺も 問題の根っこは同じ。
                 ↓
サクサクと仕事ができれば、この種の問題は起きない。
 (逆に言えば、サクサク仕事ができない限り この種の問題にハマる恐れが 誰にでもある。)
                 ↓
『仕事とは何か?』 
『どうやって(効率的に)仕事をやればいいのか?』 というテーマに行き着く。
                 ↓
『紙にサラサラと、MECEに
 「目的→手段→その手段・・・」を書けない人は 仕事の効率が低い。』
  (結果←原因←その原因・・・)
                 ↓
この世の『因果律』 (あらゆる事=結果には、必ず原因がある) を
固く信じていないと 恐らく 紙に書いて考えない。
                 ↓
実生活で 因果応報を痛感するか、
学校で 「この世には重力・電磁気力・核力しかない。(力学に精通する)」を痛感する。
という経験をしないと、 恐らく『因果律』を固く信じる気にならない。
                 ↓
実生活でも、学校の勉強でも 何でもいい。
『因果律』を意識して考えることによって得られた”成功体験”がないと 恐らく信じられない。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・因果律を知っていれば、学校の勉強で100点を取れる。
・       〃       努力(原因)が報われる(結果)ことが分かるので、努力する。

☆原因のない結果はないんだから、何でも因果律に基づいて考えればいい。
   ・・・ 長々と因果関係を追うのは難しい。 だから紙に書いて因果関係を考える。
      それが努力。それが仕事。それが危険予知。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

因果関係を考えられる人=目的意識がハッキリしている人=感度が高い人が安全

これは学歴、年齢の問題じゃない。
生まれつきの頭の問題でもない。 後天的な問題。
  → だからこそ 誰でも、いつからでも気づけるはず・・・と信じてる。
    要は「書いてトレーニング」すればいい。 実体験だから、そう強く言える。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-28 05:41 | 健康(フィジカル)

80を切る!

ふだん お酒を飲んでも飲まなくても 6時間くらいしか寝ないのに・・・
テニス2時間×お酒を飲んだ 昨日は 10時間も寝ちゃった。

原因は テニス。
むかしむかしも 朝から晩まで12時間 野球をすれば 爆睡してたけど
まさかテニス少々で こんなにグッスリ眠るようになるとは。 運動不足。。

昔よりも ラケットの面作りが上手になって テニス上達してるけど、
ダッシュが遅くて 追いつけない球がいくつかあった。 昔より15kg太ったからね~。

疲れやすくなったのも ダッシュが遅くなったのも 運動不足だから。
太ったのも たぶん運動不足だから。
ゴルフじゃ ちっともカロリー消費しないから、もっと激しい運動をやらなくちゃ。


ゴルフのスコアもウエストも90以上なのを、今年中に80以内に押さえ込む。』
これを目標にしようっと。


ここ数年(知的財産の)仕事は十分打ち込んだし、いくらやってもキリがない。
運動する時間を惜しんで、体調を犠牲にして(太って)まで やるほどのもんじゃない。
今年は仕事をおろそかにしてでも 運動しようっと。

あまりにも 「何のために仕事してるか?」を考えずに 打ち込んじゃった。
太って早死にしたら ちっとも良い事ない。 しかも自爆。。
健康で長生きさえすれば、いくらでも仕事できる。 家族に/社会に貢献できる。

ていうか、そもそも 何かに打ち込むのが好きなだけで
それほど仕事が好きでもないんだよな~。 勉強だってそう。
「打ち込んだからって 何になるの?」って聞かれたら 言葉に詰まっちゃう。

大枠でいったら これまで30年近く、勉強と仕事に打ち込んできたようなもんだな。
特に好きでもないくせに(^^;)
楽しかったし、振り返って悔いはないけど
これからはライフスタイルを変えて、もっと幅を広げて いろんな事を楽しみたい。
 (自分を変えないと、仕事もこれ以上はかどらないような気がする。
  「効率上げて、早く帰って、遊ぼう!」って率先垂範しないと。
  今までは浮いた時間を仕事に再投入してきた。
  どんな酷い仕打ちをされても怒らず、感情を押さえ込んで 機械のように仕事に邁進。
  自分は仕事が一番の趣味だから まぁそれで良かったんだけど、これじゃ周りはついてこない。
  次の仕事の目標は、「新しい仕事の仕方を広げる」「周りの仕事のやり方を変える」こと。
  その目的は労働強化じゃない。 でも今の自分の様子を見た人は誤解しかねない。
  「自分はそんなに働きたくないよ。楽したい(サボりたい)」と。 それじゃ不本意。
  楽して怠けたいなら、なおさら 今の仕事のやり方を変えるべき。
  自分も楽したいから、効率を上げることに執着してきただけ。 誰だって目標は同じ。
  「楽したい」という1点で、どんな人も一致団結できるはず。
  団結したら、ホント良くなる。楽になるし、時間もお金も生まれて 今よりもっと楽しくなるはず。)
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-25 18:37 | ゴルフ・野球・テニス

肯定的・前向きな表現を心がける

今日はまた一段と 上司さんとの相互理解が深まった。

ていうか、何を上司が言いたがっていたのかが分かった。
上司の器の大きさ、辛抱強さ、マネジメント力の高さが分かった。


論理思考、ムダ減らし、効率アップにかけては
ちょっとやそこらの人には負けない。 上司には負けない。 と思い上がってたけど(^^;)
ここ3日ほど 反省させられっぱなし。。

今日気づかせてもらったこと・・・
*「自信持ちすぎ」→ 「なんでも1人でやっちゃおうとしすぎ。」 → 「他人を動かすのが苦手。」
*「白黒ハッキリさせようとしすぎ。」→「聞き手が抵抗を感じる。特に否定的な話し方をすると。」

特に後者は気がつかなかったなー。。
ダメなものはダメと決着をつけて、早く次の新しい前向きな事に取り組む方がいいと思ってた。
自分はそういう考え方に慣れてるし、否定するのは 前向きになる準備だと思ってたけど
ふつうは否定的な話の流れになると それだけで嫌な気分になってしまうんだね。

せっかく同じ事を言いたいんだったら、肯定的・前向きな表現をしなきゃね。 ごもっとも。
これって、発明アイデア出しや会議の時の 基本中の基本なんだよなーー。。
人一倍 そこらへんの理論に詳しいはずなのに ついつい間違ってしまう。
しょせん まだ分かってないんだろうな。 本当に分かってたらできるはずだもん。

否定的・後ろ向きな表現をするとロクなことがない。 ドン詰まった気分になるだけ。
どんどん暗~くなっちゃう。 自分で自分の首を絞めてるようなもの。
それも 理論的に よくよく分かってるつもりなのになー。 それでも しょっちゅう誤作動する。
なんでだろう? 感情の力って恐ろしい。 ちょっとやそっとの理性じゃ御しきれない。

しかも感情って伝染するね。 ネガティブな人と長く接すると、影響を受けちゃう。
とにかくネガティブでいいことは まずないから、「○○ない」という表現をNGワードにしよう!
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-16 21:16 | 心理学(メンタル)

中途半端な右翼は、国益を損ねるから喋らないで!

日本人が 「侵略戦争」を「自衛戦争」にすりかえたら、韓国・北朝鮮・中国の人は どう思うだろうか?

絶対に許さないだろう。
反日教育をする。 あちこちで日本の邪魔をしようとする。
混乱に乗じて、竹島や尖閣諸島を獲りに行こうという発想も生まれる。 

だから、「あれは自衛戦争だから仕方がない」だとか
     「当時は、そういう時代だった。やらなければ やられていた。」だとか
     「占領時代にいいことだってした。鉄道を敷いて、病院も建てた。」だとか
     「南京大虐殺の20万人という中国政府発表は嘘だ。もっと少ない。」などと
      (※たとえ200人でも/20人でも 民間人を殺せば それは虐殺。謝罪すべき。)
韓国・北朝鮮・中国の人たちの感情を 逆撫でするようなことを言ってはならない。


中途半端な右翼が、そういうことを言う度に 日本の国益が損なわれる。
悪いのは 反日教育をする 韓国・北朝鮮・中国政府ではなく、
      朝日新聞や毎日新聞や日教組でもなく、日本の中途半端な右翼。

真の愛国者なら、
「侵略戦争」を素直に認めて謝罪の気持ちを示した上で、国内左翼や他国に向かって意見すべき。
  
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-14 08:49 | 歴史・宗教・政治

あっ 土星だ!!

1986年にハレー彗星が接近するのが話題になって、父が望遠鏡を買ってくれました。
(ゲッ 21年も前。。 しかも そんな昔にもう小学校4年生だったんだ。。)

その時のハレー彗星は条件が悪くて、高度10° しかも4~5等星と暗かったので
まだ星を見慣れてなかった当時、 彗星を見つける事ができませんでした。
  ※1等星は100m離れた場所に置いた白熱灯1コ位の明るさ。
    6等星はその100分の1の明るさ。 5等級違うと明るさが100倍違うという定義です。
       → 「1等級につき、明るさが[100の5乗根]≒2.51倍になる」
          (ここで等比級数や○乗根の考え方を身に付けました。
           趣味だったからイキイキとしたイメージを持てて、忘れなかったのかも。
           学校で習うのは中3か高1~2の数学。 先にイメージ掴んでると勉強が楽。)
    ちなみに金星は約-4等星。つまり1等星と 1-(-4)=5等級違うので100倍の明るさ。
         太陽は約-26等星。1等星の100倍が-4等星、その100倍が-9等星、
                      その100倍が-14等星、その100倍が-19等星、
                      その100倍が-24等星、その2.51×2.51倍が-26等星。
                      つまり1等星の100×100×100×100×100×2.51×2.51
                                ≒6兆3100億 倍の明るさです。
                      (2.51×2.51×・・・×2.51と27回掛けても同じ結果です。)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2.51なんて27回足しても67.8にしかならないのに、
        27回掛けると6兆を超えちゃう。
これが倍々ゲームの恐ろしさ。 借金が雪だるま式に増えるカラクリ。
                      
真にイキイキとしたイメージで等比級数を理解していたら、
 *恐ろしくて多額の借金をできないんじゃないか?
     → ローン破産する人は大幅に減るんじゃないか? と思うのですが・・・。
                      
期待値が分かっていたら、
「パチンコ・競馬・競輪・競艇とかのギャンブルをせず、
 日頃ムダ遣いせず、 本業を頑張って、お金を殖やして(固い債券・株を中心に)、
 大きな買い物する時に一括払いする(金利負担を減らす)。」
それが一番お得な買い物法だ・・・って結論になるはず。
                      
学校で ”等比級数”と”確率(期待値)”はサラリと流しちゃうんだけど、
これを実生活に生かせるくらい 子供に教え込むのが大事なんじゃないかなー と思います。

でも・・・                      
「子供の頃から投資教育をしよう」って動きが 一部の学校にあるらしいけど、
証券会社や財務省の手が加わったカリキュラムじゃ、かえってアダとなる恐れがあると思う。

*「売買手数料がデカイ→長期保有が基本」 って事を教えると、証券会社は損するから 隠す。
*「金融取引の税負担・控除」をきっちり教え込むと、節税上手になって税収減るから隠す。
要は『玄人が、自分の飯のタネを 素人に教えるわけがない』
だから、いつも素人は 美味い話に引っ掛かってヤケドする。。

「引っ掛かる方が無知で悪い。世の中、しょせん騙し/騙されでしょ♪」
と言っちゃえばそれまでだけど、なんか嫌だなぁ。

CMに競って美人を並べて、20%の金利で借りさせて、生命保険を担保にする。
返済が滞ると 他から借りさせたり、厳しく取り立てて自殺に追い込む。(僕でもできる単純作業)
そんな業者のCMがゴールデンタイムに堂々と流れる。
街中いたるところにデカデカとした看板が溢れてる。
政府が騙し/騙されを推奨してるようなもん。。
   (公営ギャンブルやパチンコで身を持ち崩す人もいるし、宝クジだってメチャ割が悪いし・・・
    1つ文句をつけ出したら、どんどん波及しちゃうけどね。。)

お金に関するホントの事を、包み隠さずちゃんと教えないと、
バリバリ論理思考のハゲタカファンドに対抗できない。
本業で汗水垂らして稼いだお金を ハゲタカにさらわれちゃたまんないでしょ。
今までは、いいようにヤラれ放題。。
日本人として、これを いつまでも ほうっておくわけにはいかない。
                     

常に『利回り(等比級数)と、期待値(確率)と、収支のバランス』
を考えてれば、ハゲタカから身を守れる。
 (ハゲタカの行動パターンは、論理的なだけにシンプル・単純。)

これは私生活設計にも、仕事(経営)にも役立つ考え方。
ムダが減るから、時間もお金も有効に使えて、環境にもいい。
いいことばかり。

ここまで承知で、
なお お金を借りてチャレンジするのは ナイス・チャレンジ(例. ベンチャー企業)。
チャレンジ・起業と、ギャンブルは似てるようで全然違う。
前者はハイリスク・ハイリターン。 後者はハイリスク・ローリターン。
 (ちゃんと分析して稼ぐパチプロは全然ギャンブルじゃない。
  馬を見に行く競馬、感動を見に行く競輪・競艇なら 大いにOK。
  一攫千金を夢見る宝くじもOK。 要は楽しければOK。
  でも、度を越すと破産する。
  そこまでいかなくても、住宅の頭金が少なくなって 金利負担が増えるので
  中高年で自由に使えるお金が減る。
  先に浪費したら、後でガマンするしかない。 先にガマンすれば、後で楽をできる。
  どっちにするかは個人の自由。 ただし結果責任は自分で取りなさい!と子供に教えなきゃ。)

さっきは 消費者金融から借りた人をかばったけど、
借りた金を返さないのは なんてったって悪いと思うよ。 だって返されなかったら嫌でしょ?
ハッキリ言って「貸し手規制」なんてしなくていいと思うよ。 自己破産制度だけで十分でしょ。
借りたら お礼に利子をつけて返すのが当たり前。 借りたら返す。 当たり前でしょ。
返せなかったら担保を差し出す。 懸命に働いて返す。 当たり前でしょう。

そういう 当たり前のことを ちゃんと教えておけば、
”教育基本法の改正”や、”ゆるみ教育”の改革なんて わざわざ しなくたっていいと思う。
あとは淡々と破産処理し、ひどい奴は逮捕して、責任を取ってもらえばいい。

これって厳しいかなぁ~。 人によっては厳しく聞こえるだろうなー (^^;)
でもね、簡単な事を包み隠して茶番劇するのは あまり面白くないよ。
だって現に 苦しんでる人がたくさんいるんだもん。 
茶番劇をみんな楽しんでるなら、こんなこと言わない。 でも、そうは見えないなぁ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

確かその1986年の夏。
父と一緒に 自宅のベランダに望遠鏡を出して、月を見てました。

そして 当てもなく 南の明るい星に筒を向けたところ・・・
普通の星のピンぼけ状態は まん丸なのに、その星は やたら扁平な卵型。

ピントを合わせていくと・・・
輪を持った土星が クッキリと!!  メチャクチャ 感動~☆

(父も 初めて土星を見た時が 一番感動したと言ってます。) いい思い出。


人類で初めて土星を望遠鏡で見たのは・・・ ガリレオかな??
誰か分かんないけど、きっと たまげた だろうな~。 まさか あんな形をしてるなんて。

今や ネット画像や図鑑で、ハッブル宇宙望遠鏡や惑星探査機が撮った
色鮮やかで巨大な土星の写真を手軽に見れるけど、
望遠鏡で見る、小さくて単色だけど 素朴な生の土星も ぜひ1度見てもらいたいです!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

財政破綻が心配で、どうやったら自衛できるかな? 止められるかな? と思って
最近だいぶ お金の研究してきたけど、結局のところ無味乾燥すぎて つまんない。
ロマンがないんだよね~(^^;) そりゃあ紙切れだもんね。 お金なんて。
お金に一喜一憂してストレス溜めちゃいけないな。自分がお金の奴隷になっちゃいかんな。
自分はお金の主人になって、今と将来を 素直に楽しく過ごそう!
と 心から思えるようになったのが大きな収穫。


お金で買える時間は買う。 それでも限られた 残り短い時間を充実させていきたいな~。
既にもう29年も使っちゃった。 生まれてから今日で10,663日目。
元気でいられるのはせいぜい あと50年 ≒ 18,250日 ≒ たった438,000時間!

お金だったら 438,000円くらい ペローンと使っちゃう (^^;)
ヤバい! こうしてるうちに3円(3時間)も使っちゃった。

ひょっとしたら残り1,000円くらいかもしれないし。。
東海地震が起きたら ここ富士宮は 確実に震度6強~7だし。。

今日からますます、好きなこと・やるべきと思うことを しようっと☆
夢のあることがしたい。 夢の世界で遊びたい。(逃避するんじゃなくて。)


*宇宙って凄く魅力的。 凄く不思議。 土星の輪ってホント芸術的。 とても美しい。
 飽きもせず親友と色んな星をよく見に行ったよ。 懐かしいなー。
 いつか宇宙旅行するのが夢。 皆既日食を見るのが夢。 ハレー彗星を見るのが夢。

*囲碁は盤上の小宇宙って感じで凄く好き。 シンプルだけど複雑。 美しい。
 最近は遠ざかってるけど、年を取ったら打ち込んで、アマ県代表くらいになるのが夢。

*ゴルフは山あり・谷ありが ヒトの感情の起伏そのものって感じで凄く好き。
 狙い通りいった時はホント快感。 ラッキーはちょっと嬉しくてニヤケちゃう。
 ミスると悲しい。 同じ失敗を繰り返すとムカつく。 やがて悩む。立ち直ると凄く嬉しい。
 だいぶメンタルをゴルフで鍛えたな~。 おかげで仕事(知財改革)を頑張り切れた感じ。
 これからは純粋にスポーツとして楽しんで、まずはシングルプレーヤーになるのが夢。
 72を切るアンダーパーが夢。工場のコンペで優勝するのが夢。シニアプロになるのが夢。
 年齢より少ないスコアで回るエージシュートが夢。 全ホールでバーディー取るのが夢。

*貧困をなくすのが夢。 (温暖化しても寒冷地へ移住すればいい。)
*戦争をなくすのが夢。 核兵器廃絶が夢。 (先の戦没者の御霊に報いなきゃ 日本人の恥。)
*うつ病、自殺をなくすのが夢。(安楽死・尊厳死はあり。) 労災をなくすのが夢。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-12 00:36 | 宇宙・天文・地学

歴史を学ぶメリット

歴史は いくつかの観点で整理することができるでしょう。

・戦争の歴史
・科学技術発展の歴史
・文化発展の歴史

そうすると、歴史の入試でいい点が取れます。
やった~!!?


そんなことは 実はどうでもいいことで、
歴史を勉強すると 次のようなメリットがあると思います。

・よく歴史を学べば、過去と同じ失敗を繰り返さずに済む。
・純粋に 自分の知らない時代を知ることは楽しい。 興味深い。
・年を取った人と話が合う。 外国人と話が合う。
・どのような歴史をたどったか知ることで、将来を考えるヒントになる・・・ことがある。
    (本当は 歴史とは無関係に、今ある問題を科学的に分析すれば解決できるけど。)

 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-11 21:26 | 歴史・宗教・政治

不都合な真実 (ダイエット編)

『体重の絶対方程式』
(吸収カロリー) - (消費カロリー) > 0 なら太る。
         〃          < 0 なら痩せる。


カロリー過剰 → 内臓脂肪 → 脂肪肝 → 血中の中性脂肪up & 善玉コレステロールdown
          → 動脈硬化・糖尿病・心筋梗塞、急性膵炎 → 死亡。。


去年の春に 中性脂肪で検診に引っ掛かって、
お医者さんに 「血がラード状態のドロドロです。 すぐ痩せなさい」って叱られちゃった。
そして、同時期に回覧された健康だよりに載ってたのが、冒頭の 『絶対方程式』 (^^;)

人体も 「質量保存の法則」 「エネルギー保存の法則」から 逃れられないな~って実感。。


生まれて初めて ダイエットについて調べてみて分かったこと。
暴飲暴食せず/運動するしかないのに、ダイエットグッズ・ダイエット食品に逃げを求める。
中途半端にしか やらないから痩せない。 せっかく お金かけても意味がない。。

太る理由があって太るんだから、食べ方・体の動かし方を変えなきゃいけないんだよね・・・。
まるで、考え方・頭の使い方を変えないと 学校の成績が上がらないのとソックリ。
               〃          技術開発の成果が上がらないのとそっくり。
ダイエットも、学習塾も、技術開発・仕事も、ただお金をジャブジャブ注ぎ込んでも効率が悪い。
考え方を変えて やり方を変えなきゃ お金と時間をドブに捨てているようなものになっちゃう。。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

*ダイエットは カロリーの収支バランスを取るのが絶対的なコツ。
*理数系は 力・エネルギーのバランスと 物質(原子)の収支バランスを取るのが絶対的なコツ。

人間って生物で、細胞からできてて、細胞は蛋白質や脂肪・水などからできてて、
それらは全部 原子からできてるんだから、科学そのもの。
カロリーってエネルギーの単位。 ダイエットは科学。 大事なのは収支のバランス。


収支のバランスといえば、お金もそれが 絶対的なコツ。
(買い物は足し算・引き算。 借金・貯金の利率は掛け算・割り算。 算数だから科学そのもの。)
経済学も科学。 収支のバランスが大事。

・体重は減りすぎると死んじゃう。増えすぎると肥満病で死んじゃう。
・お金は借金返せないと破産(社会的に死ぬ)。増えすぎると もっと増やしたい病にかかりがち。

理由があって 借金がかさむ/貯金がないor貯金がありすぎるんだから、
お金に関する考え方を変えて、稼ぎ方・使い方を変えなきゃ 結果が変わるわけがない。
<参考文献>
http://nihonir.exblog.jp/m2007-02-01/#5062845


ここまで来ると 業者が詐欺か/進んでハマリにいく自分が悪いか もう分からない。
50万円の羽毛布団、マイナスイオン、風邪薬、ダイエットグッズ、学習塾、消費者金融・・・
業者さんはみんな無罪放免!? 自分の身は自分で守らなきゃ。自己責任!

「自己責任」って言うと、すごく厳しくて冷たいようなイメージがあるかもしれないけど、
何をするにも『収支のバランス』さえ取ればいいので大丈夫。誰でもできるはず♪
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

と言い放ったものの・・・

自分自身は 食欲を抑えきれなくて 筋トレ・ジョギングしないから 痩せれません(^^;)
       稼ぐこと(=仕事)に熱中するあまり、もっと稼ぎたい病にかかってます。(^^;)


太り続けりゃ寿命が縮む。。
いくら稼いでも。使わなきゃ お金は単なる紙切れ・金属。。

分かってちゃいても、なかなか変われない。。 
欲が強くて、理性(意思)が弱いから。 (爆)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------

でも、そろそろ変わりたいな。

太ると、走れない・跳べないでスポーツがつまんなくなっちゃうし。。 もう十分食べた。
仕事ばっかで 遊ばないと、やっぱりつまんないし。。 もう十分、仕事に熱中した。

本人が「変わりたい!」って強く思わないと 変われないんだろうな。
しょせん 変われないうちは
「今のままでいいや。とりあえず心地良いし。さほど不都合ないし。」って心の底で思ってる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

生物って ホント変化を好まないんだね。 楽を求める。
でも、それでいいよね。 不都合なければ。
(ただし地球温暖化は 少々 不都合ですね)
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-08 21:57 | 健康(フィジカル)

不都合な真実 (風邪薬 編)

風邪薬じゃ 風邪は治らない。
それどころか 副作用で死んじゃうことも。。 解熱したら治癒が遅れるし・・・ いいことなし。。

http://promotion.yahoo.co.jp/charger/backnumber/category/hoppy/vol02.php

http://promotion.yahoo.co.jp/charger/backnumber/category/hoppy/vol07.php
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-08 20:32 | 健康(フィジカル)

不都合な真実 (マイナスイオン・グッズ編)

お~い! 片割れのプラスイオンはどこへ行った??

インチキ度合は 50万円の羽毛布団や 100万円の壷と似たようなもの。
詐欺はいかんぞ、詐欺は。  腹立たしい。

http://esp2003.hp.infoseek.co.jp/m_ion.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3

http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/MinusIonAgain.htm


それにしても マイナスイオンブームの火付け役が
”あるある大辞典”だったとは
知らなかったな~。 さすが!!
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-02-08 20:25 | 健康(フィジカル)

名古屋大学の凄い先生

http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/profhome.htm

食や環境について、あっと驚くことを教えてくれてます。

たとえばペットボトルや紙のリサイクルはムダ。
そうなんだよね~。。 物質収支をちゃんと考えなきゃ間違えちゃう。。 ものすごいムダ。

環境学部出身者が もっと大きな声で正しいことを言わなくちゃ! って改めて思いました。
もっともっと がんばろうっと。
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-01-31 14:03 | 環境

Let's 碁!

ランニングコスト0円で何時間でも遊べちゃうゲーム 『囲碁』。

19×19=361の升目しかなくて、
ルールが4つしかないのに千変万化
1局、1局すべて違って、2度と同じ棋譜は生まれない。 オリジナル性抜群!

*盤面全体を広く眺めて形勢判断する「大局観」が必要。
*石が切り結ぶ部分戦での、広く深い「網羅的な読み」も必要。


自分が打って、相手が打って、また自分が打つ・・・
ずいぶん後になって、前に打った手が役に立ったり 自分の首を絞めたり。。
因果織りなす盤上の小宇宙。


要は 「対局の初めから終わりまでのトータルで、石の効率を最大化する」ゲーム。

前に打った石を粗末にしちゃいけないけど、こだわりすぎてもいけない。
その場その場で ムダに効率を落とさないように頑張る。 多少不利でも諦めない。
有利でも奢らない、油断しない。 追い上げられてもビビらない。
欲張って過激な手を打つと、酷い目に遭う事がある。 戦わずして負けることもある。
攻撃は防御を兼ねる。 守りをガッチリ固めることが結果的に攻撃に役立つ。

相手が何を考えているか予想して、作戦を立てる。
できるだけ想定内にする。
色々考えるんだけど、結局はエイヤッと勇気を出して決断。
失敗しても後にひきづらない。

ホント打ち手の性格・心理状態がよく表れるよ。 だから ますます面白い!!


つくづく仕事・経営と似てるな~ って思う。
経営者に囲碁を打つ人が多いのは、あながち偶然じゃないと思うな~。
支出少なく(0円で)大いに楽しめる点も、効率を重んじる(ケチな?!)経営者向きなのかも。


ここ5年は仕事やゴルフに熱中して すっかりご無沙汰してたけど、
また囲碁を たくさん打ちたいな~。 いろんな人と打ってみたい!!
 
[PR]
# by hugoniot | 2007-01-20 15:38 | 囲碁・将棋

みんなちがって、みんないい。

「私と小鳥と鈴と」 金子みすゞさんの詩

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速(はや)くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下、2006/11/25 東奥日報の記事より引用。

強い人が弱い人を踏みつけ、弱い人はもっと弱い人を探して攻撃する。自制できない。あるいはしようとしない。そうした“弱い人たたき”が、大人社会にも広がってはいないか。

 本紙朝刊連載の「なくせ いじめ自殺」で、精神科医の香山リカさんは、人それぞれと口では言いながら、実際は途中の努力を認めず仕事で結果を出した人しか評価しない大人の一元的な価値観が問題だと指摘した。

 この連載で、NPO法人代表の清水康之さんは、いじめられないかとおびえたり追いつめられて自殺する子どもと、リストラに遭って負け組にいつなるかと不安の中で生きたり、過労自殺に追い込まれる大人の状況が似ていると分析している。

 失敗したり弱音を吐くことが許され、ありのままの自分が受け入れられる。逃げ場がある。
そんな社会こそ必要
という提言は香山さんと共通する。


 だが、現実は競争や効率が優先される。その評価に合わないホームレスは襲われる。いじめに苦しむ子どもの逃げ場になっている学校は多いだろうか。

 「みんなちがって、みんないい」という考えが根付き、安心して生きることができる社会にどうすればできるか。自問して答えを探すべきなのは大人だ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

バカにしたり、見下したらダメ。

競争や効率アップ(仕事)は それはそれで楽しめばいい。
でも仕事以外に 競争や効率をやたら持ち込んだら 良くないなー。

負けず嫌いで闘争心の強い人は
自分に厳しいのはいいんだけど、他人に厳しくなりがち。。 注意しなきゃ。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

~うつ対策の いいホームページ~
http://www.din.or.jp/~honda/index.htm
http://www.brainhealth.jp/in010.html
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2006/sha20061125.html

 
[PR]
# by hugoniot | 2007-01-19 11:10 | 心理学(メンタル)

バイオテクノロジー用途の品質機能展開

☆農作物の収穫量を上げる。 ~水耕農家の狙い~
 →①生育を速める。
     →光合成を活発化させる。
        →1)光を与える。
                    ・・・照度は高いほどいい?
                      好ましい波長は?(赤でポリフェノール↑、青で抗菌能↑)
                      1日中当てていた方がいい? 休息(睡眠)は必要?
          2)原料を補給する。
              →(1)養分
                    ・・・どの植物に、どの微量元素が、いつ、どれだけ必要?
                      どういう化合物の形で与えると良い?(作用差ある?)
                        →土壌・水質・気象条件と旨味・有効成分の相関分析
                   ※化合物種と量をチェック。
                      (pHや温度による平衡変化を考慮する。)
                   ※富栄養水・肥料を(できるだけ自然から・タダで)安く入手。
                     どちらも、なるべく現地調達・生体合成してエネルギー消費↓
                        1) ある池・泉・川の水、海洋深層水
                        2) 不足分は添加して賄う。

                (1')成長ホルモン
                    ・・・植物にもある?
                      休息すると出る? 人工的に与えればいい?
                      多いほどいい?弊害ある? 成長期だけ効く?
                      根・茎・葉・花・実の成長ホルモンは異なる?

                (2)水
                   ①pH (K, Ca, NH4Cl系が関係しそう。要・機能分離。
                         pHに効く?肥料として効く?)
                   ②溶存ガス量 (効くのは酸素、窒素、CO2、NH3くらいか?)
                   ③水分子クラスターのサイズ (超音波で制御か?)
                      ※溶存成分の反応性・根からの吸収性、根の活性に注目

                (3)二酸化炭素工場・発電所の排気を利用したい。
                    ・・・濃度が高いほどいい?

         3)細胞の活性を上げる。
           (1)負荷を与える??
             ・・・筋トレの”超回復”のようなことが植物でも起きるか?
               養分不足で吸収力が上がるようなことが起きるか?
                 (水分不足になると実が締まる=糖度が増すケースあり。)
           (2)酸素を与える??
             ・・・最小限でいい? 高濃度がいい?? 根や葉からも必要?


   ②病虫害、風水害、旱魃、温度障害、塩害、連作障害などの被害をなくす。
     →病虫害  :人体に有害な農薬を使わずに、害虫・病原菌を封じる。
                1)栽培区域に侵入させない
                  (1)殺す
                  (2)捕まえる
                    ※予防が基本。事後対策は大変。
                2)栽培区域に侵入した者の増殖を抑える・殺す。
                   ①捕食する動物・微生物を投入する。(益虫・生物農薬)
                   ②侵入した者に毒を盛る・傷つける (これが今の化学農薬)
                    *1)個体毒性(神経伝達毒、細胞破壊毒)
                     2)遺伝毒性(催奇形性、例.放射線被曝→細胞分裂失敗)
                    *1)経口(消化管・呼吸器で吸収。分解・排出前に毒性発揮)
                     2)経皮(外皮に傷害・機能破壊or体内に吸収→毒性発揮)
                    *1)速効(被害が短時間に広がる病害虫なら必須)
                     2)遅効
                    ※いかに副作用と、残留農薬の悪影響を抑えるか?
                        →農作物、人間にとっての毒も調べる。
                          つまり微生物・虫・農作物・人間の代謝機構を知る。
                        →創薬、バイオリアクター(合成・分解)に直結。
                   ③餓死させる。(栄養源・水を断つ)
                   ④窒息死させる。(水死を含む酸欠雰囲気)
                   ⑤生息不可能な温度下に晒す。(傷害、蛋白質凝固、凍死)
                   ⑥捕まえる。(人手/機械で捕るか、おびき寄せるか、網を張る)
       風水害  :強い風雨が当たらない、水はけの良いところ(室内)で育てる。
       旱魃対策:根圏の水分管理。(葉からの蒸散量も効く?→雰囲気湿度も要制御?)
       温度障害:雰囲気の温度管理。
       塩害   :根圏の過剰塩分の除去
       連作障害:①根圏に成長阻害源を入れないor除去or阻害源の作用を封じる
                1)有害物質(作物自身が出す有機酸などの代謝生成物
                2)害虫
                3)病原菌
             ②根圏への必須養分の補給



☆農作物の質を上げる。 ~カゴメやキューピーの狙い~
   [1]旨味・薬効成分↑&マズイ・毒成分↓・・・つまり作物内の ある物質量の制御
   [2]食感↑                                〃
 →①何が[1][2]に効いているのか品質機能展開する。
  ②どうやったら作物内に効率よく 必要な物質を持っていくことができるか?
     *どこで合成しても、どう運んでもいい。結果として旨かったり薬効があればいいから。
     *合成してもいいし、代謝分解してもいい。 収穫後の加工で合成・分解してもいい。
 →調味料・加工食品・健康食品業界に参入できる。



※以上、要するに ”食欲”を効率よく満たしたいってこと。

---------------------------------------------------------------------------------------------

☆医薬品・化成品工場として生物(農作物)を利用。 ~国&医薬・化学メーカーの狙い~

  遺伝子組換えが必須。
    →(大腸)菌で合成するか、植物で合成するか、動物で合成するかは自由。
      どれも使いこなせばいい。
     (植物は動物に比べて無菌にしやすい。 倫理的・心理的抵抗が小さい。
      動物に比べて切除・粉砕・抽出精製が楽そう。
      微生物にできない複雑な物質も合成できる??かも。)
        ・・・産総研&日本製紙が植物に着手開始。まだまだ全然抜ける。
           結局は菌でも動植物でも、効率よく大量生産できる事が大事。
        ・・・菌の大量生産は誰でもできる。
           動物の大量生産はある程度、畜産業で究められている。
           遅れているのは植物の大量生産。


☆環境浄化手段として生物(農作物)を利用。 ~国&環境汚染処理業者の狙い~
  例えば重金属を植物に吸い上げさせて捨てる。残った土で再び耕作できる。遊べる。
         〃  微生物に    〃
       プラスチックを微生物に分解させる。(CO2出そうだけど・・・)

  まず汚さないのが大事・・・



※以上、要するに 食欲を満たしたいのではなく
  効率よく 薬や化成品を作ったり、毒物を分解・無害化してQOLを上げたいってこと。
 そのために”生体濃縮・合成”機能、”代謝・酵素分解”機能を活用したいってこと。
[PR]
# by hugoniot | 2006-12-13 21:13 | 食糧

うつ病の原因と対策

 本当に危ない状態の人は、
「今まで精一杯 頑張ってきたけど もう疲れた。 明日が来るのが怖い」と言う。


 そんなに頑張らなくていい。 疲れたら 何日でも何週間でも休めばいい。
そもそも頑張っても 頑張らなくてもいい。 楽しけりゃいい。
楽しくなけりゃ、その原因をなくせばいい。 自分を変えたり、環境を変えてしまえばいい。


ウツには 必ず原因があるはず。


☆心身とも健康ならいい。
 *快眠・快食・快便、適度な運動をして 病気にならなければいい。
 *ムチャな作業(運転・仕事・スポーツ)をせず ケガをしなければいい。
 *病気やケガをしても治せばいい。 完治しなくても巧くつきあっていけばいい。
 *明るく、楽しく、元気よく。 他人に怒らず、妬まず、バカにせず、優しくしてあげればいい。

☆クビが回らなくなるほど借金しなければいい。
 *借金を返せばいい。 いざとなったら破産してしまえばいい。

☆イジメられなければいい。
 *イジメられても気にしなければいい。 イジメてくる相手をやっつけてもいい。

☆仕事がよくできればいい。
 *要は、お客様にいいモノ・サービスを提供すればいい。

☆勉強がよくできればいい。
*要は、どんな科目も因果関係・法則を覚えて100点満点取ればいい。

 こう考えられなくなった状態がウツ。
目の前の制約条件にとらわれて、理想を思い浮かべられない状態がウツ。
この世に外せない制約条件/解決できない問題は ほとんどありません。

 原因をなくそうと、あの手この手を尽くすのは 最もよし。
誰かに助けを求めるのもよし。 逃げるのもよし。 忘れるのもよし。


 ”目標達成が難しい”と感じて絶望したのなら、その目標を諦めればいい。
いったん諦めると、意外に いい手を思いつくもの。
なぜなら諦めると、心の中の制約条件(こだわり)が外れるから。
いい手が思いつけば、また いくらでも頑張れる。


 自分に悩みがある時は、他人の悩みに目を向けるのもコツ。
自分のことしか考えられない=視野が狭い・思考に制約がかかった状態がウツ。
 もっと大変な人は この世に山ほどいる。 日本に生まれた時点で既にメチャクチャ幸せ。
隣の人の悩みを聞いて、原因を探り、解消してあげられるといいですね。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

~うつ対策の いいホームページ~
http://www.din.or.jp/~honda/index.htm
http://www.brainhealth.jp/in010.html
http://www.inochinodenwa.or.jp/04-jisatu.htm
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2006/sha20061125.html

 
[PR]
# by hugoniot | 2006-12-10 19:24 | 心理学(メンタル)

”地球環境”と”日本国の財政”を両立する経済成長は可能

> 急いで新たな道を見つけること、電力会社の料金体系を一番に見直すこと、これ以上消費、消費、成長しないことが大切な気がします。

 最低でも年2%以上GNP(名目経済成長率)が上がり続けないと、あと数~20年位で国の財政が破綻してしまいます。
http://www.itotay.com/zaisei.htm
-------------------------------------------------------------------
なのに・・・
三菱総合研究所は14日、消費税増税による日本経済と家計消費に与える影響をまとめた。それによると、消費税率を今より5%以上引き上げた場合、食品などへの軽減税率を適用しても実質GDP(国内総生産)の伸びがマイナスに転じるとの推計を示した。
 消費税率5%の引き上げで、実質GDPは1・9%押し下げられる。食料品や医薬品など生活必需品5品目に軽減税率を適用した場合は1・6%の押し下げにとどまる。税率3%の引き上げでは、1・1%の押し下げですむという。
 政府の中期展望では、日本経済が今後5~10年程度にわたり実質で年平均1・5%の伸びを見込む(←甘い!)ため、今回の推計は「軽減税率を導入しても、税率を5%引き上げるとマイナス成長になる」(白石浩介・三菱総研主任研究員)とする。
--------------------------------------------------------------------
 破綻すると国債暴落→円暴落→輸入品価格暴騰→物価暴騰(インフレ)になって、円資産を持っている人は価値が実質的に数分の1以下にまで目減りしてしまいます。
http://homepage3.nifty.com/funahashi/suugaku/suu31.html
 ですから成長はしなければいけないと思います。
というより正確には「官の投資効率を上げる」もっと簡単に言えば「国民生活に本当に役立つ使い道に使う」「ある程度収支のバランスを考える。できるだけ、回りまわって黒字になるように考える」ということだと思います。(ほとんど下のサイトの受け売りですが)
http://www.dir.co.jp/publicity/column/051025.html

 成長が必須というより「効率アップ」が必須だと言えます。
http://www.otemon.ac.jp/pca2005/2paper/pkawasaki2toshi.pdf
効率アップはムダ減らしと同じ意味で、「目的を最小コストで達成する」と同じ意味です。どんなに頑張っても目的が達成されなれけばムダです。
http://www2a.biglobe.ne.jp/~qpon/toyota/kanban/index5.htm
http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/serial/toc/01/01.html

 企業の商品開発がその典型で、いくら技術を高めていっても商品を出してお客様から代金を頂く所まで辿り着けなければ何を言い訳しても、それまでに使った開発経費(設備予算、試験材料費、研究者・実験助手の人件費、関係者と打ち合わせる為の出張費までも!!)が全てムダです。
 目的を達成できず、出費だけしてしまったことになるからです。
なんと!「関係者全員が自宅待機して設備や試験材料を買わない方が、会社にとっては良かった…」ということになります。まったくもって酷い話です。
 開発担当の責任はこれほど重大なのに、周りの人たちは殆ど責任感を持っていると思えない動きっぷりで次々と商品テーマが生まれては消えていきます。「10発、100発撃って1発当たればいいんだよ」という大義名分の元に。それが当たり前になってしまっています。
http://www.excite.co.jp/exblog/search/?blogid=1010059576&t=0&q=%E4%B8%8B%E6%89%8B%E3%81%AA%E9%89%84%E7%A0%B2

 1発必中の心構えで取り組んでも競争相手が強ければ負けるのに、最初から「100発1中でいい」とか「1発も当てなくても自分の給料さえ上がればいい」と思っているようでは競争相手がグローバルになって増えた今の世の中で勝てるわけがありませんよね。
 会社に入ってすぐそこに気づき、ひたすら今まで4年半、あるべき姿に導くべく奮闘してきました。突き詰めれば科学力強化(=TRIZ習熟)・調査力強化(=先行技術検索・分析力強化)に尽きると考えています。科学力で技術課題を安く解決し、解決手段を世の中に公開しつつ勝手には他人に使わせない特許を取るためです。
(特許を取るには「従来の公開技術に対してここが優れていますよ」とアピールして、それが特許庁の審査官に認められなければなりません。もし認められないと権利が認められません。それどころか公開されてしまっているので誰でも自由に使えてしまいます。出願した人にとってはその技術を作るまでにかけた開発労力をミスミス他人に渡すようなものですから、同じ商品を同じ技術で作った場合に開発経費がかかった分コスト高になって負けてしまいます。だから新技術を開発したら、従来技術をよく調べて上手にアピールしないといけません。今は90%以上の特許出願が役に立っていません先行技術調査不足が主な原因です。ノウハウが国外に流出しています。それで韓国勢、台湾勢、中国勢に安い同型品を出されて負けるのですから実にもったいない話です。ちなみに特許制度がないと自分のノウハウをみんな必死に隠そうとするので、社会全体として技術進歩のスピードが遅くなってしまいます。それじゃ社会全体としてはもったいない・・・ということでレオナルド・ダ・ヴィンチの時代から始まった歴史ある制度です。うまく対応しないとモノ作りの世界で生きていけません。欧米をモノマネしてれば良かった時代はあまり気にしなくても良かったのですが。。)

 営利を目的にする民間企業でさえこのザマですから、収支のバランス感覚が断然薄くなる官では目を覆わんばかりのムダ・非効率がまかり通るのは当たり前ですね。僕に言わせれば「官のムダを指弾する前に民間のムダ・自分の仕事のムダに着目して!」と言いたいです。(^^;)


 官・政治の場合は特定利益を代表する団体(全米ライフル協会、日本医師会…)が乱立して利害関係があるのと、選挙目当ての大盤振る舞い・それを期待する国民の甘えがあるせいで理想が実現できないんですよね。
たとえば……
・平和なら防衛費はいりません。
・年金制度が維持できないのは明らかなので税方式、自己積立方式へ粛々と移行させればいいだけです。(高齢者が増える分は富裕高齢者で支える)
・地方が自立心を持って地場産業を築けばやたらと道路工事して雇用を維持しなくてもいいです。

 みんな自分が目先で損する政策、楽して儲かる既得権が奪われて損する政策に反発する事しか考えてないからこうなっちゃうんですよね。それが積もり積もって1100兆円。。
 誰かが悪いというよりも、国民みんなが無知&理性的な行動を起こさなかったのが悪いので、国家破産してお札が紙屑になっても自業自得だと思います。僕はそれに備えて資産を外貨に換えつつあります。これをキャピタルフライトと呼び、富裕層はもう資産を日本から逃がしてしまったという噂があります。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88&lr=

 話が大いにそれましたが、新規発行国債の利回りを名目経済成長率が上回って税収が伸びない限り国の借金が膨張していつか破産→信用を失った国債と日銀券が紙屑になってしまいますから、
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_0601b.pdf
全産業の効率を上げてより多くのお金を稼ぎ出せるようにしなければなりません。それが経済成長の本当の意味です。
http://www.meti.go.jp/intro/kids/keizai/keizai0501.html

ですから「成長しなくてもいい」というわけにはいきません。成長しない=効率が悪いまま・問題を改善していないということになりますから。それはイマイチ。工夫が足りないですよね。
お金は必ずしもモノを売ることでなくても良く、サービスで稼いでもいいです。映画、観光、教育、メイドカフェ… なんでもいいです。既に日米とも経済の6~7割はサービス業です。
はっきり言えば、日本経済の低迷はサービス業(官業も広く捉えればサービス業)の効率が低くて改善がなされなかったからです。(残り3割程度の製造業が昔も今も外貨を稼いでいるおかげで国が支えられてきたわけです。)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060724/106731/?P=1

 その製造業がいま苦しんでいます。欧米のオリジナル技術を元にして改良に改良を加え、欧米企業の製品に追いつき追い越す(≒安く作る)スタイルが通じなくなったからです。多くの分野で欧米に追いついてしまったので、創造性を発揮して自分で世界の最先端を切り拓いていかなければならなくなりました。後ろからは韓国・台湾・中国が追ってきます。もう20年位前からそうだったのですが、まだ頭が切り替わっていません。
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2006/pdf/060608a.pdf
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2006/pdf/060608b.pdf
http://sangakukan.jp/journal/main/200603/0603-12/0603-12.pdf
http://nihonir.exblog.jp/i9

 バブル後の経済低迷の根本原因は、サービス業の相変わらずの生産性の低さと、製造業の世界レベルで見た相対的な地位低下です。両方とも改善する必要があります。世界の中で相対的に生産性が低ければ、相対的に地位が下がる→円が弱くなる→買える外国商品が少なくなって生活が苦しくなるのは当然で自業自得です。
 ですから生産性向上=カイゼンは、国家破産が起きる前も/起きた後もずっと/常にやらなければなりません。「カイゼンに終わりはない」ということだと思います。
 突き詰めれば向上心があるかどうかという問題です。言われたことさえやっていればいい…と思考停止しているか、カイゼンして早く帰りつつ給料増やして人生楽しもう・充実させようという気があるかないかという問題です。


 貿易収支の観点から見ると「資源を輸入するには代価が必要なので、最低でも輸入金額分くらいは外国人にウケるサービスを提供しなければなりません。」今はそれがモノ一辺倒なのがポスト温暖化時代では問題です。
 モノを作れば、いくら効率を上げてもエネルギーが要るからです。化石エネルギーを使えば温暖化が進みます。すると残るは自然エネルギーか原子力エネルギーしかありません。しかし自然エネルギーで賄える量にも限界があります。

 結局モノを消費・消費するという経済スタイルを変える・・・価値観を変えてモノを消費しないようにしなければ、原子力エネルギーから離れられないorきつい温暖化が避けられない可能性が高いです。
 ですから原発を全廃するには
①消費・消費のスタイルを変える(節約)②エネルギー利用効率を上げる③できるだけ自然エネルギーを増やす という3種類の対策を実行するしかありませんね。
②③がmilkyさんがおっしゃる「新たな道」に相当するのでしょうね。②③ともに技術的問題、次々とイノベーション(技術革新)を生み出せるかどうかという問題です。それが可能な理論がソ連生まれの発明問題解決理論TRIZ(トゥリーズ)です。

 ①はまず自分からライフスタイルを変えるしかありませんね。。重い炭素税をかければ化石燃料エネルギーは節約するでしょうが、ほうっておけば原子力エネルギーへの依存度を高める可能性大です。それが今の日本の国策「電力源のベストミックス(自然エネルギーはできるだけ増やすけど原子力エネルギーも増やす)」です。。

 温暖化だけならイノベーションで止められるかも…と考えていましたが、原発全廃となると一段とハードルが高いですね。1人1人の価値観を変えなければなりません。まさに原発全廃を掲げた緑の党が政権に入るくらいまで多くの人を啓蒙しなければなりません。僕もやっぱり理想的には原発・核兵器は全廃を目指すべきだと思います。効率上げつつ節約すれば済む話ですからね。

 電力料金体系はどう変えればいいとお考えですか?
「税金upで料金を上げればエネルギーを節約するようになる」という狙いですか?これは炭素税とほとんど同じ考え方ですね。
あとは「自然エネルギーの電力に補助金を出して安くする」ことでしょうか?これは政府もやろうとしていますね。

 「得られるエネルギー量/補助金(建設から廃棄まで)」すなわち投資効率は、原発と自然エネルギーのどちらがいいのでしょうか?
 原発と自然エネルギーの投資効率、特に核燃料サイクルの本命・高速増殖炉について効率と安全性を吟味しないといけませんね。
 
 高速増殖炉について調べてみました。
「使用済核燃料から再処理で燃料成分のプルトニウム239とウラン235(核分裂する)を抽出して、それを自然界のウランの大半を占める核分裂しないウラン238(俗に劣化ウラン)と一緒に燃やせば、ウラン238がプルトニウム239に変わってまた燃やせる。」
今は自然ウラン中に少ししかないウラン235を濃縮する手間がかかって/なのに1回しか燃やさず/(まだ燃やせる)燃え残りカスで放射性があるウラン235とプルトニウム239を捨てなければならないのに対し、高速増殖炉を稼動させれば燃えないウラン238をプルトニウム239に変えて/ウラン235と共に殆ど全量燃やしてエネルギーを得られる/プルトニウムまで燃やし尽くすので放射性廃棄物が減る・・・理屈上はいい事づくめのようですね。
 そうとなると弊害さえなければ投資効率がいいので、核燃料サイクルを止めるには事故・平常時の放射能汚染で攻めるしかなさそうですね。今もしているのでしょうが、放射線の放出データ、医学データ、活断層のデータを徹底的に集めて裁判所で議論するのがいいのでしょうね。

 どうやら核燃料サイクルは事故さえ起きなければ投資効率が良く、事故が起きればコストが莫大で投資効率がメチャクチャ悪い代物ですね。そういう場合は最悪ケースを考えて、できるなら止めるのが正しいと思いますが。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

 今は「日本は資源がないんだから原発・プルサーマル・高速増殖炉以外に手はないじゃん」と思っている人が推進しています。中国も高速増殖炉を研究しているそうですよ。将来エネルギーが足りなくなると思っているからです。
 反対するにしても、賛成派に回って原発のおかげで生活できている人たちの雇用を保障することが必要ですね。単純になくすわけにはいかないほど、もう日本は原発に依存していますからね。

 でも地道な効率アップ・カイゼン運動を続けていけば、いつか核廃絶の理想に辿り着けると信じています。ウチの会社では理想のモノ作りシステムがもうすぐ実現できる所までもってこれたからです。
 原発・核兵器がない、戦争がない、餓死もない、シビアな気候変動で家や収入源を失う人もいない安全な社会を実現したいですね。
 原理的には可能です。そこを本気で目指すか、諦めてしまうかだけの違いです。諦めたら絶対に理想・夢は実現しませんから。まずは小さなことからでも、個人的なことからでもいいので「夢を諦めない」ことからスタートすればいいんじゃないかな?と最近は思っています。そうすれば自然に向上心・カイゼン精神が発揮されるからです。なんとそれだけで万事解決の方向に向かい出します。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060627/105157/?P=2
http://www.ssigrp.com/column/hill/17lows/index.html

 好循環か悪循環か世の中にはどうやら2通りしかないようです。夢を諦めなければ好循環、諦めれば環境が変わったり周囲が進歩するので相対的に地位低下≒悪循環。
 努力する/しないはとりあえず関係ありません。夢を諦めるか/諦めないかの1点に集約されます。諦めるのは個人の自由ですが、それなら少なくとも他人の夢を邪魔したり達成した人を妬んではいけませんね。
 夢に関するこのルールさえ守ることができれば万事うまくいくはずだと思います。理屈的にはそうなので、あとは理屈通りに実行するか/しないかだけだと思うんです。

 「食べすぎたら太る理屈がある→節食できるか/できないか」で決まるダイエットに近いと思います。収支のバランスは取らなきゃいけませんね。難しい数学はいりません。足し算・引き算の問題ですからね(^^;)

 収支のバランスは科学でも一番重要な感覚です。物質やエネルギーの収支のバランスを取れなければ×。核燃料サイクルも今は各工程の収支のバランスが取れていないのが問題ですね。バランスが取れても事故の恐れがあるのでもっと問題です。
 ただ事故はよく技術確立すれば限りなくゼロに近づけられるはずだと思います。①高速増殖炉が反応性の高い液体ナトリウムを冷却材に使っているから「もんじゅ」のように事故る可能性が高い点②プルトニウムが不安定で取り扱いが難しい→MOX燃料を作る/燃やす時の安定性の問題点③大地震時の緊急停止がうまくいくかの3点に集約されそうな感じがします。

 原子力技術をアメリカや中国にあげて、代わりに日本は化石燃料を使わせてもらうっていうのはどうでしょうね?それなら地球温暖化も抑えられますし、事故の可能性も低く抑え込めますからね。

 高速増殖炉の完成目標が2050年で随分遅いですから、それまでは余ったプルトニウムを普通の原発で燃やすプルサーマルをやっていくのでしょうね。通常の発電より得られる熱量が増えますし、欧米で実績多数のようですし。米ロが核兵器弾頭のプルトニウム処理に困ってプルサーマルしようとしてるそうですから、日本が止めても世界のどこかはプルサーマルをやるでしょうね。それも阻止しに行くか、日本だけ阻止するか、日本を阻止した場合にエネルギーはどう確保するのか、自然エネルギーで賄った場合に外国より電力が高くなって産業の国際競争力が落ちて生活レベルが落ちてもいいのか?という点に行き着きますね。
 最後は多数決で決めればいいと思います。こういうメリット、デメリットがありますがどうしますか?という風に聞くのがいいですね。とにかくデータをちゃんと積み上げることが第一だと思います。
 それにしても今の政府は説明が不十分だと思います。ましてや事故を隠そうとした「もんじゅ」は最低最悪。個人的には、隠そうとするいい加減な人が原子力に携わるくらいなら、貧しくなっても原発Noに投票したいです。
[PR]
# by hugoniot | 2006-11-03 07:13 | 環境

地球温暖化問題と核燃料サイクル

 今後世界が温暖化防止→炭素税導入に動いた時に、現在の生活レベルを落とさずに済ませるためには化石燃料以外のエネルギー源を増やす(太陽、水力、風力、潮汐、地熱、バイオマス、核分裂、核融合)②エネルギーの利用効率を上げる③大気中の二酸化炭素を固定化する(植林・緑化、地中に埋める、海中に溶かす) の3種類しかありません。

 ①~③全ての技術開発スピードを上げる(=効率を上げる、ムダを減らす)必要があります。
 私は会社で 液晶ディスプレイ表面用のフィルムに光学機能膜を塗って乾かす生産技術と、そのノウハウを特許で守る仕事をずっとしてきました。
 そして「いかに効率よく漏れなく特許を取るか?」という研究をしているうちにTRIZという発明理論に辿り着きました。
これに慣れると、従来の何倍も何十倍も技術開発スピードを上げることができます
TRIZはあらゆる技術で通用する普遍的な智慧ですので、これからディスプレイに限らず社内外の技術に全面展開していくつもりです。



ところで温暖化対策の面だけから見ると、核燃料サイクルは切り札的存在です。太陽電池だけで日本の総消費電力を賄おうとすると四国を全て太陽電池パネルで埋めなければなりません。 一生懸命に太陽電池の効率アップを目指している人たちがいますが原理的に限界があると言えましょう

ブラジルではサトウキビからエタノールを作る国策を掲げていますが、これが広がれば食用砂糖が足りなくなって価格は上がっていきます。

このように、あちら立てればこちらが立たず…科学的・総合的に判断しなければなりません

温暖化が激しくなれば旱魃などに対応できなかった人が餓死してしまうその確率×犠牲者数と、核燃料サイクルで事故が起きる確率×犠牲者数のどちらが大きいかで判断すべきだと僕は考えています。

政府や電力会社はそこまで考えて推進しているので、緑の党がキャスティングボートを握るまで核燃料サイクルの研究は止まらないと思います。現在の小選挙区制で多くの議席を取るのは難しいので、あまり緑の党に固執すると目的達成できない恐れがあります。ドイツと選挙制度・国民風土が違えば作戦も変えなければなりません。

私はしばらく、「核燃料サイクルを安全に完成させる為にはどうするか?」という技術的視点で核燃料サイクルに関わろうと思います。六ヶ所で普段から放射能が大量に出てしまうなら、それを大幅に減らす技術開発の方をやっていきます。それでも減らない→魚介類に影響が出るとなれば止めなければなりませんね。そういう誰もが納得する科学的証拠を早く出すことが大事だと考えています。



はっきり言って世界中に食料は余っているのですから、戦争を止めて食料を分配して、炭素税を導入して省エネに誘導すれば万事解決です。。環境問題は核、戦争とリンクしています。

感情に訴えるのも重要、科学技術を伸ばすのも重要。その普及スピードが早ければ早いほど、原子力事故や自然災害、戦争は早く減りますね。

でも焦ってもしょうがないと思っています。
スターリンや毛沢東やヒトラーは2000~5000万人くらいずつ殺しています。チンギスハンもめちゃくちゃ殺しました。歴史を見れば膨大な人数が殺されてきました。また中世のヨーロッパのようにペストで3人に1人が死んだり、ヨーロッパ人が持ち込んだインフルエンザで南米の先住民の9割が死んだりしています。それだけ死んでもしぶとく誰かが生き残ってきました。

たとえ核テロで300万人死んでも、北朝鮮と核戦争になって5000万人死んでも、六ヶ所が爆発して3000万人死んでも、歴史の1ページにすぎません。
それくらい達観して、焦らず落ち着いて1人1人に正しい知識を広めていくのが 結局、地球環境保全・原発全廃・戦争撲滅の近道なのではないかと考えています。
[PR]
# by hugoniot | 2006-11-02 03:57 | 環境

著しく非効率な特許業界 (ある知財コンサルタントさんへのメール)

 新入社員の頃、身の回りの新商品立ち上げが1件も他社特許に阻まれずスイスイかなっていることに疑問を感じました。膨大に出されている他社特許は全て特許性なしなのか?ということは全部ムダな出願だったのか?と・・・凄い世界だな~と感じました。
 外国審査で翻訳文が意味不明と判断されてボツになるケースもあるでしょうが、私は9割以上の出願に特許性がない、つまり先行技術との対比が不十分なまま出願していることを改善することが最も急務だと考えて、取り組んでいます。
 「発明と先行技術との対比が不十分」と申しましたが、これは身の回り(大企業の生産技術開発部門)では「先行技術調査量が不十分」と受け止められています。私も初めの3年はそう思っていました。知財部は出願時の発明者自己チェックシートで「先行技術調査は十分か?」という質問項目を設けています。これに対して「十分ではないが行った」に○をつける人が大半なのです。「十分」や「不十分」に○を付ける人は誰もいないのです。
 それを見て初めの頃は「答えが1つに決まってしまうような質問項目は意味ないなぁ。しかも先行技術調査が明らかに不十分と自覚している確信犯が「不十分」に丸をつけるわけないだろう(「不十分」に○をつけると出願してはいけないルールなのでますます)!」と馬鹿馬鹿しく眺めていました。
 しかし、私自らもだんだん第一線の技術開発に携わるようになると技術者の苦悩がよく分かるようになりました。先行技術調査が大事なことは頭では分かるけれども、どうしてもモチベーションが上がらない制度であること、にっちもさっちも行かない状況であることが・・・
 弊社では1件出願するとそれだけで1件あたり○円の報奨金が出る制度です。そういう企業は多そうですね。一見当たり前です。
しかし、マジメに先行技術調査した結果、自分のアイデアに近い先行技術があると更に一捻りも二捻りもして先行技術との差を作り出し・文書で進歩性をアピールしなければなりません。その面倒な(考えようによっては楽しい、と私は思うのですが・・・)知的作業をしてもしなくても出願1件=○千円の報奨金額は変わりません。
 また、もし自分のアイデアとあまりにもそっくりで進歩性をアピールしようがない先行技術が見つかった場合は、さすがに出願断念せざるを得ません。いくらなんでも酷似した先願があるのを知ったうえで、なお自分の小遣い○千円のために会社の金を数十万円もかけてクズ出願するのは気がひけるからです。
 また更に悪いことに「1日でも早く出せ」「今期のノルマは△件」という有言無言の圧力が現場技術者にのしかかっています。もちろん技術開発の納期がのしかかっています。
 このような状況で現場技術者が採る合理的行動は何でしょうか??火を見るよりも明らかです。”先行技術調査はそこそこで済ませ、出願時の自己チェックシートに「先行技術調査は十分ではないが行った」と書いて出願する。報奨金○千円はキッチリ頂く”です。

 出願するからには権利を取りたい、できれば広く取りたいということも重々承知しています。技術者はそんなにバカじゃありませんから。最初は広い請求項にして、落としどころを作ることも知財部から指導されます。そこで技術者が考え、知財部員も暗黙のうちに了承している最後の落としどころは「請求範囲を自分の担当商品だけに限って思い切り狭くするので、なんとかそこだけは権利を認めてください。審査官様~」です。狭くすれば権利をくれる確率は上がるだろう、という発想です。広くしようとすればするほど近い先行技術が加速度的に増加し、多面的に進歩性をアピールしなければならないからです。そのことをちゃんと言葉で表せるほど深く理解しているヒトは少ないかもしれませんが、少なくとも直感で技術者は感じています。
 「権利を広く取りたいのはヤマヤマだけど、担当商品を請求項から外すともう先行技術を調査する気力が湧かない。そんなことしても○千円は変わらないし・・・。登録された時に貰える△万円の報奨金額は請求範囲の広さ/狭さとは関係しないし・・・」ということです。

 そこで私の下した結論は、「評価制度(報奨金支払い基準)が悪い。これを根本的に改めない限り改善はない」ということです。逆に「報奨金制度を見れば、その会社の知財力が分かる」ということです。リエゾンマン(せめて先行技術の調査専門要員)がいるかどうか、知財部が自ら先行技術調査をする義務があるかどうか/現場技術者にやらせるのかどうかも、その会社の知財力を決定的な左右する要因になります。
 特許部隊で有名な電機業界C社、出願件数だけでなく請求項数で評価するなど発明内容の質に応じて報奨金額を変えているらしい自動車業界のT社が絶好調なのはさもありなん。彼らは知財体制も他社よりしっかりしているんですね。もちろん知財体制だけで業績が決まるとは思いませんが、儲けにこだわれば他社差別性の確保(特許を)避けて通れない→先行技術調査の負荷分散/現場技術者のモチベーションアップの仕組みが非常に重要だということに想到するのでしょう。少なくとも前記2社は「そのあたりまでちゃんと考えられる」論理的・戦略的思考を備えた人材を擁していたことが分かります。そんな人(リーダー)が少しでもいれば、その会社は強くて当然だな。。と最近感じています。

 先生がおっしゃるとおり、
外国でもきっちり権利を取って利益最大化→外国出願の明細書完備→元の日本語を外国語に翻訳しやすくする→そもそも元の日本語明細書の論理性アップ・・・が必要なことはよく分かります。最初にそのお考えを知った時に感銘を受けました。おっしゃるとおりです。
 この論理が行き着く先は、草の根の技術者ひとりひとりの論理思考力アップ&日本人技術者の話を理解してサラサラと日本語/外国語明細書を書き上げてしまう翻訳者を養成することになりましょうか。

 前者はなかなかキツイものがありますね。MEMODAS普及、TRIZ普及が突破口だと思います。既に取り組んでらっしゃいますね。私もTRIZ普及に情熱を注いでいます。難しいです。MEMODASを周囲に勧めました。ガッカリするほど反応が悪かったです。それでもTRIZ普及は諦めていません。あの手この手を尽くしてみます。少なくとも私は理解できたのですから、うまく説明すれば分かってもらえるはずだと信じています。

 後者はどうすればいいのでしょうね。技術者の論理思考力アップ→和文明細書の論理性アップはTRIZ普及を通じて達成しますが、翻訳の問題はいくらか残りますね。単語の翻訳ミスをなくすことが第一歩でしょうか? これは各国語の技術単語辞書を充実させることが解になりましょうか。これはPAT-Transerで達成可能かもしれませんね。スペースアルクの英辞郎や技術専門用語辞書メーカーなどとタッグを組めば、少なくても英語に関しては今でも既に十分かもしれません。早急に中国語版を作るべきかもしれませんね。
 あとは、一文が長いとどこがどこを修飾しているか分からなくなったり主語がないことが翻訳の阻害要因なんですよね? これは日本語の一文を短くする、主語を必ずつけるという指示を(少なくとも知財関係者に)徹底すれば撲滅できると思います。ここまでやれば問題解決でしょうか? 翻訳ならではの難しさはまだあるでしょうか?

 話は知財からそれますが、個人的には外国語を早く身につける方法に興味があります。NHKの最近の英会話講座はなかなかいいなぁと思ってます。イメージでとらえる英単語・・・100語で話せる英会話・・・これらをもっともっと研究して洗練すれば小学校から英語教育してもいいかも、と感じます。英語ができるにこしたことはありませんからね。2種類の言語を話せる人が多い国もあるのですから、日本人だってやってやれないことはないと思います。
ただ、今の学校の英語教育をそのまま小学校に下ろしてくるのは大反対です。中学から大学教養課程まで8年勉強してもちっとも話せませんし、書けませんから。読むことだけはできますが。。9割以上の出願がムダな特許業界の生産性・効率の低さもおぞましいですが、国民ほぼ全員×6~8年間受ける英語授業の効率の低さも改善する必要がありますね。渋滞による経済損失やら、W杯の予選敗退による経済損失などかわいいものだと思います。
[PR]
# by hugoniot | 2006-07-07 02:41 | 知的財産

暑い暑い

はじめまして。

だんだん暑くなってきましたねー。
去年は6月から10月までクーラーつけっぱなしでした。
いくら使ってもタダなので、ついつい・・・(^^;

環境省のCO2削減活動
"チームマイナス6%"は果たして成功するでしょうか?
まぁ ホントにみんなが本気になれば
60%くらい(!)減らせると思いますけどね~。
 
[PR]
# by hugoniot | 2006-06-03 07:18 | 環境


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧