TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:いつ、どこに、何の機能が欲しいのか? ( 1 ) タグの人気記事

問題解決で 「現象の紙芝居」「現象のスローモーション図解」=「〇〇の気持ちになって考える」が重要な理由

・ある商品で 社品に負けず 売上を挙げるためには、
 お客さんの必要機能[の種類とレベル]を 業界最安値で満たす手段を 独占実施できれば良い。
   (お客さんが支払う気がある金額≧製造コスト であることが必要だが、当然なので 以下割愛。)
     ↓
 そのためには、他者より先に
 『必要機能を満たしうる手段を挙げつくし』て その中から 非公知の最安値手段を選定し、
 その最安値手段(と できれば次に安い手段、その次に安い手段・・・)を
 出願権利化するか/秘匿しきることが できれば良い。
     ↓
 『必要機能を満たす手段を挙げつくす』ことができれば良い、とは
 「いつ[どの場面で]/どこへ[どの場所へ] 必要機能の実現手段を配置するか」
 の あり得るパターンを挙げつくすことができれば良い、ということ。
     ↓
 そのためには、
 「いつ[どの場面で]/どこに[どの場所に]、どんな機能が必要か」
 自覚・把握・発案する必要がある。
     ↓
 そのためには、
 現状  いつ[どの場面で]/どこで[どの場所で]
       何が起きているか[何から何へ力が加わって どんな機能が発現しているか?
                            システム内に どんな構成要素があるか?]」

 を把握できればよい
         (※現状を把握していなくても、理想的に考えて
            「いつ[どの場面で]/どこに[どの場所に] どんな機能が必要か」
            を自覚・把握・発案できれば良い。
              【USIT 理想モデル法・Particles法】【TRIZ 究極の理想解】)
     ↓
 そのためには、
 「いつ[どの場面で]/どこで[どの場所で] 何が起きているかを (頭の中で)図解する」
 ことが必要。
  (頭の中に描けていれば、紙や電子メモに描くことができるはず。
   逆に、紙や電子メモへ描くことができなければ 頭の中に描けていない、と強く推定できる。)
     ↓
 そのためには、
 時間[場面]/空間[場所]を細かく区切った 現象の図解が必要。
       http://ameblo.jp/gijutsu-mieruka/day-20110302.html
   (「現象の紙芝居」「現象のスローモーション図解」が必要、と言っても良い。
    〇〇[相手、対象物、分子・原子・光] の気持ちになって考えると言い換えても良い。
       http://ameblo.jp/gijutsu-mieruka/archive-201102.html
       http://www.ideation.jp/blog/2010/07/post_3.html
       http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/2007Papers/NakaMachineDesign-USIT07/NakaMD-USIT-2Example.htm#Hochkiss
       http://www.ads-network.co.jp/seinou-kiso/bouhan-02.htm
[PR]
by hugoniot | 2012-03-01 05:34 | 知的財産


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧