TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:制約 ( 3 ) タグの人気記事

民間のあらゆる仕事・経営で意識すべきこと

<現状から考える>

1.今やっていること/やろうとしていることの目的は何か?
  目的の目的、目的の目的の目的…は何か?

2.その目的は、なんだかんだ言ってもO/I比が低くないか?
   (Oが小さい、滅多にOが出てこない、別の目的に対する手段でIを兼ねられる)
  自職場の主機能・役割期待と合う
  他の大きな目的・問題解決に注力すれば、その問題も自然に解決するのではないか?

3.企業の利益は何によって増減するのか?
  今やっていること/やろうとしていることは、
    ・(将来の)商品売上単価を上げているのか?
    ・(将来の)商品売上数量を増しているのか?
    ・(将来の)商品原材料費を下げているのか?
    ・(将来の)その他経費を減らしているのか?


<理想の姿から考える>

4.自職場の果たすべき主機能・役割期待は何か?
    (“制約を守る”ことを“主機能”より高い目的に置いてはならない。)

5.理想的な業務フローは? どうすれば最高に効率的か?
    → 理想を実行するためにも時間が必要。いま最も時間を食っていることは何か?
       どうすれば、その時間を限りなくゼロに近づけられるか?

------------------------------------------------------------------------

以上の問いに マジメに取り組めば、活路が見えてくる。


なお、民間企業の“真の制約条件”は2つしかないので、

 *いつまでも利益を挙げられないと、いずれ倒産する。
      (利益=収入O-支出I≧0、を目指さなければならない。)
 *1日は24時間しかない。
      (時間を何に使うか?に全てが懸かっている。)

他の制約をとりあえず気にせず、改善アイデアを出すことが大事。
      (制約はアイデアを潰してしまうから。)
 
[PR]
by hugoniot | 2010-11-23 12:08 | 仕事

TOC思考プロセスの素晴らしさ

制約条件理論TOC思考プロセスの
対立解消図は 次の2つの自問自答を自然にできるようにし、

 ①”何のために”
     それをしているのか?
     それをしようとしているのか?
             【手段の ”目的”を問う】
 ②”なぜ”
     それをしなければならないのか?
             【手段の ”制約”を問う】
    その制約は外してもいいのではないか?
           何か策を打つことによって 制約を外すことができないか?


TOC思考プロセスの
現状問題構造ツリーは 次の自問自答を自然にできるようにする。
  ③”なぜ”
     あの時 そうなったのか?
        今 こうなっているのか?
             【結果の 根本”原因”を問う】


以上 3つの問いを繰り返して、
 やっていること / やろうとしていることの
 上位概念(目的・根本原因・制約)をよく考え、
              ↓
それから、
  ④ 下位概念(目的実現手段・問題解決手段)を
    なるべく多く、なるべく漏れなく、出していくのがいい。


①  は ”目的展開”    とも呼ばれる。
①②は ”弁証法”      とも呼ばれる。
③  は ”なぜなぜ展開” とも呼ばれる。   ①②③は目的実現・問題解決のイロハのイ。

①②③がキーポイントだ、と気づいた
TOC思考プロセス開発者のゴールドラット博士は素晴らしい。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-23 23:43 | 知的財産

”目的”だけでなく、”制約”をよく考えることが重要。

「~~したい」という気持ち(目的)があっても、
「・・・・・・なので、~~できない」という気持ち(制約)が より強くあったら ヒトは~~を実行しない。

たとえば、
「海外旅行したい」という気持ち(目的)があっても、
「お金がないので、海外旅行できない」という気持ち(制約)が強くあったら ヒトは海外旅行しない。


でも、その制約は 本当にどうしようもない制約なのだろうか??
・・・・・
何らかの手段によって、その制約を外すことができれば 目的を達成できる。
  (例. もっとお金を稼ぐ、ふだん節約してお金を浮かせる、借金する、
      時間はかかるが メチャクチャ安いツアーで旅行する、
      海外旅行添乗員に転職する、海外企業に転職する・・・ など。)

逆に、”制約”を解消できないと 目的を達成できない。
世の中には そういう場合が多い。


だから、
 「何が”制約”になっているのか?」
 「それは絶対外しようがない”制約”なのか?」
 「何らかの手段を講じることによって、
  その”制約”が 問題なくなるようにできないか?」
と考えることが重要。


※なお、”制約”は だいたい
   「お金が足りない」 「時間が足りない」 「それをやれるヒトが足りない」
  のいずれかに行き着く。
 
[PR]
by hugoniot | 2010-10-17 18:49 | 知的財産


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧