TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:効率アップ ( 8 ) タグの人気記事

70yard以内はSWで打つ。転がせるなら転がす。

100~120yardを残して、AWのフルショットでピンをデッドに狙うのが基本。

でも短いPar4で1オン/Par5で2オンならず、30~50yardくらい残っちゃう場合もある。
その時に 寄せワンできるかどうかは重要。 できればバーディー。 できなきゃパー止まり。

じゃあ 何で寄せるか?

グリーンエッジ~残り20yardの花道くらいなら PWやAWでピッチ&ランすればいいけど
ちょっと砲台気味だったり、エッジそばにピンが切ってあったり、30yard以上残ってると
球を上げて 着弾点そばにピタッと止めたい。 そのためにはSW。

だから、これから寮の100yard天然芝練習場では SWを練習する。
 (5年前の入社当時はPW、2~3年前はAWで練習してた。)
AWでフルショットすると110yard以上飛んじゃう。 だから寮の庭じゃ練習できないし。


SWを練習する効用は次の通り。
 *重いSWは 手先だけで打つとミスりやすい。
   →ヘッドの重みを生かした いいスイング作りに役立つ。

 *バンカーショットはSWで打つ。 ロブショットもSW。 どちらも打ち方が似てる。
  SW×オープンスタンスの練習をすると、両ショットがうまくなる。

 *ボールを上からガツンと打つと、低く出てキュキュッと止まるショットを打てる。
  それに最も適したバックスピンがかかりやすいクラブはSW。
  SW×スクエアスタンス×右足寄りに球を置いて、上からガツン。 これも武器にしたい。

 *バンスが大きいので、ダフらせながら打つこともできる。
  ダフリが嫌な時に右寄りに置いてクリーンに打つのもいいけど、SWでバンスを使うのも○。

 *SWでダフらせて打つ/クリーンに打つ、を打ち分けられればダフリの原理も よく分かる。
  他のクラブで打つ時にも共通して役立つ ダフリ防止の確固たるコツが身につく

 *ちょっとでも打ち出し角やヘッドスピードが変わると スピンが変わって 結果が変わる。
  狙ったスピン量をいつも与える練習をするのにSWは最適。
   →SWでスピンコントロールできれば、他のクラブでスピンコントロールするのは容易。

だいぶ頭がスッキリしてきた。
これくらい意識付けして練習に取り組めば、上達が速いだろう。
 (こういう所で 練習効率を上げて時間を浮かせるのは とても大切。
  ゴルフには これからも時間をかけるつもりなので、時間利用効率を上げなきゃいけない。
  効率が悪ければ悪いほど、時間を回せなくなった他の事が犠牲になる。
  時は金なり。 時間さえあれば何でもできる。
  練習する前に考え、練習中に考え、練習後に考えるのは 時間を浮かせるため。
  仕事する前に考え、仕事中に考え、仕事が終わった後も考えるのは 時間を浮かせるため。
  すべては時間を浮かせて、濃い充実した時間を過ごすため。)

あと長くて50年くらいしか 元気でいられないだろうから、よく考えて 速く上達しないとね。
囲碁も上手くなりたいし、ピアノも習ってた頃より上手くなりたいし。 色々やりたいことがある。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-09-02 02:30 | ゴルフ・野球・テニス

食料不足から日本人が逃れる為の方法

※あるカロリーの肉を作るために必要な穀物のカロリーは、数倍~10倍以上になる。
                       ↓
いざとなったら、肉を食べずに穀物を食べればいい。
 (但し、富裕層が牛・豚用・鶏用途や、自動車燃料用途で穀物を買い占めると×。
  今は日本、欧米が買い占めている。これに中国やアラブや東南アジアの富裕層が加わる)
                       ↓
そこまで追い込まれずに済ますためには、次の2つが必須要件。

食物の利用効率・自給率を上げる。
  ・作物の収率を上げる。作付面積を増やす。
  ・獲りすぎで捨てるムダをなくす。
  ・捨てる時に肥料として回収する。

☆富裕層で居続ける。
  ・世間で欲しがられているモノ・サービスを供給する。(生産性で誰にも負けない。)

----------------------------------------------------------------------------------------------

☆「食物の利用効率アップ」は まず”もったいない” ”食べ物を残さない”運動の定着から。
                    収率アップと、流通・リサイクルシステム改善もそれぞれ行う。

☆「富裕層で居続ける」は、安倍政権の”上げ潮政策” ”筋肉質な組織作り”と同じ狙い。
  これは一言で言えば、「全産業の利益額アップ=効率・生産性アップ=技術の体系化」。
  ウチの会社では、技術の体系化を進め中。 そのうち世の中に公開します。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 07:03 | 食糧

食糧増産

いま世界で食糧は余ってる。 分配がうまくいってないから餓死者がいる。

だから、
①分配方法を変えることが必要。


一方、最近ずっと・・・全ての要素が 「食糧不足」の方向に向かってる。。
人口が増え、耕地が減り、土地が痩せ、水が減り、
肉の需要が増えて家畜が穀物を食べ、ガソリン代替で車が穀物を食べる・・・

だから、
②食糧の効率的生産技術の開発による増産が必要。


①は政治の問題、②は科学の問題。
みんなの意識が変わらないと①は解決しない。 手に負えないのでパス。
②なら、極端に言えば1人でも取り組める。 しかも自分の得意なので、ここをやります。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 07:00 | 食糧

水・食糧・エネルギー不足の時代がきた2(中国はどうする)

中国は、既に戦略的に動けている。

*工業製品を輸出してマネーを集めまくる。(対米、対日貿易黒字)
*資源を買い漁る。
  ・アフリカや南米(特にアメリカと仲悪い国)に大金を援助して、見返りに資源を確保。
  ・海軍を増強して、尖閣諸島のガス田や南シナ海の油田を手に入れようとしている。
*農地拡大に必要な水を確保する。(例. 三峡ダム)

さすが中国。
これからも粛々と今の路線を続けるはず。


困るのは
*アメリカに通貨「元」を切り上げさせられて、貿易黒字が減る。
*環境破壊や水不足で農地面積が減ったり、単位面積あたりの収穫量が減る。
*貧富の差が広がって、暴動が起きる。

よって、日本は 次の戦略を採るべきと考える。
・水を含む環境技術が 中国を交渉する切り札になる。
マネー量で負けない。
 モノ作りでも、サービス業でも、投資でも効率を上げて外貨を稼ぐ。

要は
全産業の効率アップ、特に環境技術を磨きまくるのが生きる道。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 06:58 | 食糧

水・食糧・エネルギー不足の時代がきた5(日本はどうする)

日本は モノ作りが得意な国。
もったいない精神を持つ 温暖化対策に欠かせない国。 もっと自信を持つべき。
飲み水に困らない点は有利。 農業・工業用水を合わせても大丈夫。浄化技術も進んでる。

しかし、致命的な弱点がある。
*食糧自給率が低い。
*官の効率が低い。 民間も高機能な工業製品に走りすぎて、環境効率が低い。
   → このまま放っておくと財政破綻しそう。


よって、日本は 次の戦略を採るべきと考える。
・できるだけ、食糧自給率を上げる。
・全産業の効率を上げる。特に環境技術に注力して、物質経済の効率を究極に上げる。
   → 新サービス・環境技術を売って外貨を稼ぎ、食糧とエネルギーを得る。
  
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 06:55 | 食糧

ついに出た、温暖化非常事態宣言

「いま二酸化炭素の排出を止めても1~3℃の気温上昇は確実。
排出が増え続ければ2050年以降に4~6℃上昇。もっと酷くなるかも。
それを食い止められるかどうかは これから10年にかかっている。。」
と、パリで世界の科学者たちが報告。
アメリカを含む100ヶ国以上の政府がその報告内容を支持。

けっこう 厳しい内容だったなー。。
なのに、アメリカ政府は「強制的な二酸化炭素の排出量削減には反対」だってさ。。
なんて身勝手なんだろう。。 アメリカ政府はアホか!!(怒)

でもアメリカ人の科学者の中にも、
「本気を出せば50~80%のCO2排出量削減は可能」と言ってる人がいて ホッとした。
ホントにそう思う。 ちゃんと取り組めばできるよ。


「あと10年が勝負!」ということがハッキリしたので、
これから 会社で効率アップ・省エネをますます推し進める決心がつきました。

省エネと効率アップは完全に同じ。
効率アップと原価低減も完全に同じ。
原価低減は利益アップ→給料アップ&労働時間短縮と同じ。 いいことばかり。
(ただし 増えた給料と自由時間で環境破壊する遊びをしたら 良くないけどネ。。)


ひどい気候変動が起こった後で「もっと あの時頑張っておけばよかった・・・」と悔やむのは嫌。
ここで頑張らなかったら、大学で環境学を専攻した意味がない。
もっと言えば、小学校~大学まで理科教育を受けた意味がまるでないといってもいいくらい。
それじゃ あまりにも情けない。。
 
人類全体としても かなり情けない。
だって40年位前から「いつかこうなる」って言われてたのに防げないなんて、、

だから、あと10年 本気で温暖化を止めに行きます!
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 06:47 | 環境

不都合な真実 (温暖化問題≒貧困問題)

*温暖化をほっとくと
 貧困層が真っ先に 気候変動の被害を受ける。

*温暖化スピードを緩めようとして、
 穀物(バイオマス)を 化石燃料の代わりに 車燃料・家畜飼料用に使うと
 貧困層が 真っ先に餓死する。


富裕層は 気候変動があろうが、食糧危機が起きようが 大丈夫。。

誰が 食糧危機に耐えれる食糧を確保し、
    気候変動に耐えれるエネルギーを確保するか?


・食糧とエネルギーを確保できる人が富裕層。 (例. アメリカ、日本、ヨーロッパ)
・     〃     確保できない人が貧困層 (例. アフリカ)

なんのことはない。
温暖化しようが/しまいが 基本的な状況は同じ。



食べ残しを大量に捨てて、工業製品を大量生産・大量消費してる 富裕層がいる一方
アフリカでは 膨大な人数の貧困層が 餓えたり、病気や自然災害で死んでいる。
それを放っておいて いいのか? という問題の方が 気温上昇・海面上昇より根本的。

今まで 富裕層は見て見ぬふりをしてきたけど、
これから食糧・エネルギーを独り占めするのは、あからさまに貧困層を殺すのと同じこと。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本の中で 「格差、格差」 「産む機械」だなんだと 騒いでる場合じゃありません。
それは 富裕層の中の 欲張りケンカ。。 ハッキリ言って どうでもいいこと。


温暖化問題には、次のように対策するしか道はありません。
『穀物・野菜を増産して分配しつつ、化石燃料以外のエネルギー源に切り替える。』
そのためには、『全分野の効率アップ』 と 『節約(足るを知る)』が絶対不可欠。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-19 06:45 | 環境

マグナス効果とは? (回転かけて、進行方向を曲げる)

『球が曲がるのは なぜ?』
・・・
原因は
『ボールに横回転がかかっているから。』
                   ↓
「横回転さえかかっていれば、必ず球は曲がるのでしょうか?」
・・・
「いいえ。」
                   ↓
~マグナス効果~
①抵抗がある
(例. 水、空気)②流れ中で、モノを③回転させつつ動かすとモノは曲がる。』

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マグナス効果を正確に知っていれば、いろんな現象をスパッと説明できます。

~ 曲がらないケース~
抵抗がない真空下では、モノが回転しながら動いても 曲がらない。 (例. 人工衛星)
②モノを回転させても、周りに流れがなければ 曲がらない。 (例. コマ)
無回転のモノは、抵抗がある流れの中を動いても 曲がらない。 (例. 横回転のない直球)


「①も②も③も満たす時にだけ モノは曲がる。」
逆に言うと、「①か②か③の どれか1つでも欠けたら、モノは曲がらない。」

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

空気がある所でゴルフをしてる限り
①空気抵抗、②流れ が必ずあります。  (※球が飛ぶ=球の周りを空気が流れる。)

よって・・・
『ショット時に ③横回転がかかったら、必ず横に曲がる。』
  ⇒ 『横に曲げたくなければ、横回転させない。』

これを強く、強く 意識することが 何より大事。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「横に曲がる時は、横回転が かかってる。」

これって、当たり前なんですよね~ (爆)
 *野球やボーリングで、ボールをカーブさせたり シュートさせたりするには 回転をかける。
 *卓球やテニスで、スライスボールを打つ時は カットに打つ。(カット=アウトサイドイン軌道)

誰だって、大なり小なり
 *曲がる球を 投げたり/打ったりできる。 (狙ってなかったり、無意識かもしれないけど。。)
 *もっと 球が曲がるように 工夫してる。  (例. 強くひねる。薄い角度で切る・・・) 


マグナス効果を科学的に理解してなくても、(?)
 *松坂大輔投手は メチャクチャ曲がるスライダーとカーブを投げれて、120億円を稼げる。

マグナス効果を完璧に理解しているのに、
 *僕は スライダーもカーブも曲がらず、年収400万円くらいの稼ぎ。(爆)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんなことなら、科学知識は必要ないか?? (苦笑)
                ↓
「そんなことはない! 科学的に考えられる方がいいし、そうすべき」 と 僕は思います。

なぜなら・・・
科学的に考えられれば、改善ポイントが ハッキリ分かるからです。
 *変化球を投げるポイントは ①抵抗を大きくする ②流れを速くする ③回転を速くする。
    (ただし、これが成り立つのは回転系の変化球。 例えばカーブ、スライダー、シュート。
     無回転系の変化球 フォーク、ナックル、パーム、チェンジアップは別です。要注意!)
 *スライスを治すポイントは ③横回転を抑える。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-13 02:30 | 科学


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧