TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:問題解決 ( 2 ) タグの人気記事

問題解決したいなら、上位概念(”目的”と”機能”)を よく考える

> ”矛盾”をうまく解消する手法であるTRIZの普及・実践が必要


『矛盾問題[トレードオフ・二律背反・あちら立てればこちらが立たず]を
  妥協なく[根本的・革新的・効率的に] 解決[ブレイクスルー]する。』
を、なるべく楽に行いたい・・・

『これ』を目指した手法・考え方は、けっこう沢山あるんですね。
 ①ブレイクスルー思考法(目的展開の原則、先の先を見たあるべき姿の原則)
 ②畑村・濱口さんの創造設計原理 (手段から 目的[要求機能]を考え直す)
 ③弁証法 (正⇔反の矛盾関係を、高い次元から考え直して 止揚[解決])
 ④制約条件理論TOCの思考プロセス(現状問題構造ツリー→対立解消図)
 ⑤TRIZ (矛盾を見つけ、なるべく二律背反な矛盾に突き詰め、分離原理)
 ⑥品質工学(「あちら立てればこちらが立たず…」の試行錯誤開発を問題視)

これら①~⑥のうち、①②③および ④のうち対立解消図が、いずれも
よく注意すると
 『上位の目的[機能]を考えれば、(矛盾の)ブレイクスルー策が見つかります。』
と言っています。
 (⑥品質工学も
   「まず目的機能、その上位の基本機能を考えよう」
  と言っているので、
  目的・機能を重視する考え方ですね。
   http://www.hinkai.com/modules/a_qe3/index.php?content_id=5)

それに比べて、
今までのTRIZは
 「”あるべき姿[究極の理想解]”から演繹しましょう。」
 「何らかのトレードオフ関係が見つかれば、矛盾マトリクスを使えます。
  二律背反の物理的矛盾まで突き詰められれば、分離原理を使えます。」
とは言っていますが、
意外なことに
 『上位の目的[機能]を考えれば、(矛盾の)ブレイクスルー策が見つかります。』
とは 明言していません。
  ・・・今までのTRIZも
      「具体的問題を 『抽象化』して捉え、
       そこで解法を探し、自分野の具体的手段に変換しよう」
      「機能分析が重要。」
     とは言っていますが。
ズバリここが、
TRIZ普及の障害になっているような気がします。


実は ⑤TRIZに限らず、
他の①~④⑥ どの手法も
 『上位の目的[機能]を考えれば、(矛盾の)ブレイクスルー策が見つかります。』
とハッキリ 明言できていません。
  ・・・①~⑥の中では
     ①ブレイクスルー思考法と②創造設計原理が 比較的そう明言してますが、
     両手法とも 他の様々なコツと同格に扱ってしまっているせいで
     『最重要のコツ』が埋もれてしまっています。

「難解だと思われている手法①~⑥の共通点が この『最重要のコツ』だ」
という認識が 各手法の専門家間に広がれば、
手法①~⑥の考え方を簡潔に統合・再編することができ、
それが 一気に世の中へ広まる可能性がある、と 最近 感じています。



>「因果関係の間に飛びがあると、対策手段アイデアが漏れる。」


問題解決とは
 『望む”結果”[=目的]を得るための ”原因”[=手段]を起こすこと』

と考えると、

『原因-結果関係の間に飛びがあると アイデアが漏れる。』
というノウハウは
『目的-手段関係の間に飛びがあると アイデアが漏れる。』
に言い換えることができますね。

前者は 時々 職場で耳にしますが、後者は滅多に耳にしません。
さらに、「前者と後者は同じことを言っている」という人は
周りに見当たりません。


どこの職場でも よく言われる
 原因追究が重要、メカニズム追究が重要』
 目的意識を持つこと、
  やろうとしていること[手段]が 目的とちゃんと繋がってることが重要』
という言葉の重要性が、
問題解決に熟練していない人たちには ピンときていなさそうです。

ピンときていないから 注意できず、実行できないのだと思います。
 (私も 以前はそうでした。)

これに対して、
 ・『原因-結果関係の間に飛びがあると アイデアが漏れる。』
 ・『目的-手段関係の間に飛びがあると アイデアが漏れる。』
     ⇒ 『論理に飛びがあると アイデアが漏れる。』

という説明を 図示しながら加えれば、
今までより ピンとくる人が増えるのではないかな?? と
最近 思うようになり、実践しています。



> 今のTRIZは
> 日本の技術者60万人のうちの上位3分の1程度※の人にしか受け入れて
> もらえないのではないか?


問題解決に関する諸手法は
”目的”・”機能””原因” といった なじみ深い日本語を軸に統合・再編でき、
そうすれば
新製品開発に携わる研究員レベルの人たちは 理解できそうな気がします。

まずは 極めて近い手法群①~⑤(弁証法系)を統合し、
そこへKT法、⑥品質工学等の他手法のエッセンスを加えていけば
いいと思っています。



> ・特許実質出願数は1,000人あたり305件=18万件
>   (おおよそ 国内出願件数の半分?)


最終的には
「強い特許網を築ける」ところまで もっていく必要があると思います。
  ・・・今までは やたら多くの件数を出願してきましたが、
     迂回手段がある スカスカの出願網なので、
     他社を抑止できず、役立っていませんでした。

この問題に関しては
 *元・旭化成知財部長の 鶴見隆さん
   (網羅的アイデア出し手法の ⑦”課題-解決手段系統図”を提唱)
 *元・三菱化学知財部長の 長谷川暁司さん
   (「御社の特許戦略がダメな理由」という本を出版)
が精力的に取り組んでらっしゃいます。

鶴見さんと何度か 網羅的アイデア出し手順について議論し、
 「鶴見さん提唱の⑦”課題-解決手段系統図”が
  ②畑村・濱口さん提唱の”思考展開図”と 同じ。」
と 私は感じました。

知財界では 鶴見さんの⑦”課題-解決手段系統図”が有名なので、
そこから②”思考展開図”経由で
①~⑤弁証法系の問題解決手法界へ 誘導できそうな気が 今しています。
 
[PR]
by hugoniot | 2011-12-28 02:54 | 仕事

亜酸化窒素とは?

亜酸化窒素って チラチラと聞いた事があるんだけど、
どんな時に出るのか、どう悪いのか 殆ど知らなかった。。 ていうか、化学式すら。。

亜酸化窒素って N2O。
 (二酸化窒素がNO2、一酸化窒素がNO。
  塩素酸 ClO3、亜塩素酸 ClO2、次亜塩素酸 ClOというのと対応させれば 覚えられるな。)

-------------------------------------------------------------------

[どんな時に 出るのか?]
①田んぼにまかれた 窒素系の肥料
 例えば アンモニウム塩 (例. 塩化アンモニウム NH4Cl)を
 微生物が呼吸で(還元物を食べ、酸素を吸って 酸化させる。 その時エネルギーを得る。)、
 N2Oに変える。

②モノを燃やす時に 空気中の窒素N2が酸化されて 発生する。


[どんな悪影響があるのか?]
 ×:温室効果がある。
 ×:オゾン層を破壊する。
 ×:湖沼へ流れ込むと、植物プランクトンを急増させて 青潮・赤潮の原因になる。

--------------------------------------------------------------------

なるほど。
まずは、こういう基本的な事実を知ることから始まる。

温暖化、オゾン層破壊、青潮・赤潮 それぞれの問題を、分けて考えなければならない。
大きな原因から順に手をつけるのが原則。

例えば、
 *温暖化は 二酸化炭素が主犯。
 *オゾン層破壊は 特定フロンが主犯。
 *青潮・赤潮は ・・・ 肥料も大きいかもしれないけど、むしろ生活排水(洗剤)が主犯では??

まずは 主犯(主原因、ボトルネック)を特定して、 原因を断つ。 これが大原則。
どうしても原因を断てない時は、
その原因が残っていても 不都合が起きないような手を打つ。


全ての問題は、このように対策すれば良い。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-07-01 22:06 | 環境


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧