TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:帰納 ( 2 ) タグの人気記事

弁証法のまとめ

☆ 弁証法は、様々なシステムの進化パターンを明示し、
      そのパターンを参考にして 進化を加速するための手法である。
 
  ~システムの進化パターン~
 
   システム(構成要素間の相互作用によって、ある機能を発現する要素集合体)は、
   まるで 螺旋階段を上るように進化する。
    理想性=(有益機能)/(有害機能+コスト)が増す方向へ進歩する。
    ・矛盾(正-反)を解消しながら進歩する。
      … いわゆる ”否定の否定”、
             ”量から質へ、質から量へ”
 
 
  ~弁証法の基本~
 
  『*最上位目的・理想の姿からの”演繹”(機能展開)
   *具体的な手段・現象からの”帰納”(目的展開・機能分析、なぜなぜ展開)
    交互に繰り返す。』
      … ロジカルシンキングの基本である
         ”演繹”と”帰納”を駆使する思考作業なので、
        「超・ロジカルシンキング」と呼ばれることがある。
      … 最上位目的→実現手段
                 上位目的→実現手段
                        中位目的→実現手段
                               下位目的→実現手段・・・
       という風に、
       目的(課題)と手段が入れ子になった階層・体系が形成される。
       この状態に着目して、本思考作業のことを
        「システム思考(by ブレークスルー思考法)」
        「システム・アプローチ(by TRIZ)」
       と呼ぶ人もいる。
      … 新たな階層(因果関係の飛び)を発見すると、漏れていた手段が見つかる。
        このことに着目して、本思考作業のことを
        「体系的アイデア出し」「体系的発明思考法」(SIT)
        「体系的技術革新」(by Darell Mann)
        「イノベーションとは、未知なるものの体系化」(by P.ドラッカー)」
        と呼ぶ人もいる。
        ロジカルシンキング系の人たちは、
        ”階層の飛びなく、体系的・網羅的に
          情報整理 兼 アイデア出し” を行った結果の姿を、
         「MECEなロジックツリー」
       と呼んでいる。
 
 
  ~近年の弁証法発展史~
 
   (1) クラシカルTRIZの
       ①”技術的矛盾の発見→矛盾マトリクス中の発明原理をヒントにアイデア出し”や、
       ② ”二律背反の物理的矛盾にまで突き詰めて分析し→分離原理でアイデア出し”や、
       ③ ”物質-場分析 → 発明標準解をヒントにアイデア出し”や、
       ④ ”(対となる)技術進化パターンの(交互)活用 ”や、
       ⑤ ”究極の理想解”
     それに VEや科学的思考法やFMEAや特許権取得の考えを取り入れた
     I-TRIZや GEN3や (F-)USIT等の
       ①~⑤
        ”システムアプローチ(問題定義、最重要課題MPVの選定)
         →動的な因果関係分析(F-USITサブプロセス分解)
          → 階層的に整理した発明原理(有益機能up/有害機能downから出発)
            をヒントにアイデア出し”  [IPS]
       ⑥”不具合(二次的課題)予測→それを解決する 改良アイデア出し” [AFD]
       ⑦”特許技術の回避アイデア(同一課題の別解決手段)出し” [CIP]
          … 技術的な問題・課題
            (技術的矛盾や、
            その背後に潜んでいる物理的矛盾・物理制約)に特化して発展した弁証法。
                    +
   (2) TOC思考プロセスの”対立解消図”や、
      その拡張版である
      アーサー・D・リトルコンサルティング提唱の”Market-Function-Technology ツリー”
      TRIZシンポ2010で発表された ”思考展開図”
      東京農工大大学院MOTの 鶴見隆教授が提唱する”課題-解決手段系統図”
      日本アイアール・今泉氏らが着目する
              ”曼荼羅(サンスクリット語で 問題解決・本質を現すもの の意)”
          … 技術的な問題・課題に限らず、
             心理的な  対人的・組織的な問題・課題 (管理的矛盾、方針制約)
             にも適用できる 弁証法。
                    ↓  
    (1) I-TRIZや(F-)USITへ  さらに”品質機能展開”と”品質工学”の考えを取り入れた上で、
    (2) ロジカルシンキングの”MECEなロジックツリー”を軸にして 全体を簡素化した
     ”技術体系表 (某社流_課題-解決手段系統図 兼 戦略的特許マップ)” を確立。
                                 @2010年春
 
---------------------------------------------------------------------------
 
<総括>
 
 問題解決手法[システム]としての『弁証法』も、
 弁証法が指し示す ”システムの進化パターン”にしたがって 着実に進化している。
 
 ・ソ連生まれの問題解決手法TRIZは、
  西欧や日本の問題解決手法であり
  いわば異分野
     (VE, FMEA, 知財, 品質工学,ブレイクスルー思考, TOC, ロジカルシンキング)の手法
  を参考にして、
  問題解決手法としての「理想性」を増す 進化を遂げてきた。
 
 ・TRIZに限らず、品質機能展開も品質工学も、TOCも、トヨタ生産方式も、
  おのおのの手法・理論体系を 精緻化・複雑化・汎用化・万能化し、
  ヒトの主観・直感を許容せず  ヒトを客観的・科学的手順に従わせることによって 
  問題解決の効率を上げようとする時代が長年続いたが、普及に行き詰まった。
  そこで、近年 急速に
  各手法のエッセンスを抽出した簡易化や 各手法の組み合わせ、
  ヒトの主観・直感を再許容する、という動きが強まっている。
  
[PR]
by hugoniot | 2011-09-12 11:02 | 仕事

【重要】”矛盾がない仮説”を立てることを目指す

紫外線硬化性の塗布膜を 紫外線硬化する時に、スジが出てしまうらしい。
協力部門(製造部)が最近 解析実験をしている。

搬送速度をふったり、紫外線照射量をふったり、フィルム加熱量をふって
スジの発生箇所、発生強度を 評価した結果が出てきた。

そこで、後輩から相談を受けた。
 (休憩室での気軽な雑談感覚。
  こういう話は会議室を取ったり、関係者のスケジュール調整をするまでもない。
  どんどん 茶飲み話程度の気軽さで、ディスカッションすればいい。)
「このスジの 発生メカニズムは何だと思う?」と。

先週も聞かれて 同じ仮説を 即答した。
その時に比べて解析実験データが 豊富になったんだけど、それと 僕の仮説は矛盾しない。
 (つまり、仮説を支持するデータが 増えてきた、ということ。)

この仮説を立てるコツがあるんだよね~。
僕は 特許を通じて、また社内あちこちの課題解決事例を通じて、そのコツをつかんだ。
でも なかなか、そのコツを 他人に伝えることができなくて困ってた。
 (最上位目的→上位目的→中位目的→下位目的→達成手段→更に具体的な達成手段・・・
  と ダブリ・漏れなくMECEに 砕いていけばできるから、それを勧めてるんだけどね・・・。
  でも技術現場の人は、逆の 具体的な実験結果→推定メカニズム という思考回路だから
  メカニズムから先に考え始める思考回路に慣れてない。 ここがコツ普及の難しいところ。)

でも、ついに後輩が 完全に理解しそう☆ あと一息!!


*具体的な物事から 抽象化・上位概念化・一般化する(メカニズム推定する)事を ”帰納”と呼ぶ。
*上位概念・上位目的・原理・メカニズムから 具体的な物事を導き出す事を ”演繹”と呼ぶ。

ほとんどの人は ”帰納”の思考回路なの。
   ・・・僕は ”演繹”の思考回路を勧めてる。
      発明問題解決理論TRIZ/USITも、全体最適理論のトヨタ生産方式TPSやTOCも、
      品質工学QEも、価値工学VEも ”演繹”の思考回路が基本。
   ・・・もっと言えば、数学も 法律も ”演繹”の思考回路が基本。

大事なのは、
『仮説を立てて、それで実際に起きてる現象が矛盾なく説明できるか?』 と考えること。
『仮説を立てて、それで矛盾なく 望みの現象を引き起こせそうか?』    と考えること。

『理想を目指して、全てを矛盾なく体系立てて(ダブリ・漏れなく 科学的に)結びつける。』

と言い換えてもいい。


仮説を立ててから行動を起こせば、
もし不満足な結果が次に出た時に 仮説のどこが間違っていたかを すぐ考えることができる。
  ⇔ 仮説を立てずに行動すると、次の行動を取るのが極度に遅くなる。
    最悪の場合は思考停止に陥り、堂々巡りの蟻地獄に陥る。。

理想を求め続ければ、諦めない。 必ず前進し続ける。 だから達成できる可能性大。
ただし 科学的にどうしても不可能な所にぶち当たったら、すぐに諦める。
そうすることで、科学原理に逆らうことなく 解決が待たれている課題へ取り組める。
多くの課題に取り組めば取り組むほど、多くの成果が挙がるのは 当たり前。

この考え方が、 仮説設定力、分析力、課題形成力、問題解決力なんです。 
”演繹”力、”帰納”力と言ってもいいし、 思考力といってもいい。
頭の良し悪しと言ってもいい。


世の中に 天才なんていない.。(たぶん。)
でも 訓練を積んだ挙句、抜群の思考力を持っている努力家はいる。

大前研一さんはそう。 アインシュタインもそう。
でも、誰でも 『書きながら考える』ことをすれば、あっという間に 近づけますよ。
それが ここ数年、僕が思考回路を研究してきて 辿り着いた結論。


ここで、アインシュタインが残した言葉を紹介します。
 http://kuroneko22.cool.ne.jp/einstein.htm
 http://www.great-saying.com/w-einstein02.html より抜粋。 

『私は天才ではありません。ただ、人より長く一つのことと付き合っていただけです。』
『大切なのは、疑問を持ち続けること』
『結果というものにたどりつけるのは、偏執狂だけである。』
     → 無矛盾の追及 = 矛盾に疑問を持ち、メカニズムを考える事が重要。

『空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。
                ―「科学について」―  』

     → 目前の具体的物事に囚われず、
       全てが矛盾しないメカニズムを考える=仮説を立てる=空想する事が重要。
 
[PR]
by hugoniot | 2007-06-21 19:00 | 科学


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧