TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:時間短縮 ( 1 ) タグの人気記事

多目的最適化

つい最近、「多目的最適化」という言葉・学問領域があることを知りました。

そう言われてみると、
仕事も/私生活も、それぞれのヒトが それぞれ「多目的最適化」を図っているわけで、
「多目的最適化」というのは ものすごく普遍的な「目標」。

自分も、知らず知らずのうちに「多目的最適化」を追求していたんだ!
と気づきました。


「多目的最適化」 言い換えると 「多目的の達成」に失敗するパターンとしては、
・複数あった目的を 1つも達成できない
・複数あった目的のうち達成できたものもあったが、達成できなかった目的が1つ以上ある
の どちらか。

このうち前者は話にならないとして、問題は 後者でしょう。

「複数目的の両立あるいは鼎立」ができない。。。
これが、人々の人生(仕事や私生活)の悩みの大部分を占めているのではないでしょうか?


典型的には、<時間がない>。
<時間がない>ので、「私生活と仕事の両立」をできない。
はやりの言葉を使えば、「ワークライフバランス」をとれない。

あるいは、<お金がない>。
平日に十分お金を稼げていないから、休日に十分お金を使って遊ぶことができない。
これも、「私生活と仕事の両立」という目標を十分達成できてないことを意味するでしょう。

もし余裕時間があれば、その時間に 更に働くことによって お金を得ることができますが、
そんな 更に働くほどの<時間がない>。すると、<お金がない>となりがち。
つまり、【<時間がない>から、<お金がない>】と言っても差し支えないでしょう。


じゃあ、どうすればいいか?

まず時間短縮ではないでしょうか? 時間短縮して 余裕時間を作り、そこで更に働く。
これを地道に繰り返していけば、
<時間がない>&<お金がない>という最悪の状態からは脱することができるでしょう。

そもそも 人間はせいぜい3万日くらいしか生きられませんから、
時間短縮をせっせと行わないと、あっという間に、この世にいられる<時間がない>となる。
ひょっとすると、3万日も生きられないかもしれない。 なら、なおさら<時間がない>。


こう考えて あれこれ工夫していくと、
けっこう時間をひねり出すことができ、浮いた時間を何へ投じるかの選択肢を得られるようになる。

経験的に、そう感じています。
[PR]
by hugoniot | 2016-07-02 15:04 | 科学


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧