TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:燃料が炭素系なら温暖化は止まらない ( 1 ) タグの人気記事

燃料電池は温暖化問題を解決できるか?→No。 排気ガス問題がなくなるだけ。

燃料電池は発電効率が高くて/排気ガスがキレイ(水とCO2だけなので人体に無害)だけど、
自然エネルギー+原子力エネルギーから作った燃料でない限り、しっかりCO2が出る。
だから温暖化問題解決の切り札には 全くならない。


発電効率が高い(ムダ排熱の割合が少ない)から省エネにはなるけど、温暖化は止まらない。
燃料電池車でガソリン車より30%省エネしたって、車の数が30%増えたら帳消しだから。
  (車の数はあっという間に30%増える。 10年もたない。)
だから普及に10年以上かかるなら、燃料電池車を開発する意味は温暖化に関して殆どない。
  → 先に自然エネルギーor/and原子力エネルギーの技術開発をしないといけない。

ただし、次の諸問題の対策としては 燃料電池は有効。
 *排気ガス中の窒素酸化物や硫黄酸化物による 酸性雨の問題
 *排気ガス中のスス(微粒子)が 肺などを傷める問題
 *排気ガス中の窒素酸化物が 光化学スモッグを起こして 呼吸困難や目の痛みを起こす問題
                           ↓
「何のために役立つのか?」を ちゃんと分かった上で 技術開発の優先順位をつけましょう。
 
[PR]
by hugoniot | 2008-03-11 03:55 | 環境


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧