TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

タグ:物語図化法の時間サブプロセス分解 ( 1 ) タグの人気記事

網羅的アイデア出しと、物語図化法の時間サブプロセス分解/目的-手段体系ツリー表/素材マトリクス表の関係

<物語図化法の時間サブプロセス分解が必要な理由>

「商品を売って 利益を得る」
という最上位目的を達成するためには、
     ↓
「お客様の”要求機能”の最有力実現手段を独占実施する」
という手段の実現[上位目的の達成]が十分条件であり、
     ↓
そのためには、
「お客様の”要求機能”の最有力実現手段を 常に他者より先に挙げ続ける」

という手段の実現[中位目的の達成]が ほぼ必要条件であり、
     ↓
そのためには、
「お客様の”要求機能”の有力実現手段案を 常に他者より先に挙げ尽くす」

という手段の実現[下位目的の達成]が十分条件であり、
     ↓
そのためには、
「いつ[どのタイミングで]/どこで[どの場所で]
 何をするか[どんな機能のどんな発現手段を配置するか]を挙げ尽くす」

という手段の実現が必要条件であり、
     ↓
そのためには、
「いつ[どのタイミングで]/どこで[どの場所で]
 何をするか[どんな機能のどんな発現手段を配置するか]の案を1つ以上挙げる」
という手段の実現が必要条件であり、
     ↓
そのためには、
「いつ[どのタイミングで]/どこで[どの場所で]
 何が起きているか[何の機能が発現してるか]を知る」
こと
が十分条件であり、
     ↓
そのためには、
「時間[タイミング]/空間[場所]を細かく区切った現状の理解」
が必要条件であり、
     ↓
そのためには、
「時間[タイミング]/空間[場所]を細かく区切った現状の図解」
が十分条件である。

------------------

<網羅的アイデア出しを試みた結果を書き表したのが 『目的-手段体系ツリー表』>

「お客様の”要求機能”の有力実現手段案を挙げ尽くす」ことを目指して
手段案を書き上げた結果は、『目的-手段体系ツリー表』になる
はずである。

------------------

<「マトリクス表」は 『目的-手段体系ツリー表』に包含される>

「素材マトリクス表」は、『目的-手段体系ツリー表』の形に書き表すことができる。

 
[PR]
by hugoniot | 2012-03-04 23:11 | 知的財産


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧