TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

次のショットを打ちやすく。カップから逆算して考える。

『パットが入らなきゃ 終わらない。』
①ショートパットを確実に沈める。(方向重視!)
   *絶対届かせるカップの傾斜上側から流し込む
   *正しい方向に打ち出す。球は必ずフェース面と垂直方向に飛び出す。
    フェース面が狂ったらアウト。だから、打ち切ってから顔を上げる。
    *オーバーした後のラインをちゃんと見て、返しのパットに生かす。

②確実に沈められる所までファーストパットorアプローチで寄せる。(距離重視!)
   *パットで打ち過ぎや傾斜にビビらず済むよう上りのラインを残す
   *事前に半身になって下手投げのポーズを繰り返し、飛び出し初速を決める。
    そして右手一本でクラブを持ち、ヘッドスピードをその初速に合わせる。
    両手でクラブを持って素振りを繰り返す。ダフらない手首の構えを作る。
   *方向を安定させるために、フェースローテーションを抑える。
    →・オープンスタンスでインサイド・アウト(球に対しストレート・ストレート)に振る。
      ・手首を返さずに打つ
      ・右肘を右脇腹に付けぎみにして、バックスイングをコンパクトにとる。
      ・両肘が伸びた状態でインパクトする。
       インパクトにかけてヘッドを加速させるように素振りをする。
      ・インパクトが終わるまで顔をむやみに上げない。

③グリーンを外しても寄せやすい所をチェックした上で、ベタピンを狙う
   *傾斜下、逆目・深いラフ、バンカー、下りライン・受けグリーンの奥を避ける。

④平坦でライが良く、パーオンを狙いやすい所にレイアップする。
   ~パー4のティーショット、パー5のティーショット・第2打~
   *次に得意クラブのフルショットでグリーンを捉える、という距離を残す。
     (難しいハーフショットせざるを得ない距離まで近づけない。
      むしろショートして距離を残す方が、打つクラブがあっていい位に思う。)
   *フェアウェイキープしつつ、次ショットで短いクラブを使えるように飛ばしておく。
     (でも左足下がりを残したり・バンカーに捕まるのを防ぐためには、積極的に刻む。)
   *フェアウェイを広く使う。
     →ティーグラウンドで左に立って右向いてドロー、右に立って左向いてフェード。
        (平らな所から打つ 風を考慮してティー高を変える!)
     →得意の持ち球を作り、ドロー⇔フェードを簡単に切り替えるコツを身に付ける。
   *力まない&ビビラない。両肘を伸ばして胸を張って構える。
    右膝内側で力を受け止めてスウェイを防ぎつつも、
    右肩甲骨を開いて、しっかり右を向く。(スライス防止)
    そして、しっかり左腰を切り、腕をタメ、若干右へ打ち出すようにすればストレート。


まとめると・・・
☆次のショットを打ちやすくするように 心がける。
       → 平らな所から打つ。
          (ライが悪い所は××。左足下がり・爪先下がりも×。)

☆フェースコントロールが命。
       → クラブヘッドがグラつかないこと。 そのために手首を固める。
         インパクトゾーンを長くする。そのために肘を伸ばしてインパクト。
                             &右腕を突き出して、ハイフィニッシュ
 
[PR]
by hugoniot | 2007-03-25 15:05 | ゴルフ・野球・テニス
<< 1mをまっすぐ打てなきゃ、25... 脇を締め、肩甲骨を開き、腰を切... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧