人気ブログランキング |

TIPS


経済・仕事(知的財産・モノ作り)・科学、ポジティブシンキング(モチベーションup、メンタルヘルス)、地球環境、歴史、ゴルフ・野球、囲碁・・・手当たりしだいに理詰めで追求!
by hugoniot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フォロー中のブログ
カテゴリ
リンク集
以前の記事

「バイオ燃料車はCO2が増えないから環境に優しい」と言うのもいい加減止めよう。

「バイオ燃料車はCO2が増えないから環境に優しい自動車だ。」と言う人がいる。

おいおい、それは間違っているだろう。。
 *CO2を出さない車は地球温暖化を悪化させないので、環境に優しい。         ・・・ ○
でも・・・
 *バイオ燃料車は走行時に出すCO2を また植物にして吸収するからCO2排出ゼロ ・・・ ×

植物を 液体燃料へ加工するまでにかかるエネルギー、消費地まで輸送するエネルギー
これらのエネルギーを還元炭素(化石燃料)に頼っていたら、大気中のCO2濃度は上がり続ける。
温暖化は進むし、化石燃料の枯渇も止まらない。

いまは 地下から石油や天然ガスをガンガン掘り出して 車を動かしている。
同じエネルギー量を 地上の植物で全量賄おうというのは無謀。
  → 食糧と取り合いになるに決まってる。
      (実際に サトウキビとトウモロコシの価格が急上昇した。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
<物質量保存の法則>
『バイオ燃料車を作ったり/走らせたり/捨てたり/リサイクルする時に 電気を使い
 還元炭素(化石燃料・動植物)の酸化燃焼を利用して電気を得ている限り、CO2は出まくる
    ※作る/捨てる/リサイクルする時に還元炭素を燃焼させれば 更にCO2が出まくる。』
--------------------------------------------------------------------------
何をするにも/何を使うにも 次のコストがかかることを忘れてはならない。
 ・イニシャルコスト(製造時のコスト ※中古品リサイクルにかかるコストもイニシャルコスト。)
 ・ランニングコスト(使用時のコスト)
 ・廃棄コスト    (廃棄時のコスト)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「バイオ燃料車は・・・環境に優しい次世代自動車」とTVが大っぴらに言ってるようじゃ全然ダメ。
 
by hugoniot | 2007-12-25 20:15 | 環境
<< 送電ロスは5%しかない。超伝導... 「電気自動車は走行時にCO2を... >>


検索
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧